ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン 株式会社


TVチューナー付きパソコン消費者意識調査



ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン 株式会社(本社:東京都中野区本町、代表取締役社長 平野享一)は、パソコンにおける新たな機能として定着しつつある “TVチューナー付きパソコン”の動向を、購入意向や想起メーカー、現所有者の利用状況などの調査結果をまとめました。

GfK Japanが集計した家電量販店3500店舗での店頭での販売実績ではアテネ五輪開催の追い風に乗り好調な、AVを中心としたデジタル家電の一方で、2004年7月のパソコンは前年の同じ月を約10%下回っています。ただ内訳をTVチューナー付きだけで見ると前年を45%上回っています。テレビチューナー付のタイプ別では、デスクトップ型が大半を占めているもののノート型でも徐々に増えていることがわかります。

<調査の概要>
調査名的 : 2004年夏季 トレンド商品調査-(3)TVチューナー付きパソコン消費者意識調査
調査目的 : 2004年夏のトレンド商品に対する消費者の意識を把握する
調査対象者 : 20歳以上の男女
調査手法 : インターネットリサーチ
分析対象者数 : n=6.000
調査実施期間 : 2004年5月31日から2004年6月8日
調査実施機関 : ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン 株式会社

<集計結果から>
■TVチューナー付きパソコンの所有・購入意向■
今回の調査から「すでに所有している」は21.8%、「半年以内に購入予定である」は2.8%、「期限は決めていないが購入予定である」が10.7%という結果が得られました。最も高いのは「購入の予定はないが欲しいと思う」の36.1%でした。
また “購入予定者”の割合を年代別に見ると、「20代」(約54%)が他の年代よりやや高いことがわかります。ただし最も低い「30代」でも約46%となり、いずれの年代においても5割前後の意向があることが確認できました。
■TVチューナー付きパソコンのメーカーと言えば・・・(想起メーカー)■
“TVチューナー付きパソコン”の想起メーカーとして、『ソニー』が37.7%と最も高い結果となりました。2番目が『富士通』(21.2%)、3番目が『NEC』(18.2%)と続き、上位3つで約77%を占めています。
年代別に見ると、『ソニー』は年代が若くなるほど想起率が高くなる傾向が見られました。また、『NEC』では年代が
高くなるほど想起率が高くなる傾向が見られました。
さらに購入意向別に見ていくと、“購入予定者”はいずれにおいても『ソニー』の想起率が最も高くなっています。
2番目に想起されるメーカーでは、購入予定時期の違いにより想起メーカーが異なることがわかりました。
「半年以内に購入予定である」では『NEC』、「期限は決めていないが購入予定である」・「購入予定はないが欲しいと思う」では『富士通』となっています。

詳細レポートはhttp://www.gfkjpn.co.jp/ にてご案内しております。

■ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン 株式会社:
家電、ITを中心とした小売店パネル調査、アドホック調査等の市場調査/マーケティングリサーチを行う会社です。


■本件に関するお問い合わせ先
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社
(GfK Marketing Services Japan Ltd.)
広報担当:大森・菊地
E-Mail : info@gfkjpn.co.jp
TEL :03-5350-4624
FAX :03-5350-4662
所在地 :〒164-0012 東京都中野区本町2-46-1 中野坂上サンブライトツイン15F

関連URL:http://www.gfkjpn.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
調査・報告
業種
サービス業



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会