BBCワールドジャパン株式会社


優勝賞金2万ドル!環境や貧困問題に草の根レベルで取り組むプロジェクトを世界中から募集し、その活動を紹介する番組、 BBCワールドニュースの「ワールドチャレンジ2008」、視聴者投票用サイトオープン!



英国放送協会(BBC)の国際ニュースチャンネル、全国のケーブルテレビ、スカパー!、スカパー!e2で放送中のBBCワールドニュース(BBCワールド ジャパン株式会社 代表取締役社長: 松田和司)http://www.bbcworldnews-japan.comは、10月11日放送開始の視聴者参加型番組「ワールドチャレンジ2008」の投票用サイトのオープンをお知らせします。

環境や貧困問題に、草の根レベルで取り組むプロジェクトを世界中から募集し、その活動を紹介する番組 「ワールドチャレンジ2008」。今年も、ユニークで地域に根ざした数多くのプロジェクトが世界中から集まりました。
放送開始に先駆け、放送予定の12組のプロジェクトを紹介し、気に入ったプロジェクトに投票できる、ワールドチャレンジ2008専用サイトがオープンしました。 http://www.theworldchallenge.co.uk


今年で4年目を迎える本番組のファイナリストには、環境にやさしい金の採掘を目指し「グリーンな金鉱」を始めたコロンビアの熟練鉱山労働者たちや、キルギスタンの遊牧民の子どもに教育現場を提供する「移動テント式幼稚園」、ケニアの海岸に漂着した10万足ものビーチサンダルから小物やアクセサリーを作るグループ、そして、貧困から抜け出すため養蜂を始めたパキスタンの女性たちなど、どれも魅力的でユニークなプロジェクトばかりです。
BBCワールドニュースでは、この12組のファイナリストについて、10月11日(土)より6週間にわたって、その活動内容を詳しく紹介していきます。
(ファイナリスト12組と放送日については下記参照)

なお、12組のファイナリストのなかから、視聴者のオンライン投票によって選ばれた最優秀プロジェクト(1組)には賞金として2万ドルが、優秀プロジェクト(2組)には1万ドルが、それぞれ授与されます。
オンライン投票の結果発表と授賞式は、12月20日(土)に行われ、BBCワールドニュースでは、「ワールドチャレンジ2008 ファイナル」として放送いたします。 
オンライン投票はこちらへ http://www.theworldchallenge.co.uk


◆番組情報
チャンネル名 BBCワールドニュース
http://www.bbcworldnews-japan.com
番組名 「ワールドチャレンジ2008」
放送日時 
10月11日(土)より
毎週土曜日 19:30〜20:00放送
再放送 日曜22:30〜23:00、月曜05:30〜06:00
投票用サイト 
http://www.theworldchallenge.co.uk


《ワールドチャレンジとは》
2005年に始まった「ワールドチャレンジ」は、貧困や環境問題といった問題に、草の根レベルで取り組むプロジェクトにスポットを当てたユニークな番組。地域貢献、持続可能な発展などをキーワードに、コンペティション形式で世界中からプロジェクトを募集している。プロデューサーは、BBCの環境長寿番組「アース・レポート」を長年担当してきたロバート・ラム。
2007年の「ワールドチャレンジ 2007」では、942組が世界中からエントリーし、優勝は、ペルーのじゃがいもプロジェクト「ティカパパ」が選ばれた。このプロジェクトは、ペルー・アンデス高地原産の色鮮やかな3,000種のじゃがいものを市場と結びつけることで、500家族以上の貧しいアンデス農民たちに恩恵をもたらしたもの。2006年の優勝は、野生象の糞で紙の製造を手がけるスリランカのMaximus社。2005年は、タイで大量に捨てられるココナッツの外皮で土砂崩れ防止用ネットを開発したCoconets社が優勝している。


── ワールドチャレンジ2008 ファイナリスト紹介 ──

<第1回 10月11日(土)19:30〜20:00 放送>

1)キーストーン基金 Keystone Foundation インド
インドのタミールナードゥ州と、ケララ州の伝統的なハチミツ採取人たちが、利益が大きい市場とつながりを持ち始め、生産性を向上させる方法を研修で学んでいる。この革新的アプローチは、地域社会にとって収益を増やすだけでなく、森林保護の役にも立っている。

2)ヘイヴェルド協同組合 Heiveld Co-operative 南アフリカ
ルイボスティーは伝統的なアフリカのお茶。ヘイヴェルド協同組合は、南アフリカでルイボスティーを有機栽培する、50の生産者団体から組織されている。収益の30%は、地域社会に還元され、女性や恵まれない人たちの自立を支援している。また、砂防や気候変動適応プログラムなども実施している。


<第2回 10月18日(土)19:30〜20:00 放送>

3)オロベルデ(グリーンな金鉱) Oro Verde コロンビア
チョコ県は、コロンビアで特に貧しい県の一つ。この地域は、金とプラチナ採掘によって環境的にも社会的にも傷を負っている。しかし、熟練した鉱山労働者たちは現在、エコメタルの国際基準を確立し、環境に優しい採鉱技術に切り換え、海外市場に「グリーンな金鉱」を輸出しはじめている。

4)シャンティ・セワ・グリハ共同体 Shanti Sewa Griha ネパール
クリシュナ・グルンは、ハンセン病を患う大勢の人たちが寺院の外で施しを乞う生活を送っているのを目にし、こうした人たちが就労できるよう、シャンティ・セワ・グリハ共同体を創設した。ここでは、輸出用手工芸品の製作を始め、有機野菜の栽培を行っており、医療や保育も提供されている。


<第3回 10月25日(土)19:30〜20:00 放送>

5)ハシュー基金 Hashoo Foundation パキスタン
パキスタン北部の人里離れた地域で、女性養蜂家たちが五つ星ホテルのネットワークを介して高品質のハチミツを販売し、収益を上げている。一般市場よりも収入は大きく、地元の市場でつけられる価格の2倍以上にもなるという。

6)ホーカーズマーケット・ガールセンター Hawkers Market Girl Centre ケニヤ
ホーカーズマーケット(屋台村)のゴミから、食べ物をあさっていた少女たちが、教育の機会を与えられ、収入を得るためのさまざまなチャンスを得ている。ホーカーズマーケット・ガールセンターでは、毎年、多い時で40人の少女たちが就職先を見つけるか、独立して事業を始めるための援助を受けている。


<第4回 11月1日(土)19:30〜20:00 放送>

7)リーキー・コレクション The Leakey Collection ケニヤ
ズールーグラスのジュエリーは、豊富な野草を原材料にして製作されている。移動式の作業場と、革新的なデザインが、干ばつに見舞われた1,400人以上のマサイ族の女性たちに、貧困から抜け出す道を提供している。ジュエリーは20ヵ国で2,000軒を超える店舗で販売されている。

8)オフィシーナ・ケーロ Oficinas Quero ブラジル
映画を通して人生を変える――オフィシーナ・ケーロ。これは、スキルと起業家精神の研修を目的としたプロジェクトだ。プロジェクト終了後、学生は自分の街で調達した資金で、3本の短編映画を制作し、上映する。卒業生たちのあるグループは、自分たちの会社を創設し、企業映画や社会的ドキュメンタリーなどを制作している。


<第5回 11月8日(土)19:30〜20:00 放送>

9)農村起業家向け自給自足の学校 Self-sufficient school for rural entrepreneurs パラグアイ
パラグアイの農村地区に住む若者たちが、収入を得るために有機農業について研修を受けている。この学校では理論だけでなく、実践も学ぶ。学校の運営資金は、ここで育てている有機野菜事業でまかない、不足分は酪農と、経営するホテルの売り上げでまかなっている。

10)シー・ホープ・ソサイエティ She Hope Society インド
シー・ホープ・ソサイエティの掲げるモットーは「同情ではなく自助」。カシミールの恵まれない人たちが自立し、誇りを持って生活できるよう、支援することを目的としている。理学療法や矯正外科手術のほかに、教育と「超ミニ融資」を実施して、社会復帰できるよう支援している。現在、20,000人ほどの障害者が支援を受けられると見積もられている。


<第6回 11月15日(土)19:30〜20:00 放送>

11)ユルトの幼稚園 Yurt Kindergartens キルギスタン
キルギスの牧畜民の中には、1年のうち最長5ヵ月間を、自分の村を離れ、「ジャイルー」と呼ばれる夏の牧草地で過ごす人たちがいる。これでは継続した教育は困難になる。今では、ユルトと呼ばれる円形型移動テントを利用した幼稚園が、民族の伝統にもなじんで子どもたちを教える場となっている。

12)ユニークエコ・デザインズ・リミテッド UniquEco Designs Ltd ケニヤ
「ケニヤの海岸に流れ着く、何千ものビーチサンダルからアクセサリーを作って売る」……こう聞くと、かなり突飛に聞こえないだろうか。ところが、ユニークエコ社では「2007年に、捨てられていた100,000を超えるビーチサンダルをリサイクルした」と言い、現在は約100人の女性が働いて、手作業でリサイクルを行なっているのだ。


《BBCワールドニュースとは》
BBCワールドニュースは、英国放送協会(British Broadcasting Corporation)が、世界に向けて発信する国際ニュースとドキュメンタリーのチャンネルです。報道機関では世界最大級の58拠点250名の特派員を含む3,400名の専門スタッフが、国家・宗教・人種・民族に偏りのない「公平・中立・客観的」なレポートをお届けし、200以上の国や地域の約2億8000万世帯で視聴可能です。日本では、全国のケーブルテレビやスカパーー!、スカパー!e2、NTTドコモiモードサイトでご覧いただけます。一日約18時間の2ヶ国語放送(音声・字幕)を行っています。

関連URL:http://www.theworldchallenge.co.uk

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会