株式会社コンサルティングファーム


メンタージャム講演会『企業再建と清算の分岐点』



弁護士による会社生き残りのための提案

株式会社コンサルティングファーム(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:山口毅・代表取締役COO:佐々島宏)では、来たる9月25日(火)にホテル麹町会館(ルポール麹町)において、「企業再建と清算の分岐点」と題し、VCや金融機関、投資家といった企業を支援する専門家を対象に、倒産処理や民事再生法について、企業整理の第一線で活躍する弁護士・赤羽富士男氏を講師に迎え、講演会を開催いたします。
法務、人事、経営などのプロフェッショナルである国家資格者・専門家の交流を目的とした会員制倶楽部「メンターネットワーク」を運営する株式会社コンサルティングファームは、その会員である「メンター※1」が業界の最新情報を得、またナレッジの交流を図る場として、月例オフライン交流会「メンタージャム」を開催しております。これまで「株式公開〜投資対象として魅力のある会社づくり〜(2001年7月度)」「会社分割制度の概略と実務上の留意点(2001年6月度)」など時代の潮流に合ったテーマで開催し、参加者からも人気の高い講演会となっております。
2001年上半期(1月〜6月)の企業倒産件数は9,427件※2と戦後4番目の多さを記録しております。また、4月に政府が発表した「緊急経済対策」では「不良債権の本格処理」が方針として明示され、企業整理を迫られる企業の増加が予測されます。
今回は、こうした現状を踏まえ、企業経営に精通した弁護士や公認会計士などの専門家達のコラボレーションによる新たなる救済モデルの必要性について、具体的な事例を交えながら、弁護士の赤羽富士男氏にお話しいただきます。また、過去に企業再建に携わった経験のあるメンター会員によるショート・スピーチの場を設け、各専門家の実務とコラボレーションの具体例をご紹介いたします。
当講演会は、経営難に悩むクライアントを顧客に持つ専門家や金融機関、投資家といった、日本の企業を支援するすべての方々にとって、再建と清算の分岐を見極め、倒産・清算という将来起こり得る危機を回避する大きなヒントとなることでしょう。
つきましては、是非、貴紙(誌)にて、メンタージャム『企業再建と清算の分岐点』開催のご紹介をしていただけますよう、お願い申し上げます。

※1…「メンター」
国家資格者・専門家(弁護士・弁理士・公認会計士・司法書士・税理士・社会保険労務士・中小企業診断士・行政書士・一級建築士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・測量士・宅地建物取引責任者・一級土木施行管理技士・システム監査技術士・補償業務管理士・不動産コンサルティング技能登録者・医師・保健学博士・医学博士・マーケティングプランナー・経営/リスク/人材/組織/教育/ISO/株式公開などの各種コンサルタント等)のことで、会員制倶楽部『メンターネットワーク』のメンバーの総称です。
ギリシャ神話でオデッセウスが子供の教育を託した、優れた指導者の名前「メントール(Mentor)」に由来し、助言者を意味します。資金面での援助者「Angel」に対する概念であり、経営面での助言者という意味で、アメリカではすでに一般的な用語になっています。
※2…帝国データバンク調べ

■2001年9月メンタージャム要綱
◆日時 2001年9月25日(火) 18時30分〜20時00分(講演会)
◆講演会テーマ 企業再建と清算の分岐点
◆講師 赤羽富士男氏(弁護士)
◆会場 ホテル麹町会館 ガーネット(84名収容)
ホテル麹町会館(ルポール麹町)
東京都千代田区平河町2−4−3 TEL03−3265−5365
◆参加費 講演会3,000円(メンター・ビジパ会員は無料)
※講演会後は、食事をとりながら闊達な意見・情報交換を行っていただける「交流会」を開催いたします。実務に直結するようなビジネスマッチングの場として、毎回好評を博しています。そちらも併せてご紹介くださいませ。
<交流会概要>
時間 20時00分〜21時00分
交流会会場 ホテル麹町会館 アメジスト(50名程度収容)
参加費 5,000円

■講演会概要
□タイトル 企業再建と清算の分岐点
□講師 赤羽富士男氏(弁護士)
【講演概要】
2001年6月の全国企業倒産件数は1,563件にも上り、3ヶ月連続の前年同月比増加となった。政府の緊急経済対策の発表によって、本格的な景気回復へ向けた不良債権の最終処理などの方針が示された現在、巨額の債務に苦しむ企業のみならず、多くの企業が事業の見直しを迫られている。
企業の再建と清算の分岐点を見極めるために最も大事なことは、企業経営に精通した専門家たちによる徹底した「業務精査」である。監査や財務、税務といった、従来通りの単独の業務を行っている専門家個人の力ではなく、業種に必要な専門知識を有し、経営戦略を熟知した国家資格者・専門家たちの連携によるトータルな判断が必要なのである。
時々刻々変化する倒産法・商法等の法令や司法・行政の運用実務を把握し、最悪の事態を踏まえたコンサルティング業務を実践するために、資産売却や活用について広範な知識を持ち、金融機関への交渉にも長けたプロフェッショナルたちのコラボレーションが求められている。
本講演では、弁護士の赤羽富士男氏を講師に迎え、再建と清算の分岐を見極めるための、現在・過去・未来における判断基準や、協業による実際の手続きについて具体的に語っていただく。
経営難に悩むクライアントを顧客に持つ専門家や金融機関、投資家といった、日本の企業を支援するすべての方々を対象に、倒産・清算という将来起こり得る危機を回避するリスク・マネジメントとしても有意義な講演を展開する。

■講師プロフィール
□氏名 赤羽富士男(あかばね ふじお)
□資格・肩書 弁護士
□事務所・会社名 赤羽・田中法律事務所
【略歴】
1962年 11月13日神奈川県川崎市生まれ
1988年 東京大学工学部中退
1990年 司法試験合格
1993年 法律事務所あすか入所(勤務弁護士)
不動産・債権回収・著作権を主な業務とする
1996年 小笠原・赤羽法律事務所開設
倒産事件、交通事故、企業法務、軽犯罪を中核業務に加える
1998年 事務所拡張に伴い、東京銀座法律事務所へ改称
2000年 4月 株式会社コンサルティングファームと共に赤羽・田中法律事務所開設
【著作物】
「社会生活六法手続・書式編」 新日本法規出版
「交通事故実務マニュアル」 ぎょうせい
「サービサー法の解説と運用実務」 日本法令
「商法改正レポート」 ぎょうせい


<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
株式会社コンサルティングファーム
担当:阿部
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-3 新麹町ビル インターネスト
TEL.03-5212-7272/FAX.03-5212-6090

関連URL:http://www.cyber-mentor.org/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
告知・募集
CSR
業種
サービス業



注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会