ビューロシティ・ジャパン株式会社


ビューロシティが顧客諮問委員会を召集
CEOが100%の顧客満足を約束



アトランタ、2002年6月13日発
サプライチェーン・イベント・マネージメント (SCEM) とアダプティブ・サプライチェーンソリューションのリーディングプロバイダであるビューロシティが、発足初の顧客諮問委員会を、先週コロラドで召集しました。同会の議長をビューロシティの CEOである Jeffrey Simpsonが努め、100%の顧客満足への公約を再確認しました。
「ビューロシティは市場主導の会社です。この理念は当社の戦略と製品開発に欠くことができません。」と Simpson 氏は述べています。この会合には、オーストラリアのような遠方からの参加を含む主要な顧客がビューロシティの製品、サービス、将来の方向性などについて直接経営陣に対して意見する為に参加しました。

ビューロシティの米国内顧客の一社である DSC Logistics社で企業内統合担当の副社長を務めるJon Fieldman 氏は、「今日の複雑なサプライチェーンにおいて、ビューロシティのような主要ベンダーが顧客のプロジェクトを成功に導くことを断言したことは大変意義のあることです。」と今回の委員会が大変実りのあるものだったと述べています。
ビューロシティのCTOである Michael Sherman 氏は、「我々がアダプティブ・サプライチェーンを強化するような次世代のアプリケーションを継続的に生み出すためには、顧客とのパートナーシップは欠くことが出来ません。今回の会合では、ユーザから生の声を聞くことができ、我々の製品開発に大いに役に立つでしょう。」と述べています。

会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。



■本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先
ビューロシティ・ジャパン株式会社
マーケティング スペシャリスト
長谷部葉子
hasebe@viewlocity.co.jp
TEL:045-472-9758
FAX:045-472-9134
http://www.viewlocity.co.jp/

ビューロシティについて
ビューロシティは、グローバルなサプライチェーン・イベント・マネジメントと、アダプティブ・サプライチェーンのソリューションを小売やハイテク、輸送、消費財、自動車、そしてライフサイエンスの産業へ提供しています。この次世代サプライチェーン・ソリューションは、顧客企業の広範なサプライチェーン上で異常なものも含む様々なイベントを監視します。顧客からの受注を契約通りに履行し、在庫を最適化し、さらに出荷状況をリアルタイムでモニターしていくことで、企業のROI等の経営指標改善に貢献します。ビューロシティ は、1999年に設立され米国アトランタに本社を置き、ヨーロッパ、アジア太平洋地域にオフィスをもっています。代表的な顧客は、American Standard、 DHL Worldwide Express、 Exel、そして Dell Computer Corporationを含むGlobal2000 企業です。また、ビューロシティの戦略パートナには Cap Gemini Ernst & Youngや Lante、 PwC 、 KPMG Consulting 、 IBM 、 BEA 、そして Oracle Corp.等があります。

関連URL:http://www.viewlocity.co.jp/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
企業動向
業種
サービス業


このカテゴリーの関連ニュースリリース(企業動向)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
卒業
東日本大震災