株式会社日本ブレインウェア


Vine Linuxの総販売代理権を取得



2010年6月1日
Vine Linuxの総販売代理権を取得
株式会社日本ブレインウェア(本社:東京都豊島区 代表 伊東久雄)、有限会社ヴァインカーブ(本社:石川県小松市 代表 鈴木 大輔)及びアイピックス株式会社(本社:東京都港区 代表 二木 均)の3社はアイピックスが持つ Vine Linux の総販売代理権を日本ブレインウェアへ譲渡することで合意した。

6月1日よりサポートなどを皮切りに順次業務活動を開始しており、8月中旬を目途に Vine Linux の最新版 Vine Linux 5 CRをインターネットによるダウンロード販売を開始して、全ての業務を移行する。

2008年2月に日本ブレインウェアからアイピックスに総販売代理権が譲渡されたが、今回それを再度譲受し古巣に戻る形となった。

今後、日本ブレインウェアでは Vine Linux をITシステム開発&ソリューション事業の中核と捉え、パッケージ販売のみならず、ビルドイン商品展開やソリューションの技術素材としても活用していく。

------------------------------------------------------------
■関連URL
株式会社日本ブレインウェア
http://www.n-brain.co.jp/

有限会社ヴァインカーブ
http://vinecaves.com/

関連URL:http://www.n-brain.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災