株式会社イー・ウーマン


「それでもクジラを食べたいですか?」〜ご意見受付中!〜
株式会社イー・ウーマン 2008年3月19日



株式会社イー・ウーマン(港区・代表佐々木かをり)が運営する参加型コミュニティサイト「イー・ウーマン」 に、今週、藤田正美さん(元『ニューズウィーク日本版』編集主幹)が登場し、クジラを食べることの是非について「サーベイ」を実施しています。
さまざまなご意見をお寄せください。[調査期間:2008年3月17日〜3月21日]

■調査テーマ: それでもクジラを食べたいですか?

[サーベイ1日目]
今すぐ投票ボタンをクリック!
問いかけの理由を読みたい方はこちらから≫≫
http://www.ewoman.co.jp/survey.html?c=020410005&a0.x=7&a0.y=3

■調査する理由:藤田正美さんによるコメント(一部抜粋)
日本は、商業捕鯨をしているノルウェーやアイスランドとは違って、調査捕鯨をしています。グリーンピースは「調査捕鯨の名の下に商業捕鯨している国よりも多くの鯨を捕殺している」と言って非難します。
日本がなぜ捕鯨をしようとしているのか。それを一番手っ取り早く教えてくれるのは、日本捕鯨協会のQ&Aです(http://www.whaling.jp/qa.html)。調査捕鯨をする日本の捕鯨船に対して、シーシェパードが過激な妨害活動を展開しています。「クジラを殺させないためには暴力の使用も許される」というシーシェパードの論理は、……

[サーベイ2日目] ディスカッション進行中!>>
集まった投稿と、それに対する藤田さんの新コメントを読みたい方はこちらから≫≫
http://www.ewoman.co.jp/survey.html?c=020420005&a0.x=7&a0.y=3
*キャスターと参加者=読者とのディスカッションは、平日毎日更新!

■キャスター:藤田正美(元『ニューズウィーク日本版』編集主幹)プロフィール
ふじた・まさよし 1948年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、週刊東洋経済の記者・編集者として14年間の経験を積む。85年に「よりグローバルな視点」を求めてニューズウィーク日本版創刊プロジェクトに参加。94年から2000年まで同誌編集長。01年より同誌編集主幹を務め、04年に独立。日米のメディアを知る経歴を活かして、より冷静で公正な視点を求めて活動中。2000年より、イー・ウーマン・サーベイキャスター。

■サーベイとは?
毎週、各界の専門家6名がキャスターとしてサイトに登場します。
1人1つのテーマを設定し、月〜金の毎日、読者に意見や経験を問いかけるコメントを発表します。
毎日のコメントに対して、サイトにアクセスする読者は、投票ボタンをクリックしてYes/Noを答えたり、読者自身の意見や体験を書いて投稿できます。
読者は働く女性が多く、1週間にわたるキャスターとのディスカッションの結果、最終日の金曜日には、働く女性の意識が浮かび上がります。
既に、2,300本以上のサーベイが実施され、働く女性たちの生の声が、データベースとして公開されています。
≫≫ http://www.ewoman.co.jp/2005_enjoy/contents/survey.html

■イー・ウーマンサーベイに参加するには?
≫≫ http://www.ewoman.co.jp/2005_enjoy/

■サイト「イー・ウーマン」について
≫≫ http://www.ewoman.co.jp/2005_enjoy/message_sasaki.html

■株式会社イー・ウーマンについて
≫≫ http://www.ewoman.co.jp/about

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社イー・ウーマン
広報担当:市川
住所:東京都港区南青山5-1-2-4F
E-mail: press@ewoman.co.jp
Tel: 03-5766-7800  Fax: 03-5766-7801
URL: http://www.ewoman.co.jp/

※内容は発表時点での情報です。記載している内容は、予告なく変更する場合がございます。

関連URL:http://www.ewoman.co.jp/2005_news/index.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル