日本フィッツ株式会社


決算発表資料の追加(コーポレート・ガバナンスに関する事項)



平成16年4月28日に発表いたしました「平成16年3月期 決算短信(連結)」への追加として、下記の「コーポレート・ガバナンスに関する事項」を開示いたします。



(コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
 当社は、多くのステークホルダーにより成り立つ企業として社会的責任を果たすべく、法令遵守のもと、経営環境の変化に迅速かつ適切に対応できる経営体制を構築することが、重要な課題のひとつと認識しております。

(コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況)
 当社は、「監査役制度」を採用しております。その枠組みの中で、経営の意思決定の迅速化と監督機能の強化を目的とした下記の経営機構改革を6月22日開催予定の定時株主総会後より実施することといたします。


(1)取締役数を14名から5名に削減し、取締役会をスリム化することにより、 意思決定の迅速化を図ります。
(2)「執行役員制度」を導入し、業務執行に専念する執行役員を配置することにより、業務執行スピードの向上を図ります。
(3)取締役、執行役員の任期をそれぞれ1年とすることで、経営環境の変化に機動的 に対応できる体制とします。
(4)社外取締役1名、社外監査役2名を選任することにより、経営への牽制機能を備えます。
(5)役員の成果責任を明確にするため、年功的な要素の強い役員退職慰労金制度を廃止し、執行役員もこれに準ずることとします。



以上

関連URL:http://www.jfits.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
物流・運輸



注目ワード
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー