日本ティブコソフトウェア株式会社


「日本ティブコソフトウエア」、リアルタイム・アラートを提供するワイヤレス機器向け企業ポータル・ソリューションを発表



TIBCO ActivePortal2.0は、ミッションクリティカルなe-ビジネスのために カスタマイゼーション・ツールを提供

リアルタイムe-ビジネス・インフラストラクチャ・ソフトウエア製品のリーディングカンパニーであるTIBCO Software Inc.(米国:カルフォルニア州)の日本法人である日本ティブコソフトウェア株式会社(以下、日本ティブコソフトウエア 本社:東京都港区、代表取締役社長 瀬川道雄)は、携帯電話、PDA、およびその他のワイヤレス機器に「リアルタイム・アラート」を提供できる新しいポータル・ソリューションとして、「TIBCO ActivePortal2.0」を発表、12月より国内出荷をいたします。TIBCO ActivePortal 2.0は、在庫、販売および顧客サービス情報等の企業情報を、PC及びワイヤレス機器等にリアルタイムで発信することのできる企業ポータルを各企業が開発・展開可能にするものです。さらに、ワイヤレス・ユーザーはワイヤレス機器を介し、アポイントメントの変更、販売データあるいは株式価格等の情報に関するパーソナライズされたアラート通知を自動的に受け取ることができます。

日本ティブコソフトウエアでは、真のリアルタイム処理の実現を可能とするソフトウエア・バスである「TIB(The Information Bus)のテクノロジー」をもって、EAI、BtoBそして企業ポータルの分野等を幅広くカバーする、リアルタイムe-ビジネス・インフラストラクチャ・ソフトウエア製品を取り揃え、リアルタイムe-ビジネスの実現をサポートします。近年、真のリアルタイム処理をキーに、TIBのテクノロジーは半導体業界などの製造業をはじめ、金融、通信、エネルギー、BtoB、e-コマース等、真のリアルタイム処理が求められるさまざまな分野への応用が図られております。

●TIBCO ActivePortal 2.0について
TIBCO ActivePortal 2.0は、利便性が高く、個々にパーソナライズされた企業情報およびコンテンツを開発するための、汎用性の高い個別ユーザー向けのソリューションを提供するものです。TIBCO ActivePortal 2.0は、社員・お客様およびビジネス・パートナーに対し、社内外のさまざまな情報源からカスタマイズされた情報を提供することによって、ビジネスの拡大を可能にします。TIBCO ActivePortal 2.0は、以下の3つの製品によって構成されています。
(1)TIBR/PortalBuilerTM:e-ビジネスより得られたコンテンツ類をパーソナライズし、ユーザーに配信する企業ポータル構築ツール (2)TIB/PortalPacks:ロイター等の主要コンテンツ・プロバイダーから得た金融ニュースおよびリサーチ・データを統合し、ポータルに配信することによって、個々のユーザーのための有益なコンテンツ・チャンネルを素早く展開できるようにするコンテンツ・フィード・ハンドラーおよびアプリケーション・サーバーを含む製品ライン
(3)TIB/AlertServerTM : ユーザーがワイヤレス機器を通じて情報を受け取れるようにするパーソナライズド通知システム

●TIBCO ActivePortal 2.0の主な特長
パーソナライゼーション:TIBCO ActivePortal 2.0は、コンテンツの表示に関して複数のオプションをユーザーに与える、直覚的で使いやすいWebおよびワイヤレス・インターフェースを提供。

個人およびワークグループの生産性の向上:e-メールおよびディスカッション・グループ・アプリケーションを同時に搭載することにより、ユーザーは特定のアプリケーションで情報を探すことに時間を取られることなく、ポータル内で、すべてを見ることができます。

拡張性のあるサービス・ベースの構造:TIBCO ActivePortal 2.0は、ワイヤレス機器および標準的なウェブ・ページの双方に配信可能なコンテンツを効率的にフォーマットすることが可能です。またPCからワイヤレス機器等に広げ、効率的、コンパクトさらに拡張性のあるJavaベースのサーブレット・フレームワークを提供するPortalSDKTMと呼ばれる拡張可能なサービス・ベースの構造が含まれています。

検索、ナビゲーションおよびビュー機能:業界をリードするリトリーバルテクノロジーをベースとするTIBCO ActivePortal 2.0は、総合的な情報リトリーバル機能をユーザーに提供するものです。TIBCOとVerityとのパートナーシップにより、精確な検索、直覚的なカテゴリー・ナビゲーションおよび簡単なドキュメント・ビューイングに対する先進の能力が提供されました。

統一アクセス:TIBCO ActivePortal 2.0は、ユーザーが、SMS機器、ワイヤレス・アプリケーション・プロトコル(WAP)電話など、さまざまなワイヤレス機器類を通じて企業内および外部データとインタラクトできるようにするものです。

ビジネス-クリティカル・コンテンツに対するリアルタイム・アクセス:TIBCO ActivePortal 2.0は、ERP、CRM等のビジネス-クリティカルなデータ保管システムおよびサプライ・チェーン管理システムに対するパワフルなコンテンツの提供、管理およびアプリケーション統合を提供するものです。TIBCO ActivePortal 2.0は、業界をリードするセキュリティー機構を組み合わせることにより、顧客が大切な情報財産を守れるようにするものです。

TIBCO Software Inc.
TIBCO Software Inc.(米国 カルフォルニア州 パルアルト、NASDAQ:TIBX)は、 リアルタイムe-ビジネス・インフラストラクチャ・ソフトウエア製品のリーディングプロバイダーです。 TIBCOの製品ラインは、TIBCO ActiveEnterprise、TIBCO ActiveExchange、TIBCO ActivePortalと、 TIBCO Extensibilityの4製品から構成され、エンタープライズ・アプリケーションの統合、B2Bにおける顧客市場の相互活用、 さらにエンタープライズ・ポータル通してのパーソナライズされた情報の配信を可能といたします。 TIBCOの製品は、The Information Bus 又はTIBと呼ばれるパテントを持ったテクノロジーによって、 リアルタイムな配信を可能にしています。TIBテクノロジーは、ウォール街をデジタル化するために初めて使用され、 以来通信、e-コマース、製造及びエネルギーを含むさまざまな業界で採用されました。TIBCOのグローバル顧客には、 Cisco Systems、Yahoo、Ariba、Sun Microsystems等、全世界600社以上のお客様が含まれます。

<登録商標>
TThe Information Bus、TIB、TIBCO ActiveEnterprise、TIBCO ActiveExchange、及びTIBCO ActivePortalは、 米国TIBCO Software Inc.の、米国およびその他の諸国における、登録商標または商標です。


<本ニュースリリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします>
お問合せ先:日本ティブコソフトウエア株式会社
マーケティング・杉原 剛
電話:03-5835-3517 FAX:03-5835-3522
E-Mail: sugihara@tibco.com
ホームページ:http://www.tibco.com/jp/

関連URL:http://www.tibco.com/jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品
業種
サービス業



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災