株式会社ティファナ・ドットコム


「環境適応型企業」を目指し、社内カンパニー制を導入



個々の事業ユニットの競争力強化、新規事業創成力、事業推進力強化を図る

売り上げをアップさせるWebリニューアルを得意とするWeb制作会社、株式会社ティファナ・ドットコム(以下ティファナ・ドットコム、本社:東京都目黒区、代表取締役社長:藤井亮)は、社内カンパニー制を導入している。

ティファナ・ドットコムでは、近年急速に変貌を遂げるネットワーク社会において、顧客ニーズにスピーディーに対応できる「環境適応型企業」を目指すため、また、経営トップ依存体質からの脱却と独立した事業ユニットの競争力強化のため、自主自立の部門経営体制とも言うべき社内カンパニー制を導入することを決定。
2002年10月から試験的に社内カンパニー制を導入していたが、この7月より本格的な社内カンパニー制を導入することとなった。

「営業・企画」カンパニー、「デザイン・制作」カンパニー、「技術・開発」カンパニーの大きく3つの分野、9つのカンパニーに分かれており、コーポレートとしての機能は、業務・管理部門が担うという形で現在運営されている。

各カンパニーは、人材登用をも含めた自主設定による経営目標、予算編成をコーポレートサイド(経営トップ&業務)と直接対話し、決定する。
この経営目標の自主設定と予算編成の過程について述べると、まず、経営トップが業界動向、景気、外部要因を考慮に入れ、予算係数を算出する。各カンパニーはそれぞれの事業方針経営目標に照らして、予算係数に沿って人員増加率、広告費等を積算し予算を策定する、その後、各カンパニーの設定する予算を巡りコーポレートとカンパニーとの折衝に入る。
こういった経営目標の自主設定に伴い、キャッシュフロー管理を各カンパニーにおいて徹底することとなった。

本格的な導入から約半月が経過したが、同分野のカンパニーが複数存在するため、カンパニー同士の切磋琢磨という面においても効果も出てきている。



お問い合わせ先:
株式会社ティファナ・ドットコム
電話:03−3468−5661  FAX:03−3468−5675  e-mail:endo@tifana.com
弊社ホームページアドレス:http://www.tifana.com/

関連URL:http://www.tifana.com/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 社内カンパニー制導入について 社内カンパニー制導入について



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会