ハイペリオン株式会社


ハイペリオン株式会社、小泉明正が新代表取締役社長として着任



さらなるビジネス・パフォーマンス・マネージメント・ビジネスの拡大を計画

ハイペリオン株式会社 代表取締役社長 小泉明正

ハイペリオン株式会社 代表取締役社長 小泉明正

2005年5月17日【東京発】− 戦略的な経営管理を実現するビジネス・パフォーマンス・マネージメントのトッププロバイダーのハイペリオン(Nasdaq:HYSL)は、本日、小泉明正が新たに代表取締役社長に着任したことを発表しました。

 ハイペリオン株式会社は1996年に設立以来、連結経営管理から予算編成やビジネス・インテリジェンス(BI)など豊富な経営管理ソリューションで総合的に日本企業を支援し、また、ビジネス・パフォーマンス・マネージメント(BPM)市場のリーダーとして順調に成長を続けてきました。そしてこのたび、新たに社長に就任した小泉明正の新体制のもとでパートナー戦略をより強化し、日本市場を一層拡大する計画です。

 小泉明正は三菱化成株式会社(現、三菱化学株式会社)、アップルコンピュータ株式会社を経て、フィッシャー・ローズマウントジャパン(現、日本エマソン株式会社)、バーンジャパン株式会社、ウェッブメソッド株式会社などの企業の代表取締役社長を歴任。その豊富な経験とともにハイペリオン株式会社で新たに代表取締役社長として就任をしました。

 新社長に就任した小泉明正は「BPM/BIはエンタープライズ向けのソフトウェア市場の中でも最も伸びている分野の一つで、日本でも高い成長率が見込まれています。既存のレガシー・システム、ERP、CRMと容易に統合できるハイペリオン社のBPM/BI製品は企業環境変化に俊敏に対応でき、可視性が大幅に向上する経営管理システム構築を可能にします。日本でも金融庁が統治監査基準を強化する方向のなかで、今後は内部統制が厳しく求められてくることが予想されます。弊社では既に欧米の企業改革法に合わせて早い段階から経営体制の監査に必要なシステム構築に必須な製品群を提供し多くの大規模な稼動実績、事例があります。今後はこれらBPM/BI製品の日本における認知度を向上させるとともに、パートナー様への支援を、技術を中心に大幅に強化していく方針です。」と語っています。

 また、ハイペリオン・ソリューションズ・アジアパシフィック、バイスプレジデントのセバスチャン・マホットは、「アジア太平洋地域の中でも特に日本は引き続き大きな成長の可能性を秘めた市場であると認識しています。今回の小泉の就任と、IT企業のスタートアップに数多く携わった彼のこれまでの豊富な経験の基で、日本のビジネス・パフォーマンス・マネージメント市場をより活性化してくれるものと期待しております。」と述べています。


ハイペリオン・ソリューションズ・コーポレーションついて
ハイペリオン(NASDAQ:HYSL)は、ビジネス・パフォーマンス・マネジメント・ソフトウェアのグローバルリーダーです。戦略をプランに具体化し、実績を把握するとともに、財務状況および業績を向上させるための「洞察力」を企業に提供しております。そして最も充実したアプリケーション群と、市場をリードするビジネス・インテリジェンス・プラットフォームを統合することにより、総合的なビジネス・パフォーマンス・マネージメント・ソリューションでお客様を支援し続けております。600社以上のパートナーのネットワークにより、革新的なソリューションとサービスをお客様に提供しており、その導入企業は10,000社以上(フォーチューン誌トップ100社のうち91社を含む)にのぼっています。

米国カリフォルニア州のサンタクララを本社とし、世界20カ国に約2,500人の従業員を擁しており、2004年のフォーチューン誌で最も働きたい会社ベスト100社に選ばれています。また、販売代理店のみを通して営業展開を行っている国が25カ国あります。ハイペリオンの総売上高は、2004年6月30日を期末とする会計年度において6億2200万ドルに達しています。http://www.hyperion.com/

ハイペリオン株式会社について
ハイペリオン・ソリューションズ社の日本法人です。日本におけるハイペリオン製品のサポート全般を目的に設立され、ハイペリオン製品の販売、マーケティング、コンサルティング、トレーニング、テクニカルサポートを業務としています。所在地、東京都港区虎ノ門2-10-1新日鉱ビル西棟10F。代表取締役社長、小泉 明正。http://www.hyperion.co.jp/

積極的な予測内容について
当プレスリリースには、過去の業績の記述を除き、業績予測や将来リリース見込みの製品、およびビジネス・パフォーマンス・マネージメント・ソフトウェアの潜在的なビジネス機会など、将来に対する積極的予測を含んだ記述が含まれています。これらの記述は現時点での予測に基づいており、結果を保障するものではありません。予測に基づく記述は、実際の結果と予想を異ならせるような様々な要因が含まれています。これらの不確定要因には、ソフトウェア・ライセンスの売上増加の可否、重大な品質問題、パートナーによる売上増加の可否、ブリオ社の業務の統合可否、主要なヨーロッパ諸国の通貨に対する急激な米ドルの高騰、競合製品や価格による影響、市場需要の落込み、そして技術シフトが含まれます。なお、これらの要因は、これだけに限定されるものではありません。当社の将来の業績に影響する可能性のある要因については、2005年2月9日に米国証券取引委員会(SEC)に提出した当社の年次決算報告書(フォーム10-K)をご参照ください。当社は将来の予測を含んだ記述について、いかなる理由でも更新する義務を負わないものとします。

=========================================================================
Copyright: 2005 Hyperion Solutions Corporation. All rights reserved.
Hyperion、ハイペリオンの”H”ロゴはHyperion Solutions Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名、社名は全て各社の商標および登録商標です。
=========================================================================
◆本リリースに関するお問い合わせ先◆ ハイペリオン株式会社 マーケティング Tel: 03-5545-9310 Fax: 03-5545-9301 
E-mail: japaninfo@hyperion.com

関連URL:http://www.hyperion.co.jp/news/2005/pr_20050517.html

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • ハイペリオン株式会社 代表取締役社長 小泉明正 ハイペリオン株式会社 代表取締役社長 小泉明正


このカテゴリーの関連ニュースリリース(人事)


注目ワード
父の日
キャンドルナイト
株主総会
ボーナス
梅雨