阪神電気鉄道株式会社


六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』”いよいよ開幕!六甲山上を周遊して現代アートを楽しむ展覧会を2010年9月18日(土)から11月23日(火・祝)まで開催



六甲ミーツ・アート_ロゴ

六甲ミーツ・アート_ロゴ

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:坂井信也)の子会社である阪神総合レジャー株式会社(本社:大阪市 社長:岡本交右)が六甲山上で運営する施設を中心に、現代アートの祭典“六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』”を初開催します。

六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』の公式HPはこちら
http://www.rokkomeetsart.com/

“六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』”は招待作家21組に加え、募集作品総数213点の中から厳正な審査のうえ選出した20組の公募作家、総勢41組の作家が屋外を中心に、六甲山上の様々な場所に作品を展示します。
本展覧会は現代アートの作品を通じて六甲山の魅力を再発見していただく事を大きなテーマとしており、作品を見るだけではなく、ピクニック気分でお弁当を食べたり、昼寝をしたり、ガイドマップを片手に思い思いのルートで周遊し、六甲山を一日満喫できるアートイベントです。
開催初日は7月にオープンした六甲山の新ランドマーク「自然体感展望台 六甲枝垂れ(しだれ)」にてオープニングセレモニーも行います。

◆オープニングセレモニーについて
日時: 9月18日(土) 9:50~10:00 (受付開始9:20~) 雨天決行
場所: 六甲ガーデンテラス内「自然体感展望台 六甲枝垂れ」 
※雨天の場合は場所を(室内に)変更する場合があります。

神戸夙川学院大学吹奏楽部による歓迎演奏と出展作家「磯崎道佳」の作品 「マキオ散歩 パラシュートとマキオ」のパフォーマンスで“六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』”開幕します。

★「マキオ散歩 - パラシュートとマキオ」/磯崎道佳(みちよし)
「マキオ散歩 - パラシュートとマキオ」というパフォーマンスは、マキオというキャラクターを気球で空に浮かばせて行進し、随所でパラシュートをまくという作品です。それぞれのパラシュートには一般の人々が綴った手紙が結ばれ、拾った人はメッセージを読むことができます。
見えない相手とのメッセージの交換ができる「体験と発見」がテーマの作品です。

また、六甲ミーツ・アート「芸術散歩2010」開幕の9月18日(土)、9月23日(木・祝)には招待作家による、ワークショップも開催します。

■ワークショップ情報

【遠藤幹子ワークショップ】
ヤギさんワークショップ  SAVE MOTHER from AIDS
『ヤギを作ってアフリカに贈ろう!』 第11回

日時:2010年9月18日(土)/
  1回目 10:30~12:30、2回目 14:00~16:00
開催場所:六甲山カンツリーハウス
参加費:六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』周遊チケットをお持ちのお客様は700円
   六甲山カンツリーハウス一般チケットをお持ちのお客様は900円
対象:どなたでもご参加いただけます
 ※親子でもご参加いただけます。その場合の参加費は一人分。
 ※小学2年生以下の方は大人と一緒にご参加下さい。
定員:20組

<内容>
はじめに、アフリカの暮らしやHIV/エイズの現状についてスライドでお話します。
そのあと新聞でヤギの人形を作り、できあがったら記念写真撮影を行います。

<持ち物>
古新聞2冊、人形を持ち帰る袋など

<参加費について>
参加費から運営費(約200円)をひいた金額は、ジョイセフが行っているアフリカのHIV陽性者を支援する「ヤギさんプロジェクト」に募金いたします。現地への募金の行方と贈られたヤギの情報はジョイセフHP及びヤギさんワークショップのブログ上で報告します。

<申込方法>
参加したい日と回(9月18日の1回目か2回目か)、参加者氏名、年齢、住所、電話番号、FAXまたはメールアドレスをご記入のうえ、下記の申込み先までにメール(またはFAX)でお申込み下さい。

<申込先>
office mikiko ヤギさんワークショップ 係
FAX:03-6276-3427

主催:ヤギさんワークショップ/共催:六甲ミーツ・アート「芸術散歩2010」事務局/協力:財団法人ジョイセフ

★ヤギさんワークショップとは  (http://www.officemikiko.com/yagisan/ より引用)

ヤギさんワークショップとは、建築家・遠藤幹子と office mikiko が行っているアフリカのHIV陽性者を支援するアートプロジェクトです。財団法人ジョイセフ(家族計画国際協力財団)とクラブキング mother dictionary のご協力により、2008年からすこしずつはじまりました。

きっかけはこの年の4月、遠藤がジョイセフのプロジェクトに同行してザンビアの農村を訪問したことでした。太陽と緑の下で笑顔いっぱいに子育てするお母さんたちの暮らしに感動する一方で、エイズに苦しむ多くの人がいる実態を知り、何かできることをしたいと思いました。
彼女たちのキラキラした世界を大切にしたい、そして都会に住む私たちにもいつかあんな笑顔いっぱいの暮らしが戻ればいいのに..そんな思いがつまっています。

プロジェクトの内容は、新聞紙のヤギの人形を作るワークショップを行い、その収益をジョイセフが行っている「ヤギさんプロジェクト」という募金に寄付します。20~30人の参加者が集まると、この募金を通じてアフリカのHIV陽性のお友だちのお家にオス・メスのヤギが1匹ずつ贈られます。それを育てることで、彼らとその家族たちは、生活の糧を得られるというしくみです。

参加してくれたお友だちはかわいいヤギの人形を持ち帰り、そして、アフリカのお友だちには暮らしを支える本物のヤギが贈られる..。遠く離れたお友だちへプレゼントを贈る楽しさと幸せを感じながら、地球みんなが助けあって生きていく、そんな世界を描けたら思います。

【マスダマキコ ワークショップ  つくろう!クモの巣テント】

マスダマキコと、カラフルな紐をつかって、みんなで大きなクモの巣テントを編み上げます。使用する紐はやや太めの布紐で、巨大なリリアンを編むイメージです。完成後にはクモの巣テント内に入って記念撮影も出来ます。

日時:9月23日(木・祝)/13:00~15:00 
開催場所:六甲高山植物園内 ※雨天時は、屋内にて開催
参加料:無料
※ただし「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2010」周遊チケット、もしくは六甲高山植物園への入園券の提示が必要です
対象:どなたでもご参加いただけます (小さなお子さまにはお手伝いが必要です)
定員・予約:不要 (来場順に参加していただきます)

六甲ミーツ・アート『芸術散歩2010』 公式HP
http://www.rokkomeetsart.com/

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


  • 六甲ミーツ・アート_ロゴ 六甲ミーツ・アート_ロゴ
  • 「マキオ散歩- パラシュートとマキオ」/磯崎道佳(みちよし) 「マキオ散歩- パラシュートとマキオ」/磯崎道佳(みちよし)
  • 『ヤギを作ってアフリカに贈ろう!』 『ヤギを作ってアフリカに贈ろう!』
  • 六甲ミーツ・アート 六甲ミーツ・アート



注目ワード
運動会
父の日