日本オラクル株式会社


オラクル、最新版の「Oracle Service Bus 11g」発表



~「Oracle SOA Suite 11g」の主要コーポーネント強化でSOAおよびクラウド環境におけるパフォーマンスと拡張性を向上~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)は、本日、「Oracle SOA Suite 11g」のパフォーマンスおよび拡張性をさらに向上する「Oracle Service Bus 11g」を発表しました。

「Oracle Service Bus 11g」は、「Oracle Fusion Middleware」製品群の一部であり、「Oracle SOA Suite 11g」の主要コンポーネントです。「Oracle Service Bus 11g」は、アプリケーションのアーキテクチャを、柔軟かつ迅速に変更しサービス指向のアプリケーション環境に対応させるソフトウェアです。これは、サービスやアプリケーションの調整および管理を、標準準拠された技術で行うことによって実現しています。

「Oracle Service Bus 11g」は、「Service Result Cache(サービス・リザルト・キャッシュ)」や「Automated Lifecycle Service Governance(オートメイテッド・ライフサイクル・ガバナンス)」などの新機能とあわせて、企業のデータセンターや仮想プライベートクラウド環境の性能および可用性の向上を実現します。

「Service Result Cache」について:「Oracle Service Bus 11g」では、サービスとして静的なバックエンドデータへ頻繁にアクセスを行う際に発生するレイテンシー(遅延時間)を削減するために、サービスの実行結果をメモリ上にキャッシュしサービス利用者に高速に結果を返す『サービス・リザルト・キャッシュ』機能をクリックひとつで簡単に利用できるようになりました。これは、優れたインメモリ・データグリッドである「Oracle Coherence」と連携することで実現しています。

Automated Lifecycle Service Governanceについて:これまで提供されてきたEnterprise Service Bus製品では、サービスガバナンス*を実現するツールと手動での組み合わせにより管理を行っていました。「Oracle Service Bus 11g」では、サービスのライフサイクル全体、すなわち開発から導入、実行にいたるまで、「Oracle Enterprise Repository」に自動的に同期することでサービスガバナンスを実現します。これによりサービスガバナンスツールとの同期を行うための不要な作業が削減され、エラーの大幅な削減と開発期間の短縮につながります。
*増え続けるサービスがビジネス要件およびアーキテクチャ要件に沿って計画、設計、作成、展開、利用、運用され、SOA が常に測定可能なビジネス価値を提供するように管理すること

クラウドとの統合について:「Oracle Service Bus 11g」は、企業のデータセンターとパブリッククラウド基盤との連携を容易にします。


●オラクルについて
オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウェアとハードウェア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

●商標
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。


■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 野見山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129 / E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press

関連URL:http://www.oracle.com/jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
製品その他製品
業種
ITその他IT


このカテゴリーの関連ニュースリリース(製品)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災