株式会社バベル


第3回:英文契約交渉のリスクマネジメント
日時:2008年5月22日(木) 13:30〜16:30  
http://www.babel.edu/program/co/l_eng.html
バベルユニバーシティ



国際取引のトラブルを可能な限り未然に防ぐために、基礎的な英文国際契約のリスク対策を、事例を挙げつつ、又は、例文や想定される状況シミュレーションを使って、具体的に講義する。

BABEL リーガルネゴシエーション強化セミナー
第3回:英文契約交渉のリスクマネジメント
日時:2008年5月22日(木) 13:30〜16:30  
場所:バベル六本木キャンパス 
参加費:10,000円(税込)
定員:15名 
      
<セミナー内容>
(1) 英文国際契約のリスクとは何か
(2) 基礎的なリスク
  イ)英語で書かれていることに起因するリスク
    − 法律英語Legal Englishは難解・翻訳はキチンと作成すべきこと
    − 当初原案initial draftは自社が作成する方が有利であること
  ロ)ものの考え方や法律の違いに起因するリスク
    − 人間性善説(日本)と人間性悪説(アングロ・サクソン系)の違い
    − 口頭証拠排除原則 parol evidence ruleに関連するリスク
    − 予備的合意書 Letter of Intent の拘束力の問題
(3)個別的なリスク
  イ)国際取引での常識的な情報不足(法律・商習慣、等)に起因するリスク
    − 総代理店契約における年間最低販売数量の縛り
    − 特許ライセンス契約における侵害不保証と性能不保証
    − 物品売買契約における品質保証問題(特に米国の製品の瑕疵担保責任)
  ロ)英文国際契約の一般条項の交渉に関連するリスク
    − 準拠法の選択の問題
    − 紛争処理方法の選択の問題(訴訟か仲裁か)
    − 契約上の地位の譲渡を完全子会社に対して認めることのリスク
  ハ)それ以外のリスク
    − 天災地変、機密漏洩、取引環境の大変動、等
    − 契約調印権限の問題

※BABEL リーガルネゴシエーション強化セミナー特典といたしまして
セミナー参加者毎回10名様に限り、リーガルコム2007年9月号「契約交渉英語に強くなる」を一冊プレゼントいたします。

お申込みはこちら↓
http://www.babel.edu/program/co/l_eng.html

☆以降の開催予定セミナー☆
第4回:英文契約書の読み書き/総販売店契約を使って 6月19日(木)13:30〜16:30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バベル ユニバーシティ
〒106-6004 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
フリーダイヤル:0120-894-344  http://www.babel.edu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連URL:http://www.babel.edu/program/co/l_eng.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
運動会
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会