日本コムシス株式会社


新中期経営計画の策定について



当社はIT革命とも言われる情報通信市場の急激な変化、政府のIT基本政策の動向等をふまえ、この度2006年3月期までの5カ年を展望した新中期経営計画を策定いたしました。その概要は次の通りであります。

1.高度情報社会の進展に伴い社会経済活動は大きく変革し、情報通信に対するニーズは多彩化しつつ大きく拡大する。
当社は通信とコンピュータ技術を総合したエンジニアリング企業としての強みを活かし、お客様にとって最適なシステムを一括して構築するなどにより業績を伸ばし、高度情報社会の発展に貢献していく。

2.当社事業の基幹であるNTTグループ事業部門の受注は当面減少するものと想定されるものの国内一般工事及び情報事業における新市場の開拓等に努め、2006年3月期の売上高を3,200億円とする。
なお、営業力強化のためNTT施工部門から営業部門等へ約300名の大幅な要員流動を行う。

3.受注価格の逓減傾向に対し、協力会社の体制強化を含め、合理化を一層推進し、利益の確保に努める。

4.主要経営指標

売上高(億円)経常利益(億円)経常利益率
2001年3月期2,2801446.3%
2006年3月期3,2002206.9%


会 社 名 日本コムシス株式会社
代表者名 代表取締役社長 武内 宏允
(コード番号 1947 東証・大証第1部)
問合せ先  常務取締役 総務部長 須江 卓男
TEL.03−3448−7031

関連URL:http://www.comsys.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
業績報告
業種
建設業



注目ワード
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー