株式会社 毎日コミュニケーションズ


働きたいママの味方!託児所も保育士もいらない、おんぶと抱っこをしながら仕事ができる新ワークスタイル!!
マイコミ新書『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』5月23日(土)、毎日コミュニケーションズより発売



『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』

『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』

出版と人材の総合サービス企業、株式会社 毎日コミュニケーションズ<以下、マイコミ>(社長:中川信行、本社:東京都千代田区一ツ橋1-1-1)は5月23日(土)より、マイコミ新書『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』を発売します。

 最近では「待機児童」「育休切り」などといった言葉が世間を騒がすほど、女性が仕事と出産・育児を両立する環境は、まだまだ厳しいのが現状です。例えば、本来なら祝福されるべき出産・育児がネックとなり、女性たちは子どもを産むことをためらったり、出産後の職場復帰を諦めざるを得ないことも起こっています。そして、それは企業にとっても、時間とコストをかけて育てた大切な人材を、出産・育児を機に失ってしまうことになり大きな痛手となっているのです。これは少子化の原因の一つでもあり、社会全体が取り組むべき問題にもなっています。

本書では、このような企業と雇用者にとって不幸な職場環境を、お互いにメリットのある形に変えるために、著者が社長を勤める授乳服メーカー「モーハウス」という小さな会社が取り組んでいる「子連れ出勤」の事例とともに、仕事と育児の両立について今までにない切口で紹介しています。

同社で実践している「子連れ出勤」は、託児所や保育士を用意するというのではなく、「赤ちゃんを隔離せず、お母さんと赤ちゃんはセットで仕事する」スタイルです。従来の「ワーク(仕事)」と「ライフ(生活、家族)」を分けそのバランスをうまくとるという「ワークライフバランス」の考え方とは異なり、「ワーク」である仕事場に「ライフ」である育児を持ち込む、つまり「ワーク」と「ライフ」を混ぜる「ワークライフミックス」といえます。実際に「子連れ出勤」を約10年間も続けており、これまで体験した社員は150人にも上ります。「子連れ出勤」のメリットや職場環境と家庭環境がよりよくなる可能性について、体験談や実例をもとに解説しています。厳しい時代においても、新しい考え方、取り組みでママ人材の未来を切り開くための一冊です。



■書 名:『働くママが日本を救う! −「子連れ出勤」という就業スタイル』
■著 者:光畑 由佳
■定 価:819円(税込)
■体 裁:新書判 200ページ
■ISBN :978-4-8399-3193-3
■発売日:5月23日(土)



<著者プロフィール>

光畑 由佳(みつはた ゆか)
倉敷市生まれ。お茶の水女子大学被服学科を卒業後、パルコで美術企画を担当。その後、建築関係の出版社を経て、自身の出産・育児体験を基に「授乳服」の製作を開始。おっぱいライフを快適にする授乳服を通じて、女性が自分らしいライフスタイルを楽しめることを支援する「モーハウス」を設立。また、出産・育児という人生の節目を迎えた女性のライフデザインを支援する活動団体「マザーライフアソシエーション(通称:らくふぁむ)」の立ち上げを進めている。3児の母。



【マイコミブックス】
http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-3193-3/978-4-8399-3193-3.shtml




[本件に関するお問い合わせ・取材等のお申し込み先]
社長室 広報部
TEL.03-6267-4155  FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mycom.co.jp

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』 『働くママが日本を救う!−「子連れ出勤」という就業スタイル』
  • 著者 : 光畑 由佳(みつはた ゆか) 著者 : 光畑 由佳(みつはた ゆか)
  • <モーハウス事務所風景> <モーハウス事務所風景>
  • <モーハウス青山店> <モーハウス青山店>



注目ワード
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
忘年会
ランドセル

株式会社 毎日コミュニケーションズ

所在地
東京都
業種
サービス業
Webサイト
http://www.mycom.co.jp

この企業の最新ニュースリリース

この企業のニュースリリースをもっと見る

株式会社 毎日コミュニケーションズのソーシャルメディアアカウント