森ビル株式会社


ケロッグ経営大学院 モーニング・セッション
『メディア・マーケティング進化論』~消費の「生態系の変化」にあなたはついていけるか~
3月19日 六本木ヒルズでセミナーを開催



世界最高峰のビジネススクール、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院日本同窓会とアカデミーヒルズが送る知の交流。

同校教授を始め日本や世界で活躍する卒業生や関係者を招き、講演やディスカッションを通じてケロッグならではのカジュアルな雰囲気のなかで、マネジメントの最先端やリーダーシップの真髄に触れる朝食会のシリーズです。

森ビル株式会社が運営するアカデミーヒルズでは、大好評のシリーズ第10弾として、、ケロッグの卒業生であり、20年以上にわたり金融・サービス・自動車などの業界のマーケティング領域のコンサルティングに従事してきた岸本義之氏をお招きして、消費者の行動変化から広告とメディアの将来を読み解きます。
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000b89cz.html

■セミナー内容■
広告をめぐって起きている大きな変化。
その要因の一つは、近年の世界危機不況を受けて広告費削減の動きが加速していること。そしてもう一つは、旧来型の広告メディアから新たな広告メディアへのシフトが起きているということです。
前者の要因だけならば、時期が来ればまた広告が戻ってくるかもしれませんが、後者の要因が同時に起きている以上、昔の姿に戻ることはありません。

このような変化を岸本氏は「生態系の変化」と呼ぶべきだと言います。
消費者のメディア接触行動・商品購買行動は、かつてとは全く違った姿になっており、生息地帯が変化してしまったようなものだからです。そうなると、消費者を追いかけるべき企業のマーケター・広告主もまた新たな生態系に生息地帯を替え、行動様式を変えなくてはならなくなります。その結果、メディア企業やマーケティング・エージェンシーもまた、生き残りのために変化を強いられているのです。

今回のモーニングセッションでは、ケロッグの卒業生であり、コンサルタントとして長年マーケティング戦略に携わってきた岸本氏が、広告主・マーケターの立場から広告業界に起きている変化を解説し、その将来を展望します。

広告主・メディアは何を考え、どう動くべきなのか。
広告に関わるすべての人に必携の教科書といわれる岸本氏の近著、『メディア・マーケティング進化論』をもとに、新たなマーケティングにおいて求められる能力について解説します。

詳細はこちら
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000b89cz.html

■セミナー詳細■
ケロッグ経営大学院 モーニング・セッション
『メディア・マーケティング進化論』
~消費の「生態系の変化」にあなたはついていけるか~
・日時:2010年3月19日 (金) 8:00~9:30
・講師:岸本義之 (ブーズ・アンド・カンパニー株式会社 ディレクター・オブ・ストラテジー)
・場所:六本木ヒルズ森タワー49・40階 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1)
詳細&お申し込みはこちら
http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000b89cz.html

■森ビル株式会社 アカデミーヒルズについてhttp://www.academyhills.com/
森ビル株式会社は「世界的文化都心の創造」をヴィジョンに掲げ、街づくりに「都市を創る(ハード面)」と「都市を育む(ソフト面)」の両面から取り組んでいます。アカデミーヒルズは「都市を育む」取り組みの一つとして、同社が運営するものです。

アカデミーヒルズでは理事長 竹中平蔵(慶應義塾大学教授)のもと、「自律的に自立する個人の支援」をミッションに、日本元気塾やセミナーを運営するスクール事業、会員制図書館を運営するライブラリー事業、貸しホール・貸会議室を運営するフォーラム事業の3つの機能を軸に、都市生活者に対して「知的活動の場」と「教育の機会」を提供しています。

<本件に関するお問合せ先>
森ビル株式会社 アカデミーヒルズ事業部 スクール事務局
03-6406-6200

関連URL:http://www.academyhills.com/school/detail/tqe2it00000b89cz.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
センター試験
ランドセル
決算発表
バレンタインデー
スキー