株式会社日本ブレインウェア


Vine Linuxの最新安定板
「Vine Linux 5 CR」を8月中旬より発売



株式会社日本ブレインウェア(本社:東京都豊島区 代表取締役 伊東久雄)とProject Vine(代表:鈴木大輔)(*1) は、使いやすい日本語環境を提供する商用Linuxディストリビューション「Vine Linux 5CR」を8月中旬より発売します。
販売開始から2カ月間はキャンペーン価格として販売致します。

(*1)Project Vine は Project Vine は法人格を持たない任意団体であるため、有限会社ヴァインカーブがリリースに関わる諸業務の代行を行います。

【Vine Linux 5CRの特徴】
1)軽量・高速
   動時のメモリ消費量を軽減し、前バージョンと比べ約半分の起動時間に軽減

2)対応アーキテクチャ
   Intel 32ビットアーキテクチャ互換PC および PowerPC 搭載 Macintosh に対応し、64ビットアーキテクチャに対応致しました。

3)ルック&フィールの改善
   起動時のコンソールの隠蔽
   bootsplash による起動時および終了時のスプラッシュスクリーン

4)商用日本語フォント
   TrueType フォントとしてリコー社製フォント8書体、ダイナコムウェア社製フォント5書体を採用しました。

5)商用アプリケーション
   アドビシステムズ社製 Adobe Reader 9.3.2 および最新の Adobe Flash Player 10.1 を採用しました。(Intel版のみ)

6)パッケージ管理ツール・機構の拡充
   1)アップデートマネージャの採用
     GNOME 利用時に通知スペースにパッケージ更新情報を表示
   2)おすすめパッケージの簡易インストールツール
   3)自動パッケージ生成
     self-build システムにより配布に制限のあるパッケージなどをインストール時に自動的にビルドしてインストール
   4)動的なカーネルモジュール生成
   5)dkms による自動的なカーネルモジュールの生成

7)サポートサービス
   30日間のインストールメールサポートサービスが付属しています。


【Vine Linux 4.2CR からの変更点】
 Vine Linux 5 には以下のような仕様上の変更点があります。

 1)UTF-8 ロケール
  従来の EUC-JP ロケールで日本語のファイル名を使用していた場合は
   "convmv" コマンドなどで変更する必要があります。

 2)外部 kernel モジュール
  従来はコンパイル済みの kernel モジュールパッケージが配布されていましたが、dkms を用いた自動ビルドに変更されました。
  環境によってはビルドに時間がかかる可能性があります。

 3)X の自動設定
  X においてポインターデバイスは HAL による自動設定がされるようになりました。
  そのまま xorg.conf に記述しても反映されません。

 4)ATA ドライバの変更
  Vine Linux 4.2 で古い ATA ドライバで認識していたデバイス(/dev/hdaなど) の多くは SCSI サブシステムの SATA ドライバでの認識(/dev/sdaなど) に変更になりました。

 5)gnome-system-tools の廃止
  システム管理ツール群は gnome-system-tools から system-config-* に変更になりました。

 6)ネットワーク設定
  標準のネットワーク設定は NetworkManager 管理になりました。
  多くのネットワーク関連の設定ファイルも同様にNetworkManager管理下におかれます。
  GNOME パネルの通知エリアにあるNetworkManagerアプレットからユーザによる設定を行うことができます。 (NetworkManagerを止めて従来の方法を利用することも可能です)

 7)一部コーデックの削除
  従来含まれていた音声/映像コーデックの一部が標準パッケージから削除されました。 これらは self-build システムによる自動ビルドにより追加インストールすることができます。

【販売価格】
  通常販売価格(税込) \8,295-(本体価格\7,900)
  キャンペーン価格(税込) \7,245-(本体価格\6,900)

【販売方法】
  ダウンロード販売のみ

【本件に関するお問い合わせ先】
  株式会社日本ブレインウェア URL:http://www.n-brain.co.jp/
  〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-7-8 ベラカーサ南池袋1807号
  TEL/FAX:03-5944-9581
  担当:内田 pr@n-brain.co.jp

【推奨使用環境】
<<x86 (32bit) バージョン>>
 ・CPU
   Pentium 1GHz 相当以上
   (i686クラス以上推奨)
 ・メモリ
   256MB以上 (512MB以上推奨) 
 ・HDD
   最小構成で700MB以上
   フルインストールで4GB以上

<<x86 (64bit) バージョン>>
 ・CPU
   64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU
   (Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など)
 ・メモリ
   256MB以上 (512MB以上推奨) 
 ・HDD
   1GB以上(4GB以上推奨)


【Vine Linux 5CRのユーザー】
  今までのVine Linuxユーザーと同じく教育機関・研究機関のユーザーをはじめ、Intelアーキテクチャー、PPCアーキテクチャーを問わず全てのPCユーザーを対象としています。

関連URL:http://www.n-brain.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災