マイクロストラテジー・ジャパン株式会社


「The BI Survey 7」の著者、Nigel Pendse氏がスピーカーとして出演!!
MicroStrategy Inc.が主催の「BI Survey 7 Webcast」(英語)に参加しよう!



5月8日(木)〜9日(金)に渡って3回開催

MicroStrategy

MicroStrategy

米バージニア州マクリーン発、MicroStrategy Inc.が主催する「BI Survey 7 Webcast」(英語)に参加してみませんか?

主なトピックは、「最大の成功を納めるためにBIテクノロジーを選択する〜1800社を超える企業体験から学んだこと」です。「The OLAP Report」及び「The BI Survey7」の著者、Nigel Pendse氏が、ビジネスインテリジェンスユーザにおける世界最大の独立調査の結果を元に、以下の点も交えてご説明いたします。

- 成功結果が得られやすいビジネスインテリジェンスツールを手に入れて、導入する方法を学ぶ
- 主な基準から見た市場での優れた製品を比較する
- 業界、データハウジングモデル、ERPプラットフォーム及びその他から最も高いビジネス利益を生み出している製品を見つける。

------------------------------------------------------------------------
開催概要

第一回目:5月8日(木) PM10:00〜 (日本時間)
その他各国の開始日時の確認はこちら↓
http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?month=5&day=8&year=2008&hour=9&min=0&sec=0&p1=179
第一回目への登録はこちら↓
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=registration.jsp&eventid=106405&sessionid=1&key=067F8FFF9F14E388A203AE12009B8BBC&partnerref=&sourcepage=register


第二回目:5月9日(金) AM1:00〜 (日本時間)
その他各国の開始日時の確認はこちら↓
http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?month=5&day=8&year=2008&hour=12&min=0&sec=0&p1=179
第二回目への登録はこちら↓
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=registration.jsp&eventid=106409&sessionid=1&key=A264ED71C011D65F8A7402494FB88320&partnerref=&sourcepage=register


第三回目:5月9日(金) AM4:00〜 (日本時間)
その他各国の開始日時の確認はこちら↓
http://www.timeanddate.com/worldclock/fixedtime.html?month=5&day=8&year=2008&hour=15&min=0&sec=0&p1=179
第三回目への登録はこちら↓
https://event.on24.com/eventRegistration/EventLobbyServlet?target=registration.jsp&eventid=106412&sessionid=1&key=84F93B16794D3F2E59F883FC5AD4D296&partnerref=&sourcepage=register

Nigel Pendse氏について:
Nigel Pendse氏は「The OLAP Report」と「The BI Survey」の著者で、OLAPとBI関連分野では世界有数の独立した権威者の一人です。Nigel Pendse氏は、世界中で開催される数多くのコンファレンスで独立した業界アナリストとして講演を行い、業界についての彼の率直で因習打破の見解は人気を集めています。

Webcast スポットライト:「Adobe Systems社がBIを入手したその経験について」マルチメディア製品でビジネスに革命をもたらしたソフトウェアメーカー、Adobe Systems社のTheresa Membrino氏の話を聞いてみましょう。Membrino氏の会社におけるBI獲得までのプロセスについてご説明していただきます。Adobe社がどのようにしてすべてのビジネス要件を満たしたソフトウエアを選択し、自らのBIの目的を達成させているのか聞いてみましょう。

------------------------------------------------------------------------
「The BI Survey7」独立調査結果の中でも、今回は特に以下の点に着眼し、議論を進めて行きます。

- 予想してなかったこと
数多くの企業がBIベンダーを選択した理由と成功結果との相互関係はほとんど皆無であること。
- ご使用のデータベース/ERPベンダーについては熟考すること
既存のデータベースベンダーまたはERPサプライヤーからBI製品を選択すると、その結果は最大の成功につながらないことが多い。
- 購入前によく製品を検討したほうがよい投資結果につながる
BI製品を選定するときに複数のベンダーを検討した企業は、ビジネス利益を実感する傾向が高い。
- BIベンダーの規模が大きければよいということではない
より大規模なBI ベンダーの顧客ロイヤリティと満足度は今後低下する傾向がある。
- すべてのBI 製品は同等ではない
Business Benefits Indexという「The BI Survey」が使う事実に基づくパフォーマンスの測定によると、あるベンダーの製品価格は他社よりも一貫して高くなっている。

4年連続で最も高い顧客ロイヤリティを達成しているベンダーとは?またこのベンダーはピアグループにおいても最も高いプロジェクト成功率とビジネス利益率を達成しています。以下でチェック!
http://www.microstrategy.com/Events/Online_Seminars/ebi/BISelection.asp?CID=2888b&partnerref=listcom

関連URL:http://www.microstrategy.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • MicroStrategy MicroStrategy



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴