日本オラクル株式会社


日本オラクル、「Oracle Linux Summit 2002 Spring」を開催



Linux対応製品によるエンタープライズシステム実現のためのソリューション提供を本格化、成長し続けるLinux市場に拍車をかける

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4−1 代表取締役社長:新宅正明)は、オラクルの Linux対応製品の最新技術やLinux分野への取り組みなどの最新情報を紹介するイベント、「Oracle Linux Summit 2002Spring」を2002年3月1日、ホテルニューオータニにて開催することを発表します。当日は、デルコンピュータ株式会社 代表取締役会長、吹野博志 氏による基調講演が行われます。

第4回目を迎える「Oracle Linux Summit 2002 Spring」では、Linux対応オラクル製品の最新情報提供、さらにはエンタープライズシステム上で実装、活用するためのソリューションを多数紹介します。本イベントは、Linuxプラットフォームによるエンタープライズシステムの構築を検討しているシステムインテグレータ、企業のシステム部門責任者、担当者、そしてLinuxOS上でデータベースサーバーの導入を検討している方全てを対象にしています。午前中は、日本オラクルの Linux分野における新たな取り組みや事業戦略の紹介、午後は、Linuxカーネル2.4に対応した「Oracle9i for Linux」の新技術やその活用方法について、事例を交えながら分かりやすく解説します。

1999年よりいち早くLinuxへの取り組みを行ってきた日本オラクルは、LinuxOSに対応したオラクル製品によるエンタープライズ市場の開拓に力をいれてきました。昨年10月24日には、「Oracle9i for Linux」を出荷し、Linuxプラットフォームによるエンタープライズシステムへの対応をより一層強化しています。今後は、「Oracle9i for Linux」を基盤としたエンタープライズシステム向けのソリューション提供を積極的に行い、スムーズなシステム構築を促進します。

「Oracle Linux Summit 2002 Spring」概要
◆主催     日本オラクル株式会社
◆協賛     デルコンピュータ株式会社
◆後援     株式会社アットマークIT、ミラクル・リナックス株式会社、ぷらっとホーム株式会社
◆開催日時   2002年3月1日 10:30〜17:00 (受付開始 10:00〜)
◆入場料    無料
◆会場     ホテルニューオータニ 鳳凰の間
        〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1
        TEL:03-3265-1111(代表)
◆お申し込み・詳細 http://www.oracle.co.jp/events/tk020301/
          (2月7日公開予定)

◆セミナープログラム
 10:30〜10:40   ご挨拶
          日本オラクル株式会社 常務執行役員(兼)
          ミラクル・リナックス株式会社 代表取締役社長
          茂木 正之
 10:40〜11:00   OracleのLinux戦略「VALUE!」
          日本オラクル 製品本部
          システム製品マーケティング ディレクター(兼)
          ミラクル・リナックス株式会社 取締役 製品本部長
          藤城 薫

 11:00〜12:00   基調講演
          デルコンピュータ株式会社 代表取締役会長
          吹野 博志 氏

 12:00〜13:00   休  憩
 
【BREAK OUT】 T:テクニカルトラック S:ソリューショントラック

 13:00〜14:10   T1「実際に動作させてわかること-Oracle9i Database
            for Linuxのパフォーマンス-」
          社内でのベンチマークの結果のご報告とテスト中に見つ
          けたTIPS集です。
          Oracleの実力をご覧下さい。
          講師:ミラクル・リナックス

          S1「信用を守ること-Oracleの提唱するセキュリティ-」
          お手元のパソコンにウィルス対策ソフトが必須になって
          しまいました。
          信用されるシステムには当然セキュリティは不可欠の時
          代です。
          Oracleが提唱するセキュリティとは?
          講師:日本オラクル 製品本部
             システム製品マーケティング部
             テクノロジーマーケティングG 北野 晴人

 14:20〜15:30   T2「自由であること-JDeveloperによるJavaアプリケーション開発-」
          Linux+OracleでJavaを使うメリットを、Linux上でも動
          作可能なOracle9i JDeveloperを使ってご案内いたしま
          す。
          講師:日本オラクル 製品本部
             システム製品マネジメント部
             9iアプリケーションサーバー製品グループ
             杉 達也

          S2「ついにここまで来た!最新導入事例」
          多重化され、クリティカルな領域へと広がる適用範囲を
          実際の導入事例で実感してください。
          監修:日本オラクル

 15:45〜17:00   パネルディスカッション「Linuxの現在・過去・未来」
          OracleDB for Linuxが最初に出荷されてからもう3年。
          3年後は一体どうなっているでしょう。
          モデレーター:Sendmail,Inc. (センドメール インク)
                 カントリー ジェネラル マネジャー
                 小島 國照 氏

          S3「いつでもどこでも誰にでも-Oracle9iAS
            Wireless-」
          時間や場所にとらわれずに、情報を取得する。
          そんなソリューションを実現するためには。
          講師:日本オラクル 製品本部
             システム製品マネジメント部
             9iアプリケーションサーバー製品グループ
             濱野

「Oracle 9i for Linux」について
「Oracle 9i for Linux」は、「Oracle9i Database」のLinux OS対応版で2001年10月24日より出荷を開始しています。Linux上のデータベースにおいて、オンラインメンテナンス機能の付加やPGA(Program Global Area)・ロールバックセグメントの管理機能を自動化するなど、「Oracle9i」の基本性能をすべて装備しています。

「MIRACLE LINUX Standard Edition V2.0」について
ミラクル・リナックス社が20001年10月24日に出荷する「MIRACLE LINUXStandard Edition V2.0」は、GUI、Java環境を実装しており、大規模システムに必要な信頼性、拡張性、管理性を強化した次世代エンタープライズLinuxサーバーOSです。「Linuxカーネル2.4」を採用しており、日本で初めて正式に「Oracle9i Database For Linux」の動作検証を完了しています。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社  広報部/石川  
            プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press
Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.oracle.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
告知・募集
業種
サービス業



注目ワード
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル