日本イージェイケイ株式会社


オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
(選考委員はノーベル賞受賞学者ほか)



大賞2005受賞式

大賞2005受賞式

 従来のテクノロジーを根底から覆す可能性を秘めた先端材料・先端応用技術を様々な分野から募集し、それらを顕彰し紹介することによって、有機・高分子技術の一層のレベル向上を図ることを目的としたオルガテクノ大賞2005の受賞者が下記にて決定しました。

 7月4日(月)〜6日(水)、東京ビッグサイト西3ホールにてオルガテクノ2005 「有機テクノロジー展」「有機テクノロジー国際会議」が開催されました。従来のテクノロジーを根底から覆す可能性を秘めた先端材料・先端応用技術を様々な分野から募集し、それらを顕彰し紹介することによって、有機・高分子技術の一層のレベル向上を図ることを目的としたオルガテクノ大賞2005の受賞者が下記にて決定しました。受賞者には、会期初日、展示会場内特設ステージにてオルガテクノ大賞選考委員委員長 野依 良治博士(2001年ノーベル化学賞受賞 (独)理化学研究所 理事長)をはじめ選考委員より賞状と記念品が授与されました。
受賞者(出展品目と受賞名)、オルガテクノ大賞選考委員そして展示会来場者数は下記の通りです。
(オルガテクノ大賞授賞式の写真を希望される方は、事務局田平までご連絡下さい。電子メールにてお送りさせていただきます。)

■ オルガテクノ大賞 ソニー株式会社 

「マイクロキャビティ型白発光+CF方式12.5インチ有機ELディスプレイ」
受賞コメント・・・『この度の大賞の受賞は、有機ELディスプレイという新しい技術に対する大きな期待と、その中でのソニーの先進的な取り組みを高く評価して頂いたことであり、これを励みに更なる技術開発を進めていきたいと思います。』

受賞理由=マイクロキャビティ構造を適用した有機EL発光ディスプレイの開発。薄さ3ミリで、高輝度、広色域表示、高コントラストを実現し、従来にない高画質と自然光デバイスならではの表示品位を有する、次世代フラットパネルディスプレイとしての大きな可能性が期待される。


■ 審査員特別賞 SRIインターナショナル
「電場応答性高分子人工筋肉」
受賞コメント・・・『今回発表した人工筋肉は、1990年代の始めから研究を開始したもので、一般的な技術と材料を用いて、卓越した人工筋肉技術を目指すことにありました。現実に、このレベルに達したのは、それから約9年後でした。最近ようやく商用レベルに達した本技術をこれから普及させていきたいと思っております。』

受賞理由=電場応答性人工筋肉アクチュエータの開発。生物擬似ロボット、表面構造を瞬時に変化させるデバイス、インクジェット、 マイクロスイッチ、医療人工器官などへの幅広い応用が期待される。


■ ポスターセッション賞 (独)情報通信研究機構 関西先端研究センター 山田俊樹
「非揮発性機能性分子の分子ビーム堆積と分光研究のためのスプレー・ジェット技術」
受賞コメント・・・『ポスターセッション賞をいただきまして大変光栄に思っています。上記の技術は非揮発性分子の溶液を始点として、高真空中において非揮発性分子の分子ビームを生成し、製膜する技術です。今後、様々な分野での応用を考えていきたいと思っています。』

受賞理由=溶液から機能性分子の分子ビームを高真空中において生成し、基板上に薄膜を形成する技術の開発。基板上に堆積させた分子や分子ビーム中での分子の物性評価も可能となり、加熱により壊れてしまう分子や、反応性のある分子などの薄膜形成とその場評価を実現した。


■ 新技術部門賞 株式会社 日本総合研究所
「高機能材料設計プラットフォーム J-OCTA」
受賞コメント・・・『弊社材料開発システム(J-OCTA)を選考して頂きありがとうございます。高分子材料の研究開発が、弊社システムで、より高機能になっていくよう今後も精進したいと思います。』

受賞理由=有機・高分子系の熱・構造・流動などの諸特性の高機能化材料設計を支援するシミュレーションソフトの開発。実験と理論に次ぐ第三の研究開発ツールとして期待される。


■ 材料・素材部門賞  チッソ株式会社/神戸大学
「熱応答性磁性ナノ粒子 商標名:Therma-Max」
受賞コメント・・・『神戸大学発の技術をもとに、数々の諸先生方のご指導頂きながら、私達エンジニアの地道な研究の積み重ねの結果、著名な先生方から高いご評価を頂くことが出来ました。この素晴らしい栄誉を永遠に感謝します』

受賞理由=磁性ナノ粒子の表面に熱応答性高分子をコートした熱応答性磁性ナノ粒子の開発。
ポストゲノムにおける遺伝子解析、蛋白質解析、ならびに免疫診断、環境ホルモン検査などにおける分離機能材料として期待される。


■ デバイス部門賞  凸版印刷株式会社
「ボールSAWデバイス」
受賞コメント・・・『奇妙なデバイスでありながら、多くの方々の利害を超えた励ましとご支援により、今回の
受賞に至ることが出来ました。著名な先生方にご評価頂いたことは大きな励みであり、共同研究者と共に衷心より感謝申し上げます。』

受賞理由=水晶球表面に電極を形成した新しい弾性波高感度検出デバイスの開発。 表面に様々な抗体を固定することでプロテインチップとしての応用も期待される。


■ 製造・設計部門賞   シスメックス株式会社
「フロー式粒子像分析装置「FPIA-3000」」
受賞コメント・・・『「粒度分布」という世界は非常に実態が掴み難い世界ですが、弊社の装置は、その本質に一歩迫れる商品と自負しております。この度はこのようなすばらしい賞を頂き、誠にありがとうございました。』

受賞理由=粉粒体の粒子画像・粉度分布・形状情報をリアルタイムで分析出来る装置の開発。
有機溶媒での測定が可能で、水溶性の医薬品原料などの形状評価と通じて、医薬品の性能向上への応用が期待される。


名 称:オルガテクノ2005 「有機テクノロジー展」「有機テクノロジー国際会議」
Organic Materials Technology Exhibition 2005/International Conference on Organic Materials Technology 2005
会 期:2005年7月4日(月)〜6日(水)10:00〜17:00
会 場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-21-1)

[オルガテクノ大賞]
オルガテクノ大賞選考委員会(14名)
野依 良治博士(2001年ノーベル化学賞受賞 (独)理化学研究所 理事長)
白川 英樹博士(2000年ノーベル化学賞受賞 筑波大学名誉教授)
国武 豊喜(北九州市立大学副学長 国際環境工学部教授)

有機テクノロジー実行委員会委員
委員長松重 和美京都大学副学長 国際イノベーション機構(IIO)機構長)
副委員長原  正彦東京工業大学大学院総合理工学研究科 物質電子化学専攻 教授
(独)理化学研究所 チームリーダー
 谷口 彬雄信州大学繊維学部機能高分子学科 教授/(中)有機エレクトロニクス材料 研究会代表理事
 八瀬 清志(独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 副部門長
 前田 瑞夫(独)理化学研究所中央研究所 バイオ工学研究室主任研究員
 関 隆広名古屋大学大学院工学研究科 物質制御工学専攻教授
 時任 静士日本放送研究会放送技術研究所 主任研究員
 有賀 克彦(独)物質・材料研究機構 物質研究所超分子グループディレクター
 一ノ瀬 泉(独)物質・材料研究機構 物質研究所 高分子性酸化物グループ アソシエートディレクター
 藤川 茂紀(独)理化学研究所トポケミカルデザイン研究チームフロンティア研究員
 益子 信郎(独)情報通信研究機構 関西先端研究センター長


出展状況   78社89小間

来場者数   7月4日(月)747名、7月5日(火)1,327名、7月6日(水)1,374名 
(合 計:3,448名) 

★〜オルガテクノ2006は来年7月開催予定〜★ 【詳細はウェブサイトにてご案内】

【企画運営事務局】
E.J.クラウス&アソシエート社
記事掲載していただいた場合には、お手数ですが下記の事務局(E.J.クラウス&アソシエート日本支社内)まで、ご連絡いただけますと幸です。

○●○オルガテクノ事務局○●○
東京都千代田区九段南2-2-5 九段ビル6F TEL:03-5212-7071/FAX:03-5212-6091
E.J.クラウス&アソシエート日本支社内(担当:田平)
Email: tahira@ejkjapan.co.jp
(公式ウェブサイト:http://www.orga-techno.com

7月4日(月)〜6日(水)、東京ビッグサイト西3ホールにてオルガテクノ2005 「有機テクノロジー展」「有機テクノロジー国際会議」が開催され、オルガテクノ大賞はそのイベントのひとつ。

関連URL:http://www.orga-techno.com

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 大賞2005受賞式 大賞2005受賞式


このカテゴリーの関連ニュースリリース(技術・開発)


注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災