日本オラクル株式会社


日本オラクル、Eビジネス情報コミュニティサイトで会員数2万名を突破



〜新サービスの提供により、利用者層の経営者、経営企画部門、業務部門への拡張を狙う〜

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4−1 代表取締役社長:新宅 正明)は、「Oracle E-Business Suite」の製品、技術情報を無償で提供するサイト「Oracle AppsNet Japan(オラクル・アップスネット・ジャパン)」の会員数が、8月20日のサービス開始から3ヶ月間で2万名を突破したことを発表します。また、さらなる会員数の増大を目指し、利用者層の拡張などを目的とした新たなサービスを開始します。

Eビジネス実現に最適なアプリケーション製品群「Oracle E-Business Suite」の情報サイト「Oracle AppsNet Japan」は、Eビジネス化を検討しているIT部門や同製品のユーザ、エンジニアを対象とした会員制の製品、技術情報サイトとして8月20日よりサービスを開始しました。現在の会員数は、システムエンジニアが38.5%、ソフトウェア開発・プログラミングが20.8%、ソフトウェア設計・デザインが7.4%と、60%以上を占めており、「Oracle E-Business Suite」を利用してシステム構築を行う技術者に多く利用されています。
わずか3ヶ月という短期間での登録会員数2万名突破は、Eビジネス実現に欠かせない「Oracle E-Business Suite」の需要の高さを示しているといえます。

日本オラクルでは、会員により一層有効活用していただくために、また、利用者を経営層、経営企画部門層、業務部門へと拡張するために、新たなサービスとして「AppsNet 経営塾」、「Oracle AppsNet Japan Newsletter」を開始します。「AppsNet 経営塾」は、業務改革およびシステムの導入に数多くの実績をもつIT・経営コンサルタントによる寄稿、提言を連載形式で掲載し、ERPやCRMに代表される業務アプリケーションの導入による業務革新の最新動向や、そのメリットを経営の視点からわかりやすく説明します。「Oracle AppsNet Japan Newsletter:」は、「Oracle AppsNet Japan」の会員に対し、本サイトに関する最新情報やトピックをいち早く提供するメールサービスです。

新サービス概要
◆サービス提供開始日
 「AppsNet 経営塾」:2001年12月3日
 「Oracle AppsNet Japan Newsletter」:2001年12月3日
◆サービス対象者   「Oracle AppsNet Japan」会員の方
◆サービス提供サイト http://www.oracle.co.jp/appsnet/
◆「AppsNet 経営塾」寄稿社
 会計:デロイト トーマツ コンサルティング 株式会社
 CRM :KPMGコンサルティング 株式会社
 B2B :アクセンチュア 株式会社
 人事:PwC コンサルティング株式会社

日本オラクルでは、全世界で9,000社以上、国内でも300社を越える実績を持つ「Oracle E-Business Suite」を核としたEビジネスソリューション事業のさらなる拡大に向けて、積極的な取り組みを進めています。「Oracle AppsNet Japan」のサービスをより一層充実させることにより、技術者、エグゼクティブ層へのEビジネス導入に対する支援を強化し、「Oracle E-Business Suite」の普及に力をいれていきます。


■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社  広報部/石川 
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press/

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.oracle.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会
年賀状