日本電算機株式会社


iBOXブロードメディアサーバの機能拡張



 2002年、国内初のホームサーバを市場投入した情報家電メーカーの日本電算機(以下、JCC 代表取締役社長/石井孝利、本社/東京・千代田区)は、本格化するブロードメディア(※)時代を迎え、時代に対応したユーザ利便性を追求し、さらに、その利便性を飛躍的に向上させるべく、iBOXブロードメディアサーバ(以下iBOXサーバ)の「EPG(電子番組表)」「ブラウザ機能」「録画方法」において、下記のような機能拡張を発表いたしました。これらの機能は、従来のiBOXサーバユーザでもソフトウェアのダウンロードで直ちにバージョンアップできるので、ハードウエアはそのままでもご利用可能です。バージョンアップは、無料。


- iBOXサーバの機能拡張 1
 MYEPG (マイEPG)

MYEPG機能は、利用者がいつも視聴している局だけを選んだり、局順の並び替えなど、自分の好みに応じた表示ができます。
しかも現在放映時間になっている番組は「赤い枠」で表現、既に録画が終わっているその日の番組は青地で表現、さらに録画予約がされており、これから放送される番組を黄色地で表現するなど、利用者にとって便利で自分だけの番組表となります。
もちろん新しい予約は、この番組表をクリックするだけで可能です。

 
- iBOXサーバの機能拡張 2 -
 ダイナミックHTMLのサポート

HTML4.01、JAVA Script 1.5相当のブラウザ機能に、スタイルシートをサポートし、ダイナミックHTMLを対応いたしました。これによりホームページの表現能力が飛躍的に高まり、視覚効果の高い、動きのあるホームページなどが閲覧できるようになりました。 
PC以外の情報家電としては、最も表現能力の高いブラウザとなります。


- iBOXサーバの機能拡張 3 -
 ワンタッチ番組録画

番組視聴中に来客があったり、外出時間が来てしまった時 「あっ、これはあとで視たい」と思う場面がありますが、iBOXサーバの「ワンタッチ番組録画」機能であれば、リモコンの「録画」ボタンを押すだけで、その時点で録画を開始し、その番組の終了と同時に、自動的に録画を終了いたします。終了時間を気にすることも無く、録画終了の設定をする手間も省けます。

※本機能は、従来のiBOXユーザでもソフトウェアのダウンロードで直ちにバージョンアップできるので、ハードウエアはそのままでもご利用可能です。


<<お問い合わせなど>>
日本電算機株式会社 マーケティング部 担当/鈴木
TEL 03-3864-5511 FAX 03-3864-8460
JCCホームページ http://www.jcc.co.jp    電子メール mar@jcc.co.jp   

関連URL:http://www.jcc.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品
業種
製造・メーカー



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風