株式会社日本ブレインウェア


株式会社日本ブレインウェア
投資育成型経営コンサルティングを開始



株式会社日本ブレインウェア(本社:東京 代表取締役 伊東久雄)は、投資育成事業及び経営コンサルティング事業を8月より開始します。

【投資育成の背景】
現在の日本ではベンチャー企業の多くが常に資金調達と資金繰りに始終し、事業に専念するどころか成長のための業務を行うこともままならない状態に陥っています。
今日本のベンチャー企業に必要なのは本当の意味でのエンジェル投資家であると確信しています。当社は、このエンジェル投資を自ら行うことに致しました。

 当社の「投資育成事業」の対象となる企業様は、以下の通りです。
・特許もしくはこれに順ずる知財を保有している。
・独占的な製造権、商権等を所有している。
・他に真似の出来ない独自の技術、ノウハウ、サービス手法を所有している。
・上記に加えて、経営陣が真面目に事業に取り組み情熱的であること。

【独自の投資育成スキーム】
 支援対象企業様の事業などを勘案して目的別のSPC(特別目的会社)を設立いたします。SPCは有力な弁理士や会計士を委託契約によって確保します。
 そのSPCに対して当社が経営支援と投資家を集います。 また、必要によってはこのSPCでファンド組成も行います。
このようにすることにより、投資家はSPCを100%子会社にもでき財務状況などを全て把握することが可能となります。また支援対象企業様も投資家から直接ではなく、SPCからの出資となりますので、SPCのハンズオンでの強力な経営支援を受けることが出来ます。

【経営コンサルティング事業】

1.IPO支援(KOSDAQ上場)
 当社は同時に、日本の新興市場の現状に見切りをつけて、韓国新興市場であるKOSDAQ上場を支援する唯一の本格的な日本国籍の経営コンサルタント企業を目指します。
KOSDAQ上場のメリットは市場が活性化していること、これによって資金調達が容易で、また上場手数料や上場維持費は日本の場合の半分以下となります。
 更には、上場審査は最速2ヶ月で決定され、何よりもこのスピードが最大の魅力となっています。当社は、韓国ベンチャーキャピタルや証券会社と連携し、韓国内での資金調達に始まりマーケティング、そして上場までを幅広くサポーティングします。

2.マーケティング支援(国内外)
 経営の基本は「利益を上げて企業を継続的に成長させ存続」させること。
自分がマーケティング能力に長けて居ないのであれば、長けている人をブレインとして確保すれば良いだけ。それが、経営者が最も考えなくてはいけない事項であり経営の基本です。当社のマーケティング支援は、国内に留まりません、必要な売り先が海外であれば、それを探し出して提携まで責任を持ってサポートいたします。また、事業インキュベーションからマーケティングまで一連の活動に関して全て統括して支援いたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社日本ブレインウェア
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-7-8 ベラカーサ南池袋1807号
TEL:03-5944-9581
担当:菊地 e-kikuchi@n-brain.co.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。



このカテゴリーの関連ニュースリリース(サービス)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災