日本オラクル株式会社


参考資料:US Press Release翻訳版
オラクルが現代のデータベース市場をリード



米国カリフォルニア州レッドウッドショアズ発
世界最大の企業向けソフトウェアベンダーのオラクル・コーポレーションは、今週発表されたデータベースの市場シェアに関する情報についてのステイトメントを発表いたしました。このステイトメントは、オラクル・コーポレーションCFOのジェフ・ヘンリーによるものです。

ステイトメント:ガートナー/データクエストは2001年データベース市場シェアに関する最新の見解を発表しました。オラクルは、現代のリレーショナルデータベース市場において39.8%のシェアを獲得。とくに、UNIX分野では強く、63.3%のシェアを獲得しています。しかしながら、現代的とはいえないレガシーシステムまでを含めたデータベース管理システム市場全体をみた場合に、オラクルと様々な競合企業がどのような位置関係にあるか、といったことで、間違った解釈をされてしまいがちです。オラクルは、このような誤解を解くべく、いくつかの局面から反駁をいたします。

 ・公平で適切な比較が行われるためにオラクルは、IBMとマイクロソフトがインダストリーアナリスト組織に監査された数字を渡すことを求めます。
 ・オラクルはレガシーシステムまで含めたデータベース全体の数字のもつ意義を問います。要素は、UNIX、Linux、WindowsNTで構成される現代のデータベースシステム市場に絞られるべきです。
 ・オラクルはオラクルが競合企業に対して市場シェアを奪われているという仮説に抗議します。独立した調査とインストールベースによるオラクルの活動をみると、このような仮説は正しくありません。

現在、我々の業績については精査が行われているタイミングです。悲しいほど皮肉なことに、オラクルを除いて、ベンダーがインダストリーアナリストに提供する売上や成長に関するデータのうち、独立して監査されたものは存在しません。我々の競合企業であるIBMとマイクロソフトがデータベースの業績に関する監査された数字を提供するまでは、その数字から作られるアナリストレポートの信憑性は疑わしいものです。IBMは、ソフトウェアビジネスの売上が130億ドルである、ということのみが監査を経た数字です。同様に、マイクロソフトはDesktop and Enterprise Software & Services businessという項目でのみ監査を経ています。オラクルはIBMとマイクロソフトに、インダストリーアナリストへ監査を経た(DBMSのみの)情報を提供することを求めます。

オラクルは現代のデータベース市場において圧倒的に先行しています。このことは、現代のデータベース市場のみでなく、レガシーシステムまでも含めた世界の市場全体のデータを優先して用いたレポートではまったく説明できることではありません。この指標は、データベースライセンス売上のおよそ63%をレガシーシステムで計上しているIBMのみが利益を享受するものです。UNIXとWindows NTにおける売上はIBMのデータベースライセンス売上全体のわずか37%に過ぎません。オラクルはUNIX、Linux、Windows NTで構成される現代のデータベース市場に意義を見出すべきであると信じています。

オラクルは、外からいわれるような、競合企業のプレッシャーが効を奏しているかどうかということについて、データベース事業をよく観察して評価いたしました。我々が手がけた、もしくは提供された全ての調査報告では、オラクルデータベースのインストールベースは依然として競合を抑えて優勢であることを再確認しました。最近のFactPointが手がけたFortune 100への調査では、他のどの競合よりも、オラクルがFortune 100企業への浸透度が最も高いことを示しています。51%がオラクルをデータベースプロバイダとして選択しているのでUNIX/NTの領域でIBMの選択はわずか3%しかありませんでした。

競合企業はアプリケーション市場におけるSAP、ピープルソフト、シーベルの活動がオラクルのデータベース売上に響いている、と攻撃します。個々のデータによれば、ISVではなく、顧客がアプリケーションをどのデータベースで稼動させるかを選択しています。FactPointによる最近の調査では、オラクルこそFortune 100の有力アプリケーションパッケージユーザーにとって最高のデータベースであるという結果を示しています。SAP (78%), PeopleSoft (72%), Siebel (81%), i2 (73%), and Oracle (100%)。IBMは、オラクルからIBMに移行した100社のリストをよく話題にします。しかし、このリストの提供を要求したファイナンシャルコミュニティーの会員によると、そのようなリストは作られたためしがないということです。一方、オラクルはIBM DB2メインフレームからオラクル、インフォミクスからオラクルへの移行を実際に行っています。Harte-Hanksはインフォミクスユーザへの独自の調査を行いました。インフォミクスからの移行を計画しているユーザーのうち、オラクルを選択しているのは、IBM DB2を選択した人の実に3倍となっています。すでに移行したユーザーのうち、45%はオラクルを選択しています。IBMを選択したのはわずか13%です。オラクルは、競合企業に市場シェアを奪われているという仮説に対して、独立したデータとオラクルや他ベンダーのインストールベースの活動を元に抗議します。

マクロ経済環境やIT投資の落ち込みは、現在のオラクルをはじめとしたその他全ての産業活動の今を築いています。加えて、たとえば、テレコミュニケーションや、ドット・コムのように、オラクルがこれまで伝統的に、あるいは、近年販売実績をあげてきた市場は退行してしまいました。我々は、市場が考慮しなければならない最も重要な尺度は、200,000の顧客にインストールしたオラクルのロイヤルティであることを信じています。オラクルが現代のリレーショナルデータベース市場において圧倒的に先行していることや、インストールベースのオラクルの規模とロイヤルティこそ、マインドシェアと市場シェアの両方をはかる適切な尺度なのです。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報部 玉川
Tel: 03-5213-6144 / Fax: 03-5213-6699
e-mail: Takeo.Tamagawa@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。


原文:

ORACLE LEADS THE MODERN DATABASE MARKET

REDWOOD SHORES, Calif., May. 8, 2002 - (http://www.oracle.com/tellmemore/?1335580) Oracle Corp., (Nasdaq: ORCL), the world's largest enterprise software company, today issued the following statement regarding this week's release of worldwide database market share numbers. This statement is attributable to Jeff Henley, Oracle's Chief Financial Officer.

Statement: Gartner/Dataquest issued their initial findings on 2001 database market share yesterday. Oracle leads the modern relational database market with 39.8 percent share, and Oracle's lead on UNIX is also strong at 63.3 percent share. However, the continued focus on the overall database management system (DBMS) market, which includes databases on legacy systems, instead of the modern relational market will continue to fuel misperceptions about Oracle's position vis-à-vis competitors. Oracle is therefore challenging these misperceptions on several fronts:

Oracle is challenging IBM and Microsoft to provide the industry analyst firms with audited numbers so that a fair and accurate comparison can be made;

· Oracle is challenging that the significance placed on the overall database numbers - which include databases sold on legacy systems - when in fact the significance should be placed on the modern database systems market, comprising UNIX, Linux and Windows NT;

· Oracle is challenging assumptions that Oracle is losing market share to competitors given that a review of independent research and the activities of Oracle's install base does not support this.

In this time when financial reporting is under scrutiny, it is sadly ironic that the revenue and growth data provided to the industry analysts by the vendors themselves is not independently validated, outside of Oracle's. Until our major database competitors, IBM and Microsoft, provide audited database financial numbers, the data that makes up these analyst reports is suspect. IBM reports one single audited line item for its $13 billion software business. Similarly, Microsoft reports one audited line item for its Desktop and Enterprise Software & Services business. Oracle is challenging IBM and Microsoft to provide the industry analyst firms with audited numbers so that a fair and accurate comparison can be made.


Oracle has a strong lead in the modern relational database market. This goes largely unnoticed because of the predominant use and reporting of the overall worldwide database number, which represents not just the modern database market but also databases on legacy systems. Only IBM benefits from the use of the overall number: approximately 63 percent of IBM's database license revenue comes from databases running on legacy systems, leaving only 37 percent of IBM's revenue to databases being sold on UNIX and Windows NT. Oracle believes significance should be placed more so on the modern database systems market, comprising UNIX, Linux and Windows NT.

Oracle has taken a close look at its database business to assess whether or not outside claims of competitive pressures are valid. Every independent survey we have commissioned or been provided reaffirms that Oracle's database install base is continuing to prefer us over competitors. A recent survey of the Fortune 100 by FactPoint found that Oracle has the strongest penetration of databases in the Fortune 100 over any other competitor - 51 percent surveyed cited Oracle as their preferred database provider, citing IBM for UNIX/NT only 3 percent.

Competitors also claim that Oracle's competition with ISVs like SAP, PeopleSoft, and Siebel in the applications market has impacted Oracle database sales. Independent data validates that customers, not the ISV, select the database on which run their packaged applications. In the same recent FactPoint survey, results show that Oracle is the database of choice for leading packaged application vendors within the Fortune 100: SAP (78%), PeopleSoft (72%), Siebel (81%), i2 (73%), and Oracle (100%). IBM also talks about a list of 100 Oracle database migrations, but according to members of the financial community who have requested it, the list has never been produced. Oracle, on the other hand, is seeing migration activity from IBM DB2 mainframes to Oracle and from Informix to Oracle. Harte-Hanks conducted an independent survey of the Informix user base and found that customers planning to migrate from Informix are three times more likely to choose Oracle than IBM DB2. Of those companies that have already migrated, 45 percent have selected Oracle compared to 13 percent DB2.
Oracle challenges the assumptions that we are losing market share to competitors given independent data and the activities of Oracle's and other vendors' install bases.


Macro economic conditions and reduced IT spending have created the environment in which Oracle and the rest of the industry are operating in today. Additionally, markets Oracle has traditionally or recently sold into have retreated -- telecommunications and the dot com markets, for example. We continue to believe that the most important measure the market should consider is Oracle's loyal installed base of 200,000 customers. Oracle's strong lead in the modern relational database market and the size and loyalty of Oracle's installed base is the accurate measure of both our mind share and market share.



Trademarks
Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation

関連URL:http://www.oracle.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
その他
業種
サービス業



注目ワード
バーゲンセール
梅雨
海の日
海水浴