株式会社オープンループ


日本初の録音できる携帯電話着メロ機オープンループ、ケンパック、コマツオーグッドが共同開発



 情報セキュリティとモバイル技術開発の株式会社オープンループ(札幌市清田区、代表取締役社長 浅田 一憲、http://www.openloop.co.jp/)と、株式会社ケンパック(東京都新宿区、代表取締役社長 落合 憲生)とコマツオーグッド有限会社(埼玉県三郷市、代表取締役社長 小松 和彦)は、携帯電話に装着するだけで、好きな音を録音して着メロ(着信メロディ)にすることができる携帯電話装着型着信音発生機 「CIPPO (シッポ) 」 を共同開発しました。同製品は、1999年12月20日から、キディランド原宿店などの玩具店、携帯電話販売店、家電量販店、コンビニエンスストアなどで販売される予定です。

「CIPPO」を携帯電話に取り付けると、好きな音をサンプリング録音して作った、オリジナル着メロを鳴らすことができます。気に入った音を思い立った瞬間にボタンを押しながら録音し、携帯電話の下のコネクタに取り付けるだけで、着信時に録音した音が鳴ります。
従来あった電波を使う着メロ機と違い、直接携帯電話のコネクタに接続するので、隣の人の携帯電話に着信しても反応しません。

3社では、外形を人気キャラクタに変えた型、コネクタ部とスピーカー本体部を分離したストラップキーホルダ型、あらかじめ有名人の声などが録音済みの型等、カスタム仕様による「CIPPO」の開発・提供も行う予定です。

株式会社オープンループは、同社が得意とする情報セキュリティ技術を生かせるモバイル通信分野に力を入れており、携帯電話に取り付け可能な、赤外線(IrDA)や電波(Bluetooth)通信アダプタ、カードリーダ、セキュリティ記憶装置などのEC(Electronic Commerce)関連製品を開発中です。「CIPPO」はそれらの商品開発過程で得た、携帯電話と外部機器のインターフェイス技術を利用した派生商品のひとつとして誕生しました。

株式会社オープンループは、浅田 一憲が1997年に札幌に設立した、情報セキュリティ技術・情報通信技術開発専門のITベンチャーです。情報セキュリティ分野では、NINTENDO64用の写真加工ソフト「マリオのふぉとぴー」にも採用されたコンテンツ流通技術、ネットワークセキュリティ技術、電子メール暗号化技術、EC技術を手掛け、多くの成果を挙げています。最近では特に、携帯電話等のモバイル通信技術の分野に力を入れています。

株式会社ケンパックとコマツオーグッド有限会社は、携帯電話用やPDA用の各種アクセサリー開発を行っており、携帯機器通信の分野で高い技術力を有しています。本製品の他にも多くの携帯電話アクセサリーを開発、次々に商品化していく予定です。



 

<本リリースに関するお問い合わせ(報道関係)>
■株式会社オープンループ 社長室
 E-mail: press@openloop.co.jp  TEL: 011-884-4440 FAX: 011-884-4439
 〒004-0862 札幌市清田区北野2条3丁目2番1号

<商品に関するお問い合わせ>
■コマツオーグッド有限会社 小松和彦
 E-mail: cappa@kohg.co.jp TEL: 0489-50-1289 FAX: 0489-50-1289
 〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田4-11-9-102

 

※記載されている会社名および商品名は、各社・各団体の商標または登録商標です。
※記載の会社名および商品名、WebサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。
※CIPPOは、株式会社オープンループ、株式会社ケンパック、コマツオーグッド有限会社の3社が開発した製品です(製造元:株式会社ケンパック、発売元:コマツオーグッド有限会社)。
※CIPPOは、特許出願中です。
※掲載文中では、TM、(R)マークは原則として明記しておりません。

関連URL:http://www.openloop.co.jp/press/release/991216.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
技術・開発
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災