エイベックス・マーケティング株式会社


持田香織(Every Little Thing)×田島貴男(オリジナル・ラヴ)のスペシャルユニット“Caocao”のシングル「個人授業」ついにリリース!!



Caocao

Caocao

綾瀬はるか主演、4月18日公開映画「おっぱいバレー」のために結成したユニット“Caocao”がフィンガー5の名曲「個人授業」を大人のROCKにカバーした。このコラボが実現した経緯は、「おっぱいバレー」の監督てある羽住英一郎監督より映画の為に持田に「個人授業」を歌ってほしいとの依頼があり、もともと田島のファンで、以前から何かいつか田島と一緒にできたらと思っていた持田が話しを持ちかけ、コラボが実現。

初めて顔を合わせた互いの印象は、

持田「田島さんはとにかく圧倒的な存在感ですが、実際お会いしておしゃべりしていると、物凄く面白くて、現場ではお腹を抱えて笑うことも多々ありました!」

田島「持田香織さんとは初めてお会いしたのですが、物腰の柔らかさと下町育ちっぽい意気の良さがある方だなと思いました。」とのこと。

レコーディングのときは田島が甘いものが好きだということで持田が「揚げまんじゅう」の差し入れをするなど、いつもいい雰囲気で楽しいレコーディングだったようだ。
PV撮影では、とある中学校にCaocaoがシークレットLIVEを行うという模様をドキュメンタリータッチで描くというテーマで、2月の中旬に某中学校とその学校に通う生徒達の協力により完成!映画のイメージと「個人授業」という曲のイメージが見事にマッチしたLIVE感あふれるプロモーションビデオだ。このプロモーションビデオは初回限定盤についている。

またこのDVDには映画「おっぱいバレー」のシーンをインサートした映画ヴァージョンと映画予告編も収録していてこれもまた見逃せない。このスペシャルユニット“Caocao”の「個人授業」は大人のヴォーカリスト2人だからこそ成し得たアレンジ&サウンドに仕上がった。このタイミングでしか見られない貴重なユニットCaocaoに注目だ!!


CaocaoオフィシャルHP→ http://www.avexnet.or.jp/caocao/


以下、2人からのコメント。

<持田香織 コメント>
私がデビューした頃ドラマの主題歌であったプライマルという曲なんて素敵な曲だろうとなんて素敵な歌声だろうとなんとも優しい気持ちになった。

今回「おっぱいバレー」という映画の主題歌をやらせていただくことになりとても嬉しいお話でした。
まずなにが可愛いって「おっぱいバレー」というタイトルがなんとも可愛い響きだなと。
そんな中どういった楽曲にしていくのかなと思っているとオリジナルのものではなくフィンガー5の「個人授業」をカバーしてほしいというお話でしたのででは何か違った形でできたらと私が以前から何かいつかご一緒できたら嬉しいなと思っていた田島貴男さんにお願いしてみたところ引き受けてくださりご一緒させていただく運びとなりました…こんな幸せなことはありません実際お逢いした田島さんはとにかく圧倒的な存在感で「うわ!田島さん!」といった印象ですがおしゃべりしていると物凄く面白くて現場ではお腹を抱えて笑うことも多々ありました!
事前にアレンジした音源をいただいていましたがはじめてそれを聴いた時の感動と興奮といったらなかったです。勉強させていただくことはたくさんありました。
田島さんの歌声は目の前にある世界と空想とにどこまでも続くように響き渡るとても夢心地なものです。

わたしの青春時代とは少し異なる時代背景であります「おっぱいバレー」ですがこういった作品を通じてその世界を知ることができることが嬉しいことであり知らない世界を覗いてみると切ないと感じるものや大切にしたいと思うものは変わらずにありその想いは今もあり続けると感じています。
変化をしながら進化をしまただからこその根本にある大切なものをこの映画から感じ取れるような気がしています。

持田香織

<田島貴男 コメント>
今回は乗りに乗って楽しく仕事できましたね!
ほぼ一日でアレンジができあがり、最初の打ち合わせのときにはすでにデモがほとんど出来上がっていました。
持田香織さんとは初めてお会いしたのですが、物腰の柔らかさと下町育ちっぽい意気の良さがある方だなと思いました。
歌のレコーディングのときは自ら何度も何度もトライしようしていて、歌に対する熱意を感じました。
リズムレコーディングのときは美味しい「揚げまんじゅう」の差し入れなど、いつもいい雰囲気を作っていただいて、ミュージシャン、スタッフ皆楽しくレコーディングできました。
まさか1970年代の遠い未来である2009年に、あの「個人授業」を持田さんと自分がデュエットしてレコーディングするとは思ってもみませんでした。

「おっぱいバレー」の時代、フィンガー5というスーパースターがテレビにいつも出ていた頃、ぼくは小学校低学年で、学校帰りに立ち寄る駄菓子屋に飾ってあった晃さんのトンボメガネが、もう欲しくて欲しくてしょうがなかったんです。
今回カバーするにあたり、原曲を聴き直して、晃さんが、当時変声期以前の子供だったにもかかわらず、黒人的な歌唱法を身に付けていたことにあらためて驚かされました。
まだ現役選手だった長嶋茂雄、王貞治、大相撲輪島対先代貴乃花、山口百恵などの話題でクラス全員が盛り上がった時代。「若くてきれいな女の先生」は、それだけで男子学生達にとって「原動力」になり得たかもしれませません。あの頃日本は少年で、我々みんなの胸に、「憧れ」 という気持ちが生き生きと濃いタッチで鮮明にあったように思います。
だからいまぼくたちはこの映画を見て、なにか甘酸っぱいような気分になるのでしょう。
いまこの「おっぱいバレー」の時代を振り返り、「憧れ」、「原動力」、「動機」が、どのように作られていたのか、確かめてみるのも良いかもしれません。

田島貴男

■ 商品概要

映画「おっぱいバレー」主題歌
Caocao / 個人授業
2009.04.08 ON SALE

【初回限定盤】AVCD-31609/B ¥1,575(tax in)
CD.
1. 個人授業
2. 個人授業(Instrumental)
DVD.
1.個人授業 Video Clip(オリジナルVer.)
2.個人授業 Video Clip(映画Ver.)
3.映画「おっぱいバレー」映画予告編

【通常盤】AVCD-31610 ¥840(tax in)
1. 個人授業
2. 個人授業(Instrumental)

Caocao
「個人授業」着うた(R)好評配信中!

CaocaoオフィシャルHP→ http://www.avexnet.or.jp/caocao/

■持田香織プロフィール
1978年3月24日生まれ、東京都出身 A型

1996年8月7日「Feel My Heart」でデビュー。
8thシングル「Time goes by」がミリオンセールスを記録し、その後の2ndアルバム「Time to Destination」は400万枚を超える大ヒット作品となる。
14thシングル「sure」以降ほぼ全ての楽曲の作詞を担当し、綾瀬はるかやMAY、中島美嘉へも詞を提供している。
またDragon AshのベストアルバムThe Best of DragonAsh with ChangesVol.2の中で 「wipe your eyes feat.Kaori Mochida from ELT」や井上陽水との「いつのまにか少女は」 など、他のアーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。
またDREAMS COME TRUEの「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」のミュージックビデオ持田香織オフィシャルサイトへの出演もはたした。
音楽活動以外においても、その独自のファッションセンスは多くの支持を集めている。
2009年1月、ソロ第一弾シングル「雨のワルツ」をリリース。

【コラボ歴】
2004年「いつのまにか少女は」(「持田香織 produced by 井上陽水」名義)
2006年「ふたりの音楽」おおはた雄一アルバム「ふたつの朝」より(ボーカル参加)
2007年「wipe your eyes feat. Kaori Mochida from ELT」Dragon Ashアルバム「The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2 」より(ボーカル参加&PV出演)
2008年「MERRY-LIFE-GOES-ROUND」DREAMS COME TRUEシングル「MERRY-LIFE-GOES-ROUND/TRUE,BABY TRUE.」より(PV出演)
2009年「雨のワルツ」 (「持田香織とSAKEROCK」名義)
2009年「こころ」 (「持田香織とおおはた雄一」名義)

持田香織オフィシャルHP→ http://www.avexnet.or.jp/mochida/


■田島貴男(ORIGINAL LOVE)プロフィール
田島 貴男  たじま たかお/66年4月24日、東京生まれ。

85年に結成した前身バンドが87年にオリジナル・ラヴと改名。
88年、オリジナル・ラヴと並行し、田島貴男がピチカート・ファイヴに加入(90年まで)。
91年にオリジナル・ラヴとして『LOVE! LOVE! & LOVE!』でメジャーデビュー。
代表作として、シングル『接吻』『プライマル』『明日の神話』、アルバム『風の歌を聴け』などがあり、現在までに15枚のアルバムをリリース。
最新作は2006年12月発売『東京 飛行』(ポニーキャニオン)。
2008年7月、最新曲『スターター』がフジテレビ系列の情報番組「サキヨミ」のテーマ曲となる。
ドラマの主題歌やCM音楽の担当、アルバムプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。

【コラボ歴】
1992年「Winter's Tale 〜冬物語〜」 (「高野寛 & 田島貴男」名義)
2001年「めくれたオレンジ」 (東京スカパラダイスオーケストラにゲストボーカル)

田島貴男オフィシャルHP→ http://www.originallove.com/


■映画「おっぱいバレー」概要

このストーリーでまさかの実話!?
話題独占の青春小説を感動の映画化!
「試合に勝ったら先生がおっぱいを見せてくれる!?」

1979年、北九州。赴任したばかりで中学校の弱小バレー部の顧問となった新任国語教師 の美香子は、バレーボールすらまともに触ったことのないやる気のない部員たちと“試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり得ない約束をさせられてしまう。
約束のかいがあって、別人のように熱心に練習に打ち込む生徒たち。
だが試合を間近に控えたある日、この約束が学校に知られてしまい大問題に。新米教師・美香子はこのピンチをどうやって乗り切るのか!? 
水野宗徳の実話を元にした話題の青春小説がついに映画化! 
女子のことで頭がいっぱいの男子中学生に笑い、恋に仕事に悩みながら、新しい自分を発見していく新米教師の一生懸命な姿にホロリとさせられる青春エンターテイメント!

監督 羽住英一郎(『海猿』シリーズ、『逆境ナイン』『銀色のシーズン』)
出演 綾瀬はるか 青木崇高 仲村トオル ほか
主題歌 「個人授業」 Caocao (avextrax)
共同配給 ワーナー・ブラザース映画/東映

4月18日(土)より全国ロードショー
公式サイト http://www.opv.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • Caocao Caocao
  • 個人授業 1 個人授業 1
  • 個人授業 2 個人授業 2



注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽