日本コムシス株式会社


「負圧・吸引ケーブル布設工法」について



日本コムシスは、新ケーブル布設工法「負圧・吸引ケ−ブル布設工法」(名称:スイーコム)を開発し、実用化に成功いたしました。本工法は、従来の「機械でひっぱる」ものではなく「空気で吸い込む」工法を採用し、構造は使いやすくシンプルであり、長距離のケーブル布設においても高い安全性や工事期間の短縮、コスト削減ができる画期的な工法であります。



1.工法の特徴及びその効果について
「機械でひっぱる」従来の工法から、「空気で吸い込む」工法を採用し、構造をシンプルに使いやすくすることで、工事期間の短縮、安全性の向上、汎用性の拡大、人件費の抑制、トータルコストの削減を実現でき、光ファイバーケーブル布設をはじめ、さまざまな分野にも幅広く適用可能である。

2.社会の動向について
高度情報化時代さらにはIT革命の新時代に対応するためFTTH ( Fiber to the home )の実現に向けて、光ファイバー網の早期構築が望まれている。そのため郵政省は2005年までに光ファイバー網の全国整備を掲げており、今後、各家庭まで光ファイバーを引くことが次世代の主力通信手段になると見込まれる。

3.今後の営業展開について
実証実験を実施し、効果を確認しており、今後、全国の通信事業者へ積極的に営業展開の推進を図る。また、他社に機材をレンタルする形で採用を働きかける。

Sweecom概略 (pdf形式)
http://www.comsys.co.jp/IR/NewsRelease/downlord/sweecom.PDF


《 本件に関するお問合せ先 》
日本コムシス 技術本部内
 スイ−コム工法研究会事務局
本社所在地 東京都港区高輪3丁目23番14号
TEL 03−3448−7072 大村

関連URL:http://www.comsys.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
技術・開発
業種
建設業



注目ワード
浴衣
夏休み
花火
夏祭り
防災の日
台風