日本オラクル株式会社


日本オラクルと日本経済新聞社が企業情報ポータルで連携



日本経済新聞社のビジネス情報サービス「日経テレコン21」が「Oracle9iAS Portal」と連携して企業ポータル内に幅広いビジネス情報の提供を可能に

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新宅正明)と、日本経済新聞社(本社・東京都千代田区、社長・鶴田卓彦、以下日本経済新聞社) は、「Oracle9iAS Portal」上で「日経テレコン21」と連携できる対応モジュールを発表しました。

本連携モジュールは、日本最大級の会員制ビジネス情報サービスをインターネット上で提供する「日経テレコン21」の様々なコンテンツメニューを、「Oracle9i Application Server」(以下Oracle9iAS)の企業情報ポータル(Enterprise Information Portal:以下EIP)ソリューションである「Oracle9iAS Portal」内のポートレットとして活用できるものです。これを活用して、EIPで統合する様々なポータル機能に、「日経テレコン21」のコンテンツを組み入れたEIPソリューションを提供いたします。本連携モジュールは、日本経済新聞社から「日経テレコン21」のコンテンツを利用可能なユーザーIDの発行と共に提供されます。

両社の連携により、日本オラクルは企業情報ポータルサービスにおける「日経テレコン21」のビジネス情報の快適で充実した実行環境を実現します。日本経済新聞社は、日本オラクルの「Oracle9iAS Portal」での連携を通じて、企業情報ポータルによる日経テレコン21の幅広い浸透を推進していきます。

「企業情報ポータル(EIP)」について
イントラネットや社外の有益な情報、サービスを有効に相互活用できる環境を構築すれば、各個人の業務を効率化し、企業の価値を高めることが可能です。これを支援するオラクルのEIPソリューションでは、堅牢なセキュリティ環境のもと、シングルサインオンを実現します。これまでずさんになりがちであったパスワード管理を一元化し、安全で利便性の高いサービスを提供いたします。
                              
「Oracle9iAS Portal」について
必要な情報や情報の重要度は、部署、個人などによって異なります。「Oracle9iAS Portal」では、個人あるいは部署などのグループ・レベルでページを作成、カスタマイズすることができます。ログインによってユーザーを識別し、分散されたアプリケーション、サービスを統合し、各ユーザー用のポータルを構成します。コンテンツのカスタマイズは、システムに登録されたポートレットをブラウザから選択、追加することにより、自由に構成でき、必要な情報へアクセスするためのリードタイムを短縮できます。

「日経テレコン21」について
株式会社日本経済新聞社が保有する国内最大級のデータベースをインターネット上で提供する会員制のビジネス情報サービス。日経4紙、全国紙、業界紙、日経BP社雑誌など約80の新聞・雑誌、企業概要、財務情報、人事情報、信用情報、新製品情報などのデータベース検索を中心にビジネスに不可欠な情報を提供しています。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

■日本オラクル株式会社
広報部 玉川
■株式会社日本経済新聞社
電子メディア局情報マーケティング部

<本件に関する読者の方からのお問い合わせ先>

■日本オラクル株式会社
http://www.oracle.co.jp
■株式会社日本経済新聞社
http://telecom21.nikkeidb.or.jp

Oracle9iはOracle Corporationの商標または登録商標です。OracleはOracle Corporationの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

関連URL:http://www.oracle.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
サービス業



注目ワード
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル