スカイネットアジア航空株式会社


スカイネットアジア航空 航空運送事業許可を取得〜8月1日より宮崎―東京路線に1日5往復で就航〜



 スカイネットアジア航空株式会社(本社・宮崎県宮崎市、代表取締役社長・下田祥司)は、平成14年2月1日国土交通大臣に航空運送事業の許可申請をしておりましたが、5月21日国土交通大臣から同許可をいただきました。
 
 スカイネットアジア航空株式会社は、宮崎県の経済の活性化をめざし「宮崎県民の翼」として、平成12年10月の県議会による支援決議や、宮崎の全産業団体で構成される「宮崎ふるさと産業活性化懇談会」をはじめ、県内外の多くの企業や多数の県民の方々の御支援、御参加を得ながら、就航に向け鋭意諸準備を進めてきました。
 当面の運航計画は、ボーイング737−400型機により、8月には宮崎−東京路線に1日5往復、また9月からは6往復とする予定です。

 事業許可取得に伴い、宮崎市内において社長記者会見を執り行いました。内容は以下の通りです。

【社長記者会見内容】
(1) 航空運送事業許可の取得について
宮崎の航空会社「宮崎県民の翼」として、平成12年10月の県議会による支援決議や、宮崎の全産業団体で構成される「宮崎ふるさと産業活性化懇談会」をはじめ、県内外の多くの企業や多数の県民の方々の御支援、御参加を得ながら、就航に向け鋭意諸準備を進めてきておりますが、御案内のとおり、去る2月1日には国土交通省に、航空運送事業の許可申請を行ない、本日、許可をいただきましたので御報告をさせていただきます。御支援、御参加をいただいている皆様には、心より御礼申し上げます。
また、これまでの間、国土交通省航空局の担当の皆様には、最も重要な安全の確保における御指導を賜わり、深く感謝しております。更に、宮崎、羽田の空港ビルや大手航空会社の皆様にもいろいろと御協力いただき感謝申し上げる次第でございます。
今後、混雑飛行場の運航許可、運航規程・整備規程の認可、運航管理施設等の検査に合格した後、8月1日の就航を迎えることとなります。
安全性の確保を第一に適正な運賃の提供とお客様本位の運営をモットーに宮崎が全国に誇れる「宮崎県民の翼」として120万県民にスカイネットアジア航空ができて本当に良かったと心底喜んでいただける航空会社になるよう身を引き締め、全力を尽くして参りますので、今後とも尚一層の御支援御協力を賜わりますよう心からお願い申し上げます。
 (2) その他の就航準備の進捗状況について事業の許可を取得しましたので、既に、空港カウンターの設置をはじめ、営業販売体制の準備等、就航に支障が生じないよう万全の準備を進めてきております。社員も既に285人を採用し321人での運航体制を構築する予定です。勿論、運航・整備・空港関係要員については、安全運航の確保を第一に実務訓練を行っております。

                                                  

■スカイネットアジア航空株式会社について
設立年月日 1997年7月3日
資 本 金 550百万円
代表取締役社長 下田祥司
事業内容 航空運送事業

・宮崎本社 宮崎市大字赤江字飛江田148番地
TEL:0985-55-2200 FAX:0985-55-2211
・SNAセンター(営業本部) 宮崎市橘通東3丁目1番11号アゲインビル1F
TEL:0985-61-7711 FAX:0985-61-7717
・東京支社 東京都港区浜松町1丁目6番2号丸神ビル2F
TEL:03-5777-5750 FAX:03-5777-5751
・東京支社(東京営業部) 東京都港区浜松町1丁目16番3号杉崎ビル3F
TEL:03-5733-5859 FAX:03-5733-5869
スカイネットアジア航空株式会社 URL http://www.skynetasia.co.jp/



関連URL:http://www.skynetasia.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
サービス
業種
物流・運輸



注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会