日産自動車株式会社


日産自動車、第40回東京モーターショー出展車両「ピボ2(PIVO 2)」を公開



日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は5日、第40回東京モーターショーの開幕に先駆け、本モーターショーの出展車両の1つであるコンセプトカー「ピボ2(PIVO 2)」を同社本社にて公開した。

「ピボ2(PIVO 2)」は、ドライバーにとって楽しいパートナーであるかのような愛着感、信頼感を提供する電動
シティコミューターである。なお、一般のお客さま向けにも、10月13日(土)・14日(日)に日産銀座ギャラリーにて先行公開を予定している。

 
<「ピボ2(PIVO 2)」の特長>
日産が考えるフレンドリーイノベーションを具現化した環境に優しい電動シティコミューター

・高出力のインホイール3Dモーター、高容量のコンパクトリチウムイオンバッテリー、バイ・ワイヤ技術など数々の先進技術により、コンパクトなパッケージとこれまでのクルマにない動きやカタチを実現したコンセプトカー。通常バック走行が必要になる場合でも、キャビンが360°回転すると共に、4つのホイールユニットを自在に制御してタイヤを真横に動かすことができる「メタモ・システム」により、例えば縦列駐車の際もドライバーは前を向いたままで運転することが可能。

・ドライバーが常にハッピーな気分になるよう、表情や会話からドライバーの状態を推定して話しかける
「ロボティック・エージェント」を採用し、安全で楽しい運転を実現する、人とクルマの新しい関係を構築。

・キャビン前方の電動フロントドアは、どの方向からのアクセスも可能とし、乗り込む際の高い利便性を実現。

・新しい発想の「メタモ・システム」は、走行状態に応じて4輪の荷重が均等になるようにタイヤ位置を自動的にコントロールすることで、加減速時やカーブでも車体が傾かない安定した走行を可能とし、利便性だけでなく、運動性能と安全性能も同時に向上。

お問合せ・ご相談は「お客さま相談室」
フリーコール(携帯・PHS対応) 0120-315-232 9:00-17:00
お問合せ・ご相談内容につきましては、お客さま対応や品質向上のために記録し活用させて頂きます。


一般公開の詳細は下記の通り。

●開催期間 :2007年10月13日(土)〜10月14日(日) 10:00〜20:00
●開催場所 :日産銀座ギャラリー(住所:東京都中央区銀座5-8-1/TEL:03-3572-4778)  
※ 日産本社ギャラリー(東京都中央区銀座6-17-1)とは異なります。
※一般公開の取材をご希望の場合は、お手数ですが事前に 日産自動車広報・CSR部までご一報ください。

関連URL:http://www.nissan-global.com/JP/PIVO2/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル