ビューロシティ・ジャパン株式会社


ビューロシティの新しい TradeSync アプリケーションが DHL と RYDER に採用される



フレキシブルなアプリケーションによって直線的なサプライ・チェーンがグローバル・サプライ・ウェブに進化する

有力なグローバル・プロバイダとして e-ビジネス・ネットワークを統合し、サブライ・ウェブを同期化するソフトウェアやサービスを提供しているビューロシティは本日、DHL と Ryder System が、両社のグローバル・トレーディング・コミュニティの管理能力と可視性を高めるビューロシティの新しいアプリケーション、TradeSync を採用したことを発表した。このアプリケーションは、企業とトレーディング・パートナーのシステム間の違いを超えて、出荷および在庫の状況を総合的に見ることが出来るビューを提供する。

ビューロシティの新しいサプライ・ウェブ・アプリケーション、TradeSync Shipment Visibility と TradeSync Inventory Visibility により、企業やコミュニティはリアルタイムのサプライ・ウェブ・イベントに対してインテリジェントに対応ができる。TradeSync Shipment Visibility と TradeSync Inventory Visibility は、ビューロシティの統合ブローカをベースにサプライ・ウェブ内の可視性を向上させる。トレーディング・パートナーの能力をより正確に把握する事により、世界規模で資産の有効活用、製品の迅速な配送、コストの削減をはかることが出来る。

ビューロシティの CEO、Greg Cronin 氏は次のように語っている。「現在のサプライ・チェーンは断絶的です。グローバル企業が今後、実現すべきものはサブライ・ウェブです。サプライ・ウェブでは、断絶を生むことなく、すべてのトレーディング・パートナーが真の共同作業を行えます。様々な企業が当社の新しい可視性テクノロジを活用できるとは思いますが、グローバル・サプライ・チェーンが寸断され、競争に勝つためにスピードと正確性を最も必要としている企業のニーズが多いと思います。」

DHL の e-コマース戦略担当マネージャ、Column Joyce 氏は次のように語っている。「DHL はすでにビューロシティの強力な統合ブローカの恩恵を受けています。DHL はすでに世界で最も要求の高いいくつかのサプライ・ウェブにロジスティクス・ソリューションを提供しており、われわれのロジスティクス事業の管理を手助けするイベント駆動型のフレキシブルなソリューションを追加したいと考えました。われわれの知る限り、ビューロシティはサプライ・ウェブに完ぺきな可視性をもたらす統合アプリケーションを実現した最初のベンダーです。」

現在、サプライ・チェーンを計画、実行するエンタプライズ・アプリケーションを生成すると、大量の在庫データや出荷データが蓄積されてしまう。ビューロシティの新しい TradeSync アプリケーションを使えば、あらゆる Supply Chain Management (SCM) システムや Enterprise Resource Planning (ERP) システムに可視性がもたらされ、顧客は、在庫可視性の向上や情報フローの高速化、またグローバル・トレーディング・コミュニティでの管理機能強化を実現できる。サプライ・ウェブ全体を把握することによって、以下のような定量化可能なビジネス・ベネフィットが得られる。

在庫の削減
サイクル・タイムの削減・運営費の削減
資産利用の改善
顧客サービスの向上

Ryder の e-コマース・ソリューション担当副社長、Sandra Orr 氏は次のように語っている。「Ryder の e-チャネル・ソリューションでは、実現が早く、急速に変化する顧客のニーズに追随していけるような堅牢で統合化されたサプライ・ウェブ・アプリケーションが必要でした。ビューロシティの TradeSync Shipment Visibility ソリューションと TradeSync Inventory Visibility ソリューションは、まさにこの機能を持ったアプリケーションです。この 2 つのソリューションを使えば、サプライ・ウェブ内でイベントの発生をその時点で知ることができ、イベントが発生しない場合は警告が通知されます。また、トレーディング・パートナーからリアルタイムのフィードバックを受けとって業務を的確に管理できるようになります。」

ビューロシティの TradeSync Shipment Visibility ソリューションと TradeSync Inventory Visibility ソリューションは、ビューロシティの TradeSync 製品ファミリの一部である。TradeSync 製品ファミリは、社内・社外の統合、ビジネス・プロセス管理、トレーディング・コミュニティ管理、サプライ・ウェブなどユニークな組み合わせのソリューションから構成されている。

DHL について
雑誌『Global Finance』で「最もグローバルな会社」と評された DHL Worldwide Express は、世界最大で最も歴史の長い国際小荷物航空便ネットワークを構築し、230 ヶ国以上で 635,000 ヶ所以上の配送先を結んでいる。DHL Worldwide Express は、米国およびその管轄地域を担当する DHL Airway と、それ以外の地域を担当する DHL International およびその代理店、子会社から構成されている。DHL の製品やサービスの詳細については、Web サイト http://www.dhl.com で。

RyderSystem について
RyderSystem は、ロジスティクス、サプライ・チェーン、運輸などに関る最先端の管理ソリューションを世界中に継続して提供している。Ryder の商品はフルサービス・リースや商用レンタル、車のプログラム・メンテナンスから専属運送業務管理、専属運送業者管理などの統合サービスにわたっている。また包括的なサプライ・チェーン・ソリューション、ロジスティクス管理サービス、e-コマース・ソリューションなど幅広く提供しており、原材料の発注から最終製品の配布・配送など、クライアントのサプライ・チェーン全体をサポートしている。北米全域およびラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジアのクライアント・ニーズに対応。雑誌『Fortune』は、Ryder を 1997 年、1998 年の高速道路運輸業界第 1 位のアドマイアード・カンパニーと格付けした(1999 年は第 2 位)。また 2000 年の『Fortune』の調査では、競合会社の中で最高の総合評価を獲得、雑誌『inbound Logistics』には、3 年連続で 2000 年度の最優秀サードパーティ・ロジスティクス・プロバイダと格付された。Ryder の株はダウ運輸株平均および S&P 500 インデックスに含まれている。2000 年度の Fortune 500 社リストで 309 番、Forbes 500 社リストでは 332 番にそれぞれ各付けされた。Ryder の詳細については、Web サイト http://www.ryder.com で。

ビューロシティについて
ビューロシティは、有力なグローバル・プロバイダとして e-ビジネス・ネットワークを統合しサブライ・ウェブを同期化するソフトウェアやサービスを提供している。これらのソフトウェアやサービスが持つアプリケーション統合、B2B 統合、トレーディング・コミュニティ管理などの幅広い機能によって、顧客は既存のテクノロジを強化することができる。サブライ・ウェブ実行ソリューションは XML などの公開規格をベースに作られており、顧客、サプライヤ、トレーディング・コミュニティ相互の間でインターネットを介してビジネス・プロセスの自動化を行う。全世界で 3,200 ヶ所以上に導入されているイベント・ベースの統合ブローカは主要 OS(UNIX、NT、AS/400)上で稼動し、独自の方式を用いてビジネス・パートナーが有する異機種のシステムやプラットフォーム、アプリケーション、通信フォーマットなどを迅速にかつスムーズに統合する。ビューロシティは世界中に 14 ヶ所の支社があり、本社はジョージア州アトランタ、欧州地域本社はロンドン、アジア太平洋地域本社はシンガポールにある。詳細については、Web サイト http://www.viewlocity.com で。

関連URL:http://www.viewlocity.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日