日本オラクル株式会社


日本オラクル、Eビジネス技術情報をネットで無償提供



〜Eビジネスアプリケーション製品群「Oracle E-Business Suite」のユーザ及びエンジニアを支援する唯一の日本語サイト「Oracle AppsNet Japan」を8月20日よりサービス開始〜

日本オラクル株式会社(本社:東京都千代田区紀尾井町4−1 代表取締役社長:新宅正明)は、Eビジネス実現に最適なアプリケーション製品群「Oracle E-Business Suite」の製品及び技術情報を無償で提供する日本語サイト「Oracle AppsNet Japan」を開設し、2001年8月20日よりサービス開始することを発表します。

 「Oracle E-Business Suite」の情報サイト「Oracle AppsNet Japan」は、Eビジネス化を検討しているIT部門や同製品のユーザ、エンジニアを対象とした登録制技術情報サイトです。本サイトでは、ユーザ登録により「Oracle E-Business Suite」に関する製品及び技術情報や関連資料のダウンロードを無償で行うことができます。

 英語対応サイトは、すでに2000年3月から「Oracle AppsNet」としてサービスを開始しており、2001年8月1日の時点で10万名の会員数となっています。企業のEビジネス化が加速する中、その実現に欠かせないソリューションの一つとして「Oracle E-Business Suite」の需要は高まりつつあります。「Oracle AppsNet」の開設により、「Oracle E-Business Suite」に関するより詳細な製品情報、技術情報の取得を可能にし、企業のEビジネスユーザ、エンジニアの支援を推進します。

「Oracle AppsNet Japan」では、日本独自のコンテンツとして、「Oracle E-Business Suite」の検証情報を公開する「コンピテンシー・サービス」を計画しています。「コンピテンシー・サービス」は、各パートナーのハードウェア上で動作するOracle E-Business Suiteの販売を技術的な側面から支援することを目的としており、日本オラクル社と各パートナーが共同で運営します。
本サイトはITを担うユーザのニーズに応える様々な新企画、機能を盛り込みながら、2001年末までに会員数1万名の参加を見込んでいます。

 日本オラクルでは、全世界で9,000社以上、国内でも300社を越える実績を持つ「Oracle E-Business Suite」を核としたEビジネスソリューション事業のさらなる拡大に向けて、積極的な取り組みを進めています。「Oracle AppsNet Japan」を最大限に活用し、「Oracle E-Business Suite」の販売およびサポート体制の強化を図ります。

「Oracle AppsNet Japan」概要
◆ URL http://www.oracle.co.jp/appsnet/
◆ 登録料 無料
◆ コンテンツ
  ■製品     「Oracle E-Business Suite」の製品カテゴリごとに製
          品資料および技術資料を分類して提供。「Oracle
          E-Business Suite」が提供するソリューションから、各
          モジュールの詳細な機能まで、製品に関する豊富な資料
          がこちらからダウンロードできます。

  ■テクノロジ  「Oracle E-Business Suite」の土台となる共通のテク
          ノロジに関する資料を提供。ユーザ企業の情報システム
          部門やパートナー企業のエンジニアの方にお奨めです。

  ■ドキュメント 「Oracle E-Business Suite」のドキュメントに関する
          オンラインヘルプです。
          特に、「Oracle E-Business Suite 11i」に関する情報
          が満載されており、トピックごとにマニュアルのキーワ
          ード検索も可能です。

  ■パートナー  「コンピテンシー・サービス」を始め、「Oracle
          E-Business Suite」のパートナーから提供されるソリュ
          ーションページです。

■本件に関する報道関係お問い合わせ先:
日本オラクル株式会社  広報部/石川  
           
Oracleは、Oracle Corporationの登録商標です。
本文中の商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連URL:http://www.oracle.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
サービス業



注目ワード
運動会
ハロウィン
ピンクリボン
文化祭
中間決算
紅葉
ランドセル