SAPジャパン株式会社


SAPジャパンとスーパーネット・ソリューションズ、与信管理ソリューションの提供で協業



格付情報と与信パッケージを連携

SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:藤井 清孝、以下SAPジャパン)とスーパーネット・ソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役社長:益本 広史、以下SNSC)は、SAPジャパンが、従来に比べ大幅に機能拡張された「SAP与信管理」を新たに提供開始することを機に、SNSCと協業する、と発表しました。

昨今、企業収益の安定、ひいては企業自身の信用力を向上する為、より精緻で効率的な与信管理体制の構築が重要視されており、精度の高い格付情報の入手と、入手した情報の体系的および効率的な管理が求められています。しかし、これまでは、(1)与信管理システムと基幹業務システムが乖離しているために、与信情報を受注/販売業務に十分に活かしきれない、(2)取引先に関する与信情報の精度を維持するのが困難、といった問題が指摘されていました。

こうした問題を解決すべく、SAPジャパンは、最新のERPソリューションである「mySAP ERP 2004」の一構成要素として「SAP与信管理」の提供を開始します。「SAP与信管理」は、入手した格付情報を社内の基幹業務と直結することを可能にするほか、以下の3点を主な特徴とします。

(1)基幹業務システムとの統合
債権管理や販売管理といった他の「mySAP ERP」コンポーネントと統合しているため、「受注時点での与信チェック」や、「債権残高を反映した与信限度額の更新」が可能となります。

(2)システム構築の柔軟性
非SAPシステムの販売データとSAP与信管理を組み合わせる仕組みがあらかじめ用意されているので、システムの種類に関わることなく、与信管理システムを構築することが可能です。

(3)精緻な与信限度額設定
外部格付情報を取り込んで、取引先の格付けを企業独自のルールで定義することが可能です。


一方、SNSCは、三井物産が築き上げたリスクマネジメント・ノウハウを凝縮した「取引先与信管理サービス」を提供しています。同サービスは、インターネット経由で提供されるASPサービスで、主に、以下のようなサービスから成り立っています。

(1)与信判断サービス
与信管理の基本情報となる精度の高い「SNSC信用格付」、「与信判断結果(適正与信金額)」等を提供します。

(2)与信フォローアップ
取引先の信用変動情報を、e-mail等でタイムリーに通知します。

(3)取引先ファイル
上記情報に加え、その他企業情報や財務情報が一括して管理でき、企業の与信管理ファイルを手軽に作成することができます。


顧客企業は、「SAP与信管理」と「SNSC取引先与信管理サービス」を組み合わせることにより、「精度の高い与信情報を維持しつつ、基幹業務システムと連携した」与信管理が可能になります。

主な協業内容は、以下の通りです。

(1)データ連携
SNSCファイルに含まれる「SNSC信用格付データ」や「適正与信金額データ」の、SAP与信管理の取引マスタへの取り込みを可能にします。

(2)顧客に向けたコンサルテーションサービスの共同提供
SAPジャパンは「SAP与信管理」に関わる導入コンサルティングを行い、SNSCは、与信管理に纏わる全般およびシステム構築に関するコンサルティングサービスを行います。

(3)共同セミナーの開催
両社は、「与信管理の意義、手法をはじめとする最新与信関連トピックスの紹介」、ならびに「与信管理におけるSAPソリューションの有効性」といったトピックを含んだセミナーを共同で開催します。


以上


* 本文中に記載されている会社名・製品名は、各社の登録商標または商標です。

スーパーネット・ソリューションズ株式会社について
スーパーネット・ソリューションズ株式会社は、三井物産により2000年に設立された与信・債権管理の総合コンサル企業です。三井物産の審査部門のノウハウが集約された精度の高いSNSC信用格付、管理ファイルをインターネット経由提供する「取引先与信管理サービス」を柱に、与信規定の策定サポート、社内研修等の与信管理コンサルティングの提供、取引信用保険や、ファクタリング等の債権保全ソリューションを提供する総合与信・債権管理コンサルティング企業です。スーパーネット・ソリューションズは、「取引先与信管理サービス」を、金融機関、商社、製造業をはじめとする300社以上の企業・グループで利用され、情報の高い精度、利便性が高く、低コストで運用できるツールで高い評価を得ています。URL http://www.supernet-solutions.co.jp

SAPジャパンについて
SAPジャパンは、企業向けビジネス・ソフトウェアの分野において世界のリーディングカンパニーであるSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは統合基幹業務ソフト (ERP) をはじめ、サプライヤ・リレーションシップ・マネジメント (SRM) やサプライチェーン・マネジメント (SCM) 、カスタマーリレーションズ管理 (CRM) 、企業向けポータル (Enterprise Portal) 、製品ライフサイクル管理 (PLM) などの構築を可能にする様々なソリューションを提供しています。すでに世界では120カ国、24,450以上の企業で1,200万人以上のユーザに利用されており、企業内、および企業間のあらゆるビジネスプロセスの統合・効率化を達成しています。日本国内でもすでに1,100社以上の企業グループで利用され、日本企業の情報化の推進、国際競争力及び企業価値の向上に貢献しています。( http://www.sap.co.jp )

SAP、SAPロゴ、mySAP、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はSAP AGのドイツおよびその他の国における登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせ先

記事中に読者からの問い合わせ先を掲載される際は、下記をお願いいたします。
スーパーネット・ソリューションズ株式会社:
http://www.supernet-solutions.co.jp
info@supernet-solutions.com
電話:03-3213-5926(代表)

SAPジャパン株式会社:
http://www.sap.co.jp
webmaster.tyo@sap.com
電話:03-3273-3333(代表)

関連URL:http://www.sap.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
入社
異動
花見
入学
新社会人
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽