株式会社アーデントウィッシュ


『治験ボランティア アークチャンネル』!スタートです。



『薬を試験する』…治験。テレビや新聞でも『治験広告』を良く見かけます。 しかし『治験の実態や中身』については全く理解されていません。
そんな状況に危機感を感じ、治験専業企業のアークメディカルサポート社と シニア向けインターネットテレビを手がけるアーデント・ウィッシュが共同制作した 日本初の『治験啓蒙インターネットテレビ番組』が10月23日(土)より 放送を開始します。

来年創刊七周年を迎えた熟年生活応援マガジン「はいから」。おかげさまで全国の12万名のシニアの皆様にご愛読いただいております。そして昨年の1月より放送を開始した日本初のシニア向けインターネットテレビ『はいからチャンネル』は、毎月10万名のアクティブシニアの皆様にご覧頂いております。この数は毎月増え続けております。そして企業も『バナー広告』からもっと自社の商品やサービスをわかりやすく伝えたいというニーズから『動画配信スタイル』の宣伝・広報活動へと変わってまいりました。それを象徴するように弊社の『はいからチャンネル』でもユニークな新番組が10月23日より放送を開始することになりました。

ユニークな二つの新番組がスタートします
9チャンネル
『治験ボランティア アークチャンネル』
 数多くの病気は医学の進歩や新薬の開発により完治されるようになりました。しかし、その裏では多くの治験ボランティアの皆様の協力がありました。当たり前に服用している薬でも多くのボランティアの治験があり世の中に流通するようになったのです。これからの時代における新しいボランティア『治験』に関する最新情報をお届けする番組です。治験において最先端のサポートをしているアークメディカルサポート社提供の新番組です。
キャスティングは黒田治、神原智己というテレビラジオでお馴染みのフリーアナウンサーとアークメディカルサポート社の岡社長の3名。毎月更新で『治験』を学んでいきます。
番組の中では『治験の解説』や実際に治験ボランティアに参加された方の生の声もインタビューしています。新薬の研究期間を短くし、効果のある薬が一日も早く患者さんの手元に届くためにも『治験』は社会的貢献度が高いものです。

★ 『はいからチャンネル』とは
熟年向けの生活マガジン『はいから』(フリーペーパー)を発行する株式会社アーデント・ウィッシュが昨年の1月よりスタートした日本初の中高年向けインターネットテレビ事業です。この事業は東京FMとの共同運営であり、本年1月に放送開始一周年を迎えました。テレビ同様、CM広告や企業へのチャンネル販売を収益源とし、この一年間で単年度の黒字化に成功しております。雑誌との連動により、数多くの中高年層に視聴されている日本でも珍しいインターネットテレビ放送局です。


★現在放送中の番組内容(8番組を毎週更新で放送中)
リアルタイム放送の「はいから万歳」(0Ch)
「はいから歴史ウォーキング」(1Ch)「志村ゆうの字遊字感」(2ch)「はいからキッチン〜千円の食卓」(3ch)と「はいから歴史探訪」(4ch)「はいから介護教室」(5ch)「トヨタハートフルチャンネル」(6Ch)「はいからヘルス&ビューティー」(8Ch)「YAMAHA大人の音楽レッスン」(10ch)の8番組が放送されております。




中高年向けインターネットテレビ
はいからチャンネル

アドレス
http://www.iiv.ne.jp/haikara/




お問い合わせは
株式会社アーデント・ウィッシュ
電話:03-5411-5016 メール:bigaono@nyc.odn.ne.jp
担当:青野秀俊
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28-4三浦ビル
資本金3750万円  
代表取締役 青野秀俊
設立 1993年10月1日

関連URL:http://www.iiv.ne.jp/haikara/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会