ドットコモディティ株式会社


「“投資”が国民的な娯楽として認知される日は…」【ドットコモディティ】



「“投資”が国民的な娯楽として認知される日は…」

「“投資”が国民的な娯楽として認知される日は…」

ドットコモディティ株式会社(本社:東京渋谷区・代表取締役社長 舟田仁)では、お客様向けに毎日レポートを執筆している専門家による情報を掲載してまいります。
本日も毎朝、相場観を交えたコラムを執筆いただいております小針秀夫氏のレポート内容をご紹介します。

(12/21更新)
◇おはようございます。今日は特に寒いですね。
◇それだけ世界的にコモディティ市場の認知度が高くなってきたためか、あるいは投資という分野におけるコモディティの重要性が強くなっているためなのか、一昔前まではなかった、大手調査機関などによる「相場見通し」なるものが公然と、インターネットを通じて直ちに知ることができる時代である。
◇パソコンの普及とネット・ビジネスの拡張、あるいは前述のとおり、投資の時代を迎えてコモディティへの関心の高さなど、複合的な理由によるものであろうが、いくらインターネットが普及しても、コモディティ市場がつまらなければ投資家の参入もないわけで、その意味では、最近の金相場の大幅上昇などの話題が、世界的規模で関心を高めているのだろう。
◇金相場に関しては、WTI原油が100ドルを超えた頃から、1000ドル予想が当たり前となっていたわけで、その意味では、最近の金1000ドル突破は、「遅れて来た大相場」だといえる。そして、インフレ指標の金相場が顕著に上がれば、コスト・プッシュ・インフレが連想され、金や原油以外の銘柄も買われやすくなる…という構図である。
◇ただし日本では、折からの金融危機で「株式・為替FX、商品などの投資はしばらく敬遠したい」という風潮が底流している。更に、商品投資においては、法規制が厳しくなりすぎて、良くない方向にむかっているのが現実である。
◇でも、コモディティなどの投資・投機的な行為も、宝くじのような方式であれば、誰もが楽しく、気楽にできるチャンスがあろうかと思う今日この頃だ。ちなみに、宝くじは、最近の不景気で売れ行きが落ちているらしいが、それでも、このご時勢でも800億円もの売り上げだという。驚異的である。
◇余談だが、宝くじで税金等でもっていかれる比率は62%。一昔前までは確か52%かその前後だったと思うが、それから一気に10%もアップしている。ということは、200円の年末ジャンボ1枚で、黙って124円が天引きされているということだ。逆に、200円も払ったのに、実際は76円分しか残らないという計算だ。今回、僕が買った10枚=2000円分というのは、その実、760円分で戦わなければならないということでもある。最初から負け戦なのである。一つだけ、この投資還元比率に関する事実、あるいは、天引きされる62%分が何に使われているなど、テレビCMなどで、はっきりと流すべきだ。でなければ僕は納得がいかないのである。いずれにしても、投資という分野が、宝くじやパチンコなどといった国民的な娯楽にまで格上げされる日を期待しつつ…また明日。

1)本レポートは、ドットコモディティ株式会社が信頼出来ると判断した情報源から入手した情報に基づいて作成しておりますが、レポートに記載されている情報が正確であるとの保証は致しかねます。情報に関し不完全な場合もございます。本レポートに記載する価格、数値等は、過去の実績値、概算値、もしくは将来の予測値であり、実際の数値とは異なる場合があります。本レポートは将来の結果をお約束するものではございません。また本レポートに記載されている情報をいかなる目的で仕様される場合におきましても、お客様の判断と責任において使用されるものであり、本レポートにある情報の使用による結果についてドットコモディティ株式会社が責任を負うものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。
2)本レポートに記載されている内容の著作権は、原則ドットコモディティ株式会社に帰属いたします。本レポートにおいて提供されている情報に関してドットコモディティ株式会社の承諾を得ずに当該情報の複製、販売、配布、公表、修正、頒布または営利目的での利用を行う権利を有しません。

■ドットコモディティについて
ドットコモディティ株式会社
所在地 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル6F
■事業内容
商品先物取引受託業務
■関連URL
http://www.commodity.co.jp/


関連URL:http://www.commodity.co.jp/

このリリースについてのお問い合わせ

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 「“投資”が国民的な娯楽として認知される日は…」 「“投資”が国民的な娯楽として認知される日は…」



注目ワード
ランドセル
旧正月
決算発表
バレンタインデー
スキー