株式会社 毎日コミュニケーションズ


第2期 『マイナビ女子オープン』 女王就位式が行われました
矢内理絵子女王に賞金500万円を授与



【画像:1】 矢内理絵子女王

【画像:1】 矢内理絵子女王

毎日コミュニケーションズが、社団法人日本将棋連盟、一般社団法人日本女子プロ将棋協会(LPSA)との三者で共催する女流タイトル戦「マイナビ女子オープン」の第2期女王に輝いた矢内理絵子女王の就位式が9月16日(水)、毎日コミュニケーションズ 本社(東京都千代田区)にて行われました。

第1期で優勝し、初代女王の座を獲得した矢内理絵子女王は、第2期五番勝負で岩根忍女流二段の挑戦を受けて立ちました。タイトル戦開幕の時期に岩根女流二段の出産が重なり、直前で第1局が対局延期になるなど、マスコミからも注目されるなかで行われた五番勝負は、矢内女王が3勝0敗のストレートで見事防衛を果たしました。

関係者や、一般公募で当選したファンなど、約160名が集まる中、中川信行社長から、マイナビ杯(三代目 徳田八十吉 作)と、女流棋戦では最高となる賞金500万円が授与されました。また、日本将棋連盟の米長邦雄会長、日本女子プロ将棋協会(LPSA)の中井広恵代表理事からそれぞれ就位状が手渡されました。そのほか、矢内女王の師匠である関根茂九段からの挨拶や、矢内女王の出身地、行田市の工藤正司市長から祝辞をいただきました。

矢内女王は「同じ時期に奨励会に在籍し、10代の頃から親しくしていた岩根さんと、タイトル戦という大舞台で対戦できることになり、とても嬉しく、楽しみにしていました。将棋の内容はとても満足できるものではありませんでしたが、粘り強く指し、なんとか勝つことが出来ました。このあきらめない気持ちを忘れずに、第3期の五番勝負を最高の状態で迎えられるよう、これから準備していきたいです。そして、できるだけ長くこの“女王”というタイトルを保持できるように頑張っていきます」と述べ、会場からは盛大な拍手が送られました。

≪矢内理絵子(やうち・りえこ) プロフィール≫
1980年1月10日生まれ。埼玉県行田市出身。関根 茂九段門下。
1993年女流2級、2004年女流四段。
■獲得タイトル 通算6期
マイナビ女子オープン2期(第1期・第2期 2008年・2009年 )
女流名人3期(第32期-第34期 2005年~2007年度)
女流王位1期(第8期 1997年度)
■将棋大賞
 第33回(2005年度) - 最優秀女流棋士賞
第34回(2006年度) - 最優秀女流棋士賞
第35回(2007年度) - 女流棋士賞


マイナビ女子オープン公式サイト( http://mynavi-open.jp


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社 毎日コミュニケーションズ 社長室 広報部 
TEL.03-6267-4155  FAX.03-6267-4050  
e-mail:koho@mycom.co.jp



このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 【画像:1】 矢内理絵子女王 【画像:1】 矢内理絵子女王



注目ワード
新社会人
こどもの日
母の日
ゴールデンウィーク
春行楽

株式会社 毎日コミュニケーションズ

所在地
東京都
業種
サービス業
Webサイト
http://www.mycom.co.jp

この企業の最新ニュースリリース

この企業のニュースリリースをもっと見る

株式会社 毎日コミュニケーションズのソーシャルメディアアカウント