株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ


「地価情報ネットソーシング・サービス」を開始



ネットワーク・システム・インテグレータのエヌ・アンド・アイ・システムズ(東京、青木健一郎社長、03・3865−7110)は「地価情報ネットソーシング・サービス」を開始する。
本システムはIPA(情報処理振興事業協会)「ソフトウエア開発事業」の成果として開発されたもので、路線価、公示地価などの公的地価情報と評価計算ソフトを一体化して、インターネットでのサービス提供を開始する。
地価情報のシステム化は多額の投資が必要だが、エヌ・アンド・アイ・システムズはこれをASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)事業として提供するもので、ユーザはインターネットに接続可能なパソコンがあればどこからでも、利用量に応じた従量制課金でサービスが受けられる。
地図システムをベースに構築されており、任意の地域を指定して路線価図と公示地価を画面に地図として表示させ、画面の地価情報を利用して土地価格を簡単な操作で算定が可能。
また金融機関向けには、土地評価に建物評価・収益評価を加え高度のセキュリティ機能を備えた不動産担保評価サービスも用意している。
提供範囲は第一期として東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県で、その後、関西圏・名古屋圏に拡大する予定。
不動産関連企業および金融機関を対象として顧客開拓を行い,3年後には年間1億の売上を見込んでいる。



連絡先:
株式会社エヌ・アンド・アイ・システムズ
〒111−0052
東京都台東区柳橋 1−1−12
Tel: 03-5820-7578 Fax: 03-3865-5977

関連URL:http://www.nandis.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災