富士フイルム株式会社


3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」新発売



世界でただひとつ、ハイビジョン動画も撮れる3Dデジタルカメラ(*1)
自分だけの3D映像をテレビやパソコンで楽しめる!
カメラ背面には専用メガネ不要で楽しめる115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」搭載

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、高画質で自然な3D映像が撮影できる3Dデジタルカメラの新製品として、3Dハイビジョン動画の撮影を可能にした「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」を、2010年9月4日より発売いたします。

 3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」製品紹介
  パソコンをご利用のお客さま
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/3d/camera/finepix_real3dw3/index.html?link=n2u
  携帯電話をご利用のお客さま
   ⇒ http://m.fujifilm.jp/3d/real3dw3.html?link=n2u
  ※ケータイサイトはパソコンからはご覧いただけません。


撮影した映像は、カメラ背面に搭載した3.5型115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」で、専用メガネを使わずにその場で観賞できます。

結婚式や運動会、旅行やイベントなどご家族やご友人との楽しいひとときを臨場感ある映像で残し、3Dで撮る楽しさ、観る楽しさをご提供いたします。

2010年は3D元年とも呼ばれ、映画の普及をはじめ、ハイビジョンテレビやパソコン、モニター、プロジェクターなど民生用機器の3D対応が進み、3D映像を「観る」環境が急速に整いつつあります。一方で、表示するコンテンツはいまだ少なく、誰でも簡単に3Dコンテンツを作り出せる「撮る」入力機器が求められています。

富士フイルムは、世界初の3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1(ファインピックス リアル 3D W1)」(W1)を開発し、「FUJIFILM FinePix REAL 3D System(ファインピックス リアル 3D システム)」(*2)として2009年8月より販売しています。シャッターを押すだけで誰でも簡単に、高画質で自然な3D映像が撮影でき、背面の液晶モニターで専用メガネを使わずに観賞できる画期的な製品として、大きな反響をいただいております。

今回、第2弾として発売する「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」は、2つのレンズと2つのCCDを搭載し、被写体を異なる角度から同時に撮影した2枚の画像を取り込んで瞬時に3D映像に合成。自然で高画質な3D 画像が撮影できる「W1」の特長はそのままに、信号処理能力を強化した新開発「リアルフォトエンジン3D HD」を搭載することにより、3Dハイビジョン動画のオート撮影が可能になりました。撮影したオリジナルの3D映像は、背面の液晶モニターに表示して専用メガネを使わずにその場で観賞できるほか、HDMIケーブルを使ってカメラを直接3Dハイビジョンテレビに接続し(*3)、迫力の大画面でお楽しみいただけます。3Dパソコンでの再生も可能(*4)で、楽しみ方の選択肢が広がりました。

背面の液晶モニターには、新たに3.5型ワイド115万ドット「プレミアムクリア3D液晶」を搭載。3D表示には、微細な凸レンズを並べて両眼視差を生み立体感を感じさせるレンチキュラーレンズ方式を採用することで、画面のちらつきやクロストーク(2重写り)を抑えています。明るさを従来比約1.5倍、色再現性を従来比約1.8倍に向上させ、撮影時のスルー画や再生画像を、より色鮮やかに美しく表示します。

カメラの発売に合わせ、「FUJIFILM 3Dプリント」についても、2010年2月に開発発表した新しい「FUJIFILM 3Dプリントシステム」を使ったサービスのご提供を開始いたします。当社サイト、または写真店でご注文いただけます。

富士フイルムは、「撮影」から「出力」に至るすべての製品・サービスを手がけるイメージング分野のリーディングカンパニーとして、今後も3D映像をより身近に楽しめる新製品開発を進め、豊かな映像ライフをご提供していきます。

*1 2つのCCDで3Dハイビジョン動画を撮影できる民生用デジタルカメラとして。2010年8月17日現在。当社調べ。
*2 世界で初めて高画質で自然な3D映像を撮影、専用メガネ不要で観賞できる3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W1(ファインピックス リアル 3D W1)」、3Dビューワー「FinePix REAL 3D V1(ファインピックス リアル 3D V1)」、3D画像を写真プリントにする「FUJIFILM 3Dプリント」を総合システムとして提供しています。
*3 「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」はHDMI1.4(3D)対応のため、別途市販のHDMIケーブル(ハイスピード対応)を使って3Dテレビへの接続が可能です。
*4 「FinePix REAL 3D W3(ファインピックス リアル 3D W3)」で撮影した画像データに対応するソフトウェアがインストールされている必要があります。


3Dデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3(以下、W3)」の詳細は富士フイルムのウェブサイトをご覧ください。
 製品発表のニュースリリース
   ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0419.html?link=n2u
 W3製品情報
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/3d/camera/finepix_real3dw3/index.html?link=n2u
 W3の特長
   ⇒ http://fujifilm.jp/personal/3d/camera/finepix_real3dw3/features/?link=n2u


<関連リンク>
3Dデジタル映像システム 製品ラインアップ
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/3d/index.html?link=n2u
FUJIFILM 3D プリント サービス紹介
  ⇒ http://fujifilm.jp/personal/3d/print/3dprint/index.html?link=n2u
「FinePix REAL 3D」3D体験スペシャルサイト
  ⇒ http://finepix.com/3d/jp/index.html?link=n2u
写真総合サイト「Fotonoma(フォトノマ)」
  ⇒ http://fotonoma.jp/index.html?link=n2u
富士フイルムニュースリリース一覧
  ⇒ http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/index.html?link=n2u
富士フイルム株式会社
  ⇒ http://fujifilm.jp/index.html?link=n2u
富士フイルム ケータイサイト
  ⇒ http://m.fujifilm.jp/?link=n2u
  ※ケータイサイトはパソコンからはご覧いただけません。


※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。

関連URL:http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0419.html?link=n2u

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災