NSW(日本システムウエア株式会社)


NSW、アクセスポイント不要の無線通信ネットワーク上でパケットロス率0%を実現



〜アドホックネットワークの実用化を促進する通信技術を開発〜

付帯画像(1)

付帯画像(1)

 独立系ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、取締役社長:多田修人)は無線アドホックネットワーク(詳細は次ページ参照)上でパケットロス率(送受信時のデータ欠落率)0%の信頼性を確保する技術を開発しました(特許出願中)。
 アドホックネットワークとは、ネットワークケーブルやアクセスポイントなど通常の通信基盤となる環境整備を必要とせず、端末同士が無線で直接接続し構成された自由度の高いネットワーク形態です。ただし従来の通信方式では、電波状況などにより通信速度が著しく低下したり、パケットが欠落するという問題があり、実用化が難しいとされていました。
 そこでNSWでは、データリンク層に独自のプロトコル(通信規約)を用いるなどの工夫により、ルートがある限りパケットを落とすことなく効率よく通信することを可能にしました。また本技術は、既存のアプリケーションは勿論のことTCP/IPなどの標準プロトコルとのインタフェースや無線LANカードなどのハード環境はそのままで、ドライバーソフトの入れ替えだけでアドホックネットワーク環境を提供できます。
 同技術により、イベントや災害時など固定的な通信設備が困難な状況でも端末の移動が自由に行えるシステムの構築や、倉庫や工場など頻繁なレイアウト変更が前提となる環境下のシステム構築など、幅広い分野でのアドホックネットワークの実用化が見込まれます。

 NSWが開発した本技術は、次のような特徴を有しています。
・任意の2端末間での双方向通信を、同時に複数行なう事が可能。
・データが1つの中継端末に集中した場合でも、安定した通信が可能。
・転送が切断された場合でも、パケットを破棄する事なく最適なルートを探索して通信が可能。

NSWは現在、同技術を用いたシステム構築の実証実験を開始し実用化に向けた開発を進めており、今後はICタグシステムなど自社の技術と組み合わせた複合的な高付加価値ソリューションを提供いたします。

以上



「アドホックネットワーク」について
パソコンや携帯端末など通信機器同士がお互いに接続して構成する自律型の無線ネットワーク形態。通常の無線LANで必要とされるアクセスポイントなど固定的なネットワークインフラ設備が不要であり、端末だけでネットワークが構成できる。また無線通信が届く範囲内でのネットワークであることからアドホック(=その場限りの、臨機応変の)ネットワークと呼ばれる。また端末から端末へ多段階にデータをリレー式に転送することから「マルチホップ・ネットワーク」と呼ばれることもある。無線LANとの併用によるビジネス利用や道路交通などの公共分野、防災分野でも注目を集めている。


NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。ソフトウエア開発、デバイス開発、情報処理サービス、システム機器販売の各事業を行なっているITサービス企業。
基幹系システムや流通・店舗向けなど業種対応システムの構築から、大規模システムの運営、データセンターでのアウトソーシングまで「トータルソリューション」を提供。
携帯電話やデジタル家電の中に組込まれるLSIやソフトウエアなどの「組込み系システム」の開発をはじめ、システムLSIの設計から製造化までをワンストップで提供。
詳しくはWebサイト(http://www.nsw.co.jp/)をご覧下さい。


この件に関する問い合わせ先:
NSW (日本システムウエア株式会社)
http://www.nsw.co.jp/
IR広報部:金子、西郷、石井
TEL (03) 3770-4014 (直通)
FAX (03) 3770-4953
E-mail kouhou@gw.nsw.co.jp

関連URL:http://www.nsw.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 付帯画像(1) 付帯画像(1)
  • 付帯画像(2) 付帯画像(2)

カテゴリー
技術・開発
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル