日本オラクル株式会社


[ ご参考資料 ]米国テロ事件による弊社事業への影響について



(1) 生産・出荷体制への影響について
 弊社ソフトウェア製品の開発は米国カリフォルニア州に所在するオラクル本社開発拠点を中心に行われておりますが、日本国内で提供を行う製品は、社内専用線で米国本社より入手後、メディアの生産、出荷管理を全て日本国内にて行っております。このため、製品の提供、出荷スケジュール等に対する影響はございません。

(2) 米国における今後の開発状況について
 弊社のソフトウェア製品は、米国カリフォルニア州に所在する本社を中心に開発しております。今回の米国におけるテロ事件において、本社施設等に直接的な被害等は被っておりません。このため、ソフトウェア製品に関する米国の開発スケジュールに影響はございません。

(3) 今後の事業への影響について
 テロ事件による米国オラクル社施設の被害は発生しておらず、全世界において事業は従来どおり継続されています。特に、CEOであるラリー・エリソンは、経済・社会における弊社製品の重要性を鑑み事業の不変について強い意向を表明しております(添付の「社員に宛てたメッセージ」を御参照下さい)。
日本においても弊社事業に対する影響は予見されておらず、従来にもまして充実した製品及びサービス事業を継続してまいります。

御参考:
オラクル・コーポレーションCEOラリーエリソンが社員に宛てたメッセージ
September 11, 2001

全社員へ、
ニューヨークとワシントンを襲った前例のない無惨なテロリストによる攻撃について、私は「オラクルは閉業するか」との質問を受けました。答えはNOです。私たちは止まることができません、そして止まってはいけないのです。

今回のような悲劇の最中こそオラクルは、さらに有効なサービスを国の主要な基盤を担う全ての施設へ提供しつづけることが大事です。病院、空港、警察機構、情報機関、軍部、行政府機関の全てが仕事を遂行するために我々の情報システムに依存しているのです。

しかしながら、仕事の続行が不可能だと感じる方が家に帰って家族と一緒に過ごすことは自由です。全員が自身に最善の判断をし、最もすべきことは何かを決定しなければなりません。

この痛ましい日に愛する人を失ったすべての家族の方にお悔やみを申し上げます。私たちは国家がこの緊急事態に速やかに、効果的に対応できるように全力を尽くします。

ラリー

<原文>
Everyone,
In the wake of the unprecedented and terrible terrorist attack on
New York and Washington, I have been asked whether Oracle is going to
shut down. The answer is no. We cannot and must not shut down.

In this time of tragedy, it is more important than ever that Oracle
continue to provide critical services to all the institutions that
make up our nation's essential infrastructure. Hospitals, airports,
police agencies, intelligence agencies, the military, and the
executive branch of our federal government all rely on our information
systems to do their jobs.

However, if anyone feels that they are unable to work they are free
to go home to be with their family. These traumatic events have
shaken us all. Everyone must use their own best judgment and decide
what is the right thing for them to do.

Our heart goes out to all the families who lost loved ones on this
infamous day. Our efforts are directed to help our country respond to
this emergency as quickly and effectively as possible.

Larry

■本件に関する報道関係お問い合わせ:日本オラクル株式会社 広報部 玉川

Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
本文中の商品名または社名は、各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.oracle.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
調査・報告
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(調査・報告)


注目ワード
衣替え
父の日
キャンドルナイト
株主総会