株式会社アスコット


株式会社アスコットは激戦地の銀座エリアにおいて「アスコットパーク銀座EAST」を販売し、わずか1ヶ月で早期完売しました。



都心・下町地域でマンション開発を行う株式会社アスコット(東京都新宿区・代表取締役加賀谷愼ニ)は大手不動産会社をはじめ、20物件以上の競合がひしめくマンション分譲激戦地の銀座エリアにおいて、「アスコットパーク銀座EAST(全32戸)」の販売を1ヶ月で早期完売いたしました。



「都心のゆとりある生活」がコンセプト
競合物件と一線を画した企画で早期完売を実現

<心のゆとり>
全戸にジェットバス、10.4インチの大画面の液晶テレビ及びマッサージ機能シャワーを標準装備致しました。心から癒されるホームリラクゼーションを提案しました。
また、玄関とリビングからパティオ(中庭)を眺めることができる、明るく開放的なプランがあります。パティオ(中庭)をもう1つのリビングと考え、都心にいながら自然の光や風を感じて生活することを提案しております。

<時間のゆとり>
銀座が生活圏であることは、交通アクセスもよく通勤、遊びなど様々な場面において、時間的ゆとりをもたらします。

<価格(懐)のゆとり>
当プロジェクトは「銀座エリアに住みたい」層の手に届くよう、他社より価格を抑えるために銀座の中心地ではなく、住環境の静かな自転車で銀座まで5分の立地を選びました。また、建築コストを下げるため、敷地形状に最適な広めのプランを配しました。戸数が減り、設備等のコストを抑えることができます。その結果、近隣競合物件より、坪単価を30万円から60万円下げることができました。

<広さのゆとり>
銀座エリアでは、シングル向けのワンルームや1LDK(30m2〜40m2)を中心に供給されていましたが、ニーズがあるにも関わらず供給されていなかった2LDK、3LDK(55m2から70m2超)の永住型向けのプランにいたしました。また価格を抑えたことにより、シングル、DINKS層が同価格帯でも1.5倍から2倍の広さの部屋が購入できるということが、「都心だから狭くてもしょうがない」と購入をためらっていた層を取り込むことができました。

供給タイプが画一化している地域で、他社とは明確に差別化をはかり、「手が届けば銀座に住みたい。」という潜在ニーズにはたらきかけた企画力が早期販売につながったと分析しております。ぜひ、取材をお願い致します。

●物件概要
・物件名
    アスコットパーク銀座EAST

・所在地
    東京都中央区入船2-15-7、8、16(地番)
・交通
    営団日比谷線・京葉線「八丁堀」駅より徒歩4分
    営団有楽町線「新富町」駅より徒歩5分、
    営団日比谷線「築地」駅より徒歩8分

・規模・構造
    鉄筋コンクリート造・地上12階建

・総戸数
    32戸(他に管理員室1戸)

・敷地面積
    302.96m2(実測面積) 303.28m2(登記簿面積)

・住居専有面積
    48.32m2(1戸)〜86.59m2(1戸)

・間取り
    1LDK、2LDK、3LDK、3LDK+N

・竣工
    平成16年12月下旬(予定)

・入居
    平成17年1月下旬(予定)


<会社概要>
商 号:株式会社アスコット
所 在 地:東京都新宿区1-14-5
設 立:平成11年4月20日
資 本 金 :1億2500万円
代表取締役 :加賀谷 愼ニ
事 業 内 容:マンション、戸建ての分譲開発
社 員 数 :26名
関 連 会 社:株式会社アスコットレント(100%出資子会社)
アスコットパーク銀座EAST : http://www.ascotcorp.co.jp/ginza-east/
アスコットホームページ:http://www.ascotcorp.co.jp/


代表取締役 加賀谷 愼ニ(32歳)が4年前に設立。社員の平均年齢も30歳と若く、経営幹部にデベロッパー経験者はいない、業界の慣習にとらわれず独自の企画を行う不動産デベロッパー。
都心、下町エリアに集中し、高いデザイン性と徹底的に品質にこだわった個性的なマンションの提供を続けています。2003年9月期の売上41億1500万円【前年比成長率(売上高)133%】、2004年9月期は1.5倍の売上62億9800万円を見込んでいます。


(本件に対するお問合せ先)
株式会社アスコット 経営企画室 河上
電話03−3357−3575(直 通)
e-mail info@ascotcorp.co.jp

関連URL:http://www.ascotcorp.co.jp/ginza-east/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
卒業
東日本大震災
入社
異動
花見
入学
新社会人