日本電気株式会社


NEC、トリプルメディアの時代において、ソーシャルメディアへの取り組みを推進するため、「公式アカウント一覧」および「「ソーシャルメディアポリシー」を公開



NECは、このたび、ソーシャルメディアへの取り組みを推進するため、NECが展開するTwitterアカウントの「公式アカウント一覧(国内版)」をNECの企業サイト(nec.co.jp)に公開いたしました。
●NEC 公式アカウント一覧(国内版)
http://www.nec.co.jp/site/ja/accountlist.html?cid=n2u

また、NECとしてソーシャルメディアに参加し、コミュニケーションを促進・活性化するための基本的な振る舞いやマナーを明示し、共有するために「ソーシャルメディアポリシー」についても公開いたしました。
●NEC ソーシャルメディアポリシー
http://www.nec.co.jp/site/ja/socialpolicy.html?cid=n2u

上記、取り組みを公開するにあたり、NECの社内向けに「ソーシャルメディアガイドライン」を策定し、NECグループ内にて、具体的な運用ルール等を共有しています。 別途、英語版(海外版)も策定し、グローバル展開していく予定です。

昨今、Webマーケティングにおいて企業における「トリプルメディア」の活用に注目が集まっています。NECとしても企業サイト「オウンドメディア」の来訪者とのコミュニケーションに加え、Twitterなどの「アーンドメディア」も積極的に活用し、ユーザとの新しいコミュニケーションのかたちを作り上げていきたいと考えています。

<本件に関するお客様からの問合せ先>
NEC CRM本部 宣伝部 Webコミュニケーショングループ TEL:03-3798-8779

<トリプルメディア>
・ペイドメディア(Paid Media)
“買う”メディアのこと。企業が広告費を払って広告を掲載する従来型のメディアを指す。
・オウンドメディア(Owned Media)
“所有”するメディアのこと。自社コーポレイトサイトやブランドサイトなど、企業が直接所有するメディアを指す。
・アーンドメディア(Earned Media)
“得る”メディアのこと。信用や評判を得るメディア、SNSやブログ、twitter等といったソーシャルサイト等を指す。
※出典 Web広告研究会: 2010年Web広告研究会宣言「トリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考える時代」より抜粋 http://www.wab.ne.jp/topics/2010web.html

関連URL:http://www.nec.co.jp/site/ja/socialpolicy.html?cid=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
株主総会
ボーナス
梅雨