株式会社ソキュアス


あなたの加齢臭、金魚が助けます?!
中高年の悩みの種、加齢臭の良薬は○○な魚だった!



 オフィスで、家庭内で…中高年の方を悩ませる困った種、加齢臭。そんな悩みをお抱えのあなたに朗報だ。

 長年研究が続けられてきた加齢臭対策。老舗医薬品メーカー・富士化学工業グループは長年の研究を経て期待のアスタビータシリーズを開発した。このアスタビータシリーズでは高い抗酸化作用で注目を集めている物質、アスタキサンチンに注目したものだ。

 別名、海のビタミンとも呼ばれているアスタキサンチン。なんだかちょっと聞きなれない名前だが、言ってしまえば海から取れる超高質の栄養といったところだ。アスタキサンチンは海産物に多く含まれる。その度合いを抗酸化力(=活性酸素の弊害を阻止する力=力が強いほど病気にかかり辛く、若々しくいられる)で表すと、なんと、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍等とかなり優秀であることが分る。このアスタキサンチンを効率良く摂取することが可能であれば加齢臭に悩まされることはもうないだろう。

 いきなり健康食品にたよるのは忍びないので、日常の中で食卓に出せれるものがベストだろう。アスタキサンチンが特に多いとされているものは、サケ・タイ・コイ・キンギョといった魚類とエビ、カニなどの甲殻類が一般的だそうだ。要は“赤い魚”に注目と言うことだ。
キンギョを食卓に並べるわけには行かないが、この中でも財布に優しく食卓にもお手軽に並べられるのがサケだろう。アスタキサンチンの1日の目標摂取量は1〜3gだが、驚くべきことに紅鮭は100g当たり2.5〜3.5g程含有しているそうだ。ちなみにアスタキサンチンは加熱しても変質したり損失したりすることがないそうなので、塩焼きでもお茶漬けでも、好きなように調理できるのも嬉しいところ。

 職業訓練法人日本技能教育開発センター(JTEX)の『食育講座』 http://www.e-shokuiku.jp/ では魚編 http://www.e-shokuiku.jp/courseJ04.phpも用意している。キンメの煮つけや魚介類のパエリヤ、ブイヤベース等の調理方法も詳しく書かれている。加齢臭を防ぎつつ新しいレシピに挑戦したり、料理が苦手な方も鮭の塩焼きから始めてみるのも良いかもしれない。 


■講座提供元情報
『すくすく子育て食育講座』 http://www.e-shokuiku.jp/
職業訓練法人日本技能教育開発センター(JTEX)
理事長:石岡慎太郎
所在地:東京都新宿区岩戸町18 日光神楽坂ビル
TEL:03-3235-8686
FAX:03-3235-8685

■本リリースに関するお問合せは下記まで
株式会社ソキュアス http://www.socueus.com/
担当:川近 充
事業内容:中小消費財メーカーに特化したネット通販アウトソーシング
事業所:東京都八王子市明神町4-7-15 落合ビル4階
TEL:042-631-1422
FAX:042-631-1455

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会