株式会社日本ブレインウェア


株式会社日本ブレインウェア
世界初のファンレス・デジタルビデオレコーダーの販売を開始



写真

写真

株式会社日本ブレインウェア(本社:東京豊島区 代表取締役 伊東久雄)は、世界初のファンレス・デジタルビデオレコーダーの販売を、8月より開始します。

【開発の背景】
 監視カメラの映像録画機器であるデジタルビデオレコーダー(以下「DVR」と省略)は、昨今では店舗での普及が促進され、犯罪の証拠としても採用されております。
 普及が進むにしたがって、DVRを利用されているお客様(ユーザー)から多くの要望を聞くことになりました。その中でも要望が多かったものとして「劣悪な環境にも耐えられるDVR」だったのです。

 あるお客様は、店舗の厨房内にDVRを設置しているため、高温、埃、油などがDVRの内部に影響を与え、結果として寿命を短くし、修理負担が大きくなっていました。
 また、他のお客様では、工場内に設置しているため、埃と油により故障が続いているとのご意見も頂きました。

 DVRは非常時(強盗、窃盗、万引きなど)にしか使われないことが多く、業務以外の使わない場所に設置されることが多く、結果として機器は劣悪な環境下に置かれることになります。

 DVR開発で実績のある株式会社日本ブレインウェアでは、このような実態を踏まえ、劣悪な環境下でも稼働可能であり、カメラを最大8台まで接続可能なDVRを発売します。
※4台まで(4chモデル)、16台まで(16chモデル)も受注生産可能です。

今回、「高耐久」を実現する為、設計コンセプトから見直しを行い、ファン・電源・HDD・基板構成レベルからの設計を実施し、高温度(50℃)耐久、埃及び油対策として困難とされるファンレス・密閉を実現しました。

またコンセプトの見直しと開発の結果、全ての端子を前面に集約し、メンテナンス性も向上。ネットワークにも対応しておりますので、低価格での遠隔監視を実現することが出来ました。

 尚、本商品については特許出願済です。


【特徴】
1)ファンレスにより、埃・油等の侵入をシャットアウト。
2)冷却フィンの採用で周囲温度50℃まで対応。
3)高耐久HDD(標準750GB)を2台搭載、ミラーリングに対応。
4)毎秒30フレーム/秒のMPEG-4鮮明動画にて、リアルタイム再生と録画を実現。
5)現在主流のスペックの1ch音声録音に対して、音声の8ch録音を実現。
6)付属リモコン・専用ビューアによるPCからのリモートなど、多様なコントロール手段とパソコンのように扱える簡単な操作性を実装。
7)ネットワーク経由にて音声双方向伝送。
8)スイッチ、コネクタ等の全てを前面パネルに配置することにより、メンテナンス作業効率を向上。
9)拡張性に優れたUSB2.0による簡単バックアップ。

【販売価格】
 オープン価格

【想定ユーザー】
店舗・倉庫・工場・駐車場・建物などで、空調による温度調整が出来ない場所、又は埃・油などの影響を受けやすい場所に、DVRの設置を行う必要のある施設ユーザーを対象にしています。

【目標出荷台数】
  初年度1,000台

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社日本ブレインウェア
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-7-8 ベラカーサ南池袋1807号
TEL:03-5944-9581
担当:菊地
   e-kikuchi@n-brain.co.jp

関連URL:http://www.n-brain.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 写真 写真
  • スペック表 スペック表



注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災