イーシステム株式会社


究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」の導入社数が250社を突破



~ 充実した機能と低料金を武器に不況下にも堅調な伸び ~

イーシステム株式会社(証券コード:4322、本社:東京都港区、代表取締役社長:大森 良哉、以下 イーシステム)は、イーシステムが開発・提供する名刺管理サービス「アルテマブルー」の導入企業数が2009年11月末で250社を超えたことを発表します。

「アルテマブルー」は、名刺を専用スキャナでスキャンするだけで正確に名刺情報をデジタル化し、PCや携帯電話/iPhoneから自分の名刺を検索したり、社内で共有することができるSaaS型サービスです。「名刺情報を経営や営業に活用する」というコンセプトとシステムの利便性の高さが市場から高い評価を受けています。

■サービスリリースから1年半弱で導入企業数が250社を突破
「アルテマブルー」は、2008年6月のサービスリリースから1年半で250社超の企業にご導入いただきました。これは、法人向けのSaaS型サービスとしては異例のスピードといえます。
導入先企業は業種業態・規模を問わず、上場企業から中小企業、ベンチャー、SOHO、会計士や税理士事務所に至るまで、幅広い範囲にわたっています。導入先の企業では、これまでに抱えていた「名刺」に関する様々な課題を解決するだけでなく、アルテマブルーの豊富な機能や連携サービスをベースに名刺データを効率的に管理し、マーケティングや営業活動に活用していただいています。
アルテマブルーを導入したお客様からは、主に以下のようなポイントが評価されています。

◆営業生産性の向上
 -名刺をスキャンするだけでほぼ100%の精度で名刺情報をデジタル化
 -ワンクリック等の簡単な操作で顧客情報を収集または顧客とコミュニケーションをとれる
 -「携帯電話/iPhoneが名刺入れ」となり、外出先から顧客情報や過去のコンタクト履歴を確認

◆人脈の共有
 -名刺の共有によって自社と相手会社の間の人脈を見える化
 -見える化した人脈情報を経営や営業に活用
 -商談ルートの最適化や重複営業のチェックに活用

◆情報セキュリティ対策
 -現物名刺の持ち歩きが不要に
 -端末に顧客データが保管されないため顧客データの社外流出を防止
 -退職者の顧客情報持ち出し対策や担当者間の引継業務の効率化にも効果

◆SFAとの連携によって「リード管理」から「商談管理」のプロセスを一体化
 -アルテマブルーは「リード(見込客)管理」、SFAは「商談管理」を担当
 -アルテマブルーでデジタル化した顧客データをSFAに連携
 -営業生産性向上という現場ニーズとSFAの顧客マスタの最新化という経営ニーズを両立

■各分野のリーディングカンパニーのWEBサービスとのマッシュアップ
アルテマブルーは、既存顧客の満足度向上と新規顧客開拓のため、3ヶ月に1回程度の頻度でのバージョンアップを行っていますが、自社開発だけでなく、各分野のリーディングカンパニーの優れたWEBサービスとのマッシュアップも積極的に展開しています。
提携先企業の一例としては、ナビゲーションサービスの株式会社ナビタイムジャパン、人事異動ニュース配信の株式会社日本経済新聞デジタルメディア、お花のECサイトの株式会社アベニューグループ、一斉メール配信のエイケア・システムズ株式会社、年賀状印刷の株式会社クレオ、オンデマンドプリンティングのポスタルスクウェア株式会社、BtoBデータベースマーケティングのシンフォニーマーケティング株式会社が挙げられます。これらの企業のWEBサービスとのマッシュアップにより、アルテマブルーの活用シーンは大きく広がっています。
尚、モバイル端末としては、3キャリアの携帯電話とiPhoneに対応しています。

■究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」について
「アルテマブルー」は、日本のビジネスに欠かすことのできない名刺を、迅速かつ正確にデジタル化し、名刺データを経営に活用するための様々な機能を実装したSaaS型サービスです。
「アルテマブルー」を導入することにより、個人の管理に委ねられ企業内に分散している名刺情報がデジタル化・一元管理され、営業担当者をはじめとする社員間で共有できるようになり、今まで個人のノウハウと考えられていた社員個々の人脈を企業の資産として経営に活用することが可能になります。
また、PCや携帯からネットワーク経由でデータセンター上の名刺データにアクセスする方式であるため、情報漏えいリスク対策面からの安全性が高いとともに、利用する場所と時間の制約を受けにくい利便性の高い仕組みです。
「アルテマブルー」のその他詳細に関しましては、アルテマブルーサービスサイトをご参照下さい。
アルテマブルーサービスサイト : http://ultimablue.jp/

<イーシステムについて>
http://www.e-system.co.jp/
イーシステムは、CRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)に関するコンサルティング・システム導入・運用までをワンストップで支援するCRMのトータルソリューションプロバイダーです。
わが国におけるCRMの先駆者として、バイエル薬品、住友信託銀行、東京急行電鉄、300を超えるプロジェクトで培ったノウハウと最新のテクノロジーを駆使して、企業の顧客中心型組織への変革を強力に支援します。
1994年設立、2001年ナスダックジャパン(現ヘラクレス)上場[証券コード:4322]、2006年よりキヤノングループ。

■報道関係からのお問い合わせ先は以下の担当へお願いいたします
イーシステム株式会社 担当 池上
電話:03-6811-0013 E-mail:marketing@e-system.co.jp

関連URL:http://www.e-system.co.jp/news/detail.php?id=58

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災