ビューロシティ・ジャパン株式会社


日本初のサプライチェーン・イベント・マネジメント・ソリューションを提供する
ビューロシティ・ジャパン設立・営業開始



NTTコムウェアが、ビューロシティとビューロシティ・ジャパンの戦略パートナーとなる

ソフトバンク・インベストメントの事業投資ファンドが、ビューロシティ・ジャパンの共同出資者となる

拡張サプライチェーン上でリアル・タイムに発生する計画外の管理を可能とするサプライチェーン・イベント・マネジメント(SCEM)のソフトウエアとサービスを全世界に提供しているビューロシティ社(社長:グレッグ・クローニン、本社:米国アトランタ市)は、ソフトバンク・インベストメント株式会社(代表取締役社長:北尾吉孝、本社:東京都千代田区)が業務執行組合員を務めるソフトバンク・インターネットテクノロジー・ファンド2, 3号の出資を受け入れ、ビューロシティ・ジャパン株式会社(代表取締役社長:永島秀雄、本社:神奈川県横浜市)が本格的に業務活動を開始したことを発表いたします。

またビューロシティ及びビューロシティ・ジャパンは、強力なITソリューションをサービスしているNTTコムウェア株式会社(代表取締役社長:松尾勇二、本社:東京都港区)とサプライチェーン・マネジメント(SCM)分野における戦略的な業務提携に合意いたしました。高い技術力で数々のSI実績を誇るNTTコムウェアがビューロシティ製品を販売する強力なパートナーとして日本のSCM市場を牽引することで、ビューロシティ・ジャパンの成功はもとより、国内産業の発展にも貢献してまいります。

全世界で1100社以上の顧客と3500サイトの導入実績を有するビューロシティは、日本におけるレガシーな電子商取引環境を改革し、オフラインB2B市場のサービス・プロバイダーをオンラインB2B市場のパワーハウスに変革することをお手伝いし、市場をリードする製造、商社、物流、その他消費者関連サービスの大手企業を支援します。
ビューロシティ製品は、過去の垂直的なSCM(サプライチェーン・マネジメント)から更に一歩飛躍した、ネットワーク型サプライチェーンを実現します。

今回の新製品である、ビューロシティ・ソリューションは基盤製品Integration Broker(インテグレーション・ブローカ)を軸に、各種異なる通信手段とビジネスフォーマット等を吸収してシステム全体を統合致します。そして、グローバル・モニタリング分野(SCEM:サプライチェーン・イベント・マネージメント)製品である、Visibility Application(ビジビリティ・アプリケーション)にて、サプライチェーン全体で発生する各種イベントを把握致します。更には、近々リリース予定のIntelligent Response Application(インテリジェント・レスポンス・アプリケーション)によって、計画外のイベントに対した再最適化を実施致します。これにより拡張された、複雑なサプライチェーン全体の効率化と付加価値を高めます。

経済産業省と日経BP誌によれば、世界第2位の経済大国である日本は、2003年までにB2B電子市場間取引が70兆円、企業内情報システム統合と企業間システム統合の市場は2500億円の規模に成長すると予測されています。

NTTコムウェアの代表取締役社長である松尾勇二氏は『NTTコムウェアとビューロシティの戦略的提携は、日本のサプライチェーン・マネジメント市場を牽引し、多くの顧客が望むソリューションの提供が実現できると確信しています。NTTコムウェアは、NTTグループのSCM及び物流システムを構築してきたビジネス・ノウハウやエンジニアリング・ノウハウをこの戦略的提携に最大限活かし、サプライチェーン構築だけではなく、ERP、CRM、データウェアハウス等を含むトータルなシステム・インテグレーションを提供します』と述べています。

ソフトバンク・インベストメント株式会社
ソフトバンク・インベストメント株式会社は、ソフトバンク株式会社の100%子会社で、金融部門の事業統括会社であるソフトバンク・ファイナンス株式会社の子会社であり、ベンチャーキャピタル・ファンドの運用・管理及び株式公開支援コンサルティングを中核にしたベンチャーズ・インキュベーション事業を行っております。同社は、ベンチャー企業に対するインキュベーション活動を通じ、IT(情報産業)分野を軸とした21世紀の中核的産業の創造および育成を担うリーディング・カンパニーとなり、国内外の経済発展に貢献することを使命としています。
(http://www.sbinvestment.co.jp)

NTTコムウェア株式会社
NTTコムウェアは、NTT(再編4社:NTT、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ)のネットワーク用の通信システムおよび通話料金計算や請求書発行等のビジネス系システムの設計、構築、導入、運用までを一貫して行ってきた部門を事業化し、1997年9月に創業しました。NTTグループの大規模通信システムをはじめ、近年のBtoB市場の進展に即応するCRM,ERP,ASP等、ネットワークを中核とした様々な形態のSIソリューションを提供しています。NTTコムウェアでは、2001年をIT市場への本格参入の年と位置づけ、ネットワーク技術およびLinux,Java,PKI,セキュリティ技術をはじめとする当社の技術力と信頼性をSIソリューションとしてIT市場に広く展開します。
(http://www.nttcom.co.jp)

ビューロシティ社について
ビューロシティは、拡張サプライチェーン上で発生する計画外の事態にリアル・タイムで対応できるサプライチェーン・イベント・マネジメントのソフトウエアとソリューションを全世界に提供しています。ビューロシティは全世界ベースで3500サイトの導入実績を持ち、1100社以上の顧客を有しています。米国のお客様のうち100社はフォーチュン500に列挙されている企業です。そして、企業と仕入れ業者、顧客、物流業者もしくは他の商品取引業界とのシームレスな統合を可能とするサプライチェーン・イベント・マネジメント・ソフトを提供している唯一の会社です。XML並びに他のデ・ファクト・スタンダードをベースに作られたビューロシティ・ソリューションを採用することにより、企業は既存の情報技術をてこにして、全ての取引に係わる同期化された情報をリアル・タイムに取り込むことが可能となります。拡張サプライチェーンの継続モニタリングを通じて、ビューロシティ製品は計画外の事態発生を機能的に通知し締結済の取引規約に基づいた修正を行い、的確な実行を行います。ビューロシティ・ソリューションをご利用頂くことにより、お客様はサプライチェーン効率を劇的に高めることができ需要に応じた在庫調整が可能となる為、資産の効率運用に伴いコスト削減を図って頂くことができます。ビューロシティは、米国アトランタに本社を持ち、イギリスにヨーロッパ本部、シンガポールにアジア
太平洋本部を置き、全世界に14のオフィスを持っています。American Standard, Carrefour, DHL, Ericsson, Ryder System, Volvoといった世界的な一流企業がビューロシティのお客様になって頂いております。なお、ビューロシティは一流のパートナー様との戦略的提携を通じて、幅広いお客様にビューロシティ・ソリューションをご採用頂いておりますことを申し添えます。
http://www.viewlocity.co.jp/



この記事に関するお問い合わせ
ビューロシティ・ジャパン株式会社 マーケティング担当
長谷部 葉子
hasebe@viewlocity.co.jp

関連URL:http://www.viewlocity.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
サービス業



注目ワード
センター試験
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー