株式会社リクルート


リクルート『就職ジャーナル』就職活動生のリアルがわかる「学生×シゴト総研」、「去年の10月、『やるな…』と感じたのはどんな人?」アンケート結果大公開



~「スキルが高い・やり方が上手」が58.2%でトップ~

 株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木斉)が運営する1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』(http://journal.rikunabi.com/)は、就職活動中の学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
 今回は「去年の10月、『やるな…』と感じたのはどんな人?」をテーマに調査を実施いたしました。

▼「去年の10月、『やるな…』と感じたのはどんな人?」記事はこちらから
http://journal.rikunabi.com/student/souken/souken_vol64.html

------------------------------------------------------------
■「行動量が多かった」「行動が早かった」など、行動力も高評価。
 『やるな…』と感じさせた人の具体例も公開!
------------------------------------------------------------

 就職活動を経験した全国の大学4年生、および大学院2年生計665人を対象に、アンケート調査を実施。(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2010年9月4日~5日)
 10月を迎え就職活動がいよいよ本格的にスタートするこの時期、学生たちにとっては周りの学生たちの動きが気になるもの。そこで今回は、就職活動を経験した先輩たちに、去年の今頃『やるな…』と感心した就職活動仲間について尋ねました。

 その結果、先輩たちが『やるな…』と感じたこととして最も多く挙げられた回答は、「スキルが高い・やり方が上手」で、58.2%に上りました。次いで「行動量が多かった」も50.1%と高い水準で続きました。また「行動が早かった」も44.2%と半数に迫る結果となりました。
 また「その他」として挙げられた回答では「人脈・ネットワークが広い」「自分のことをよくわかっている」といった声が寄せられました。

 また、どんな人に『やるな…』と感じたかを具体的に挙げてもらったところ、「OB・OG訪問で話を聞いたOBに、別のOBを紹介してもらっていた人」「インターンシップでお世話になった企業の社員と、その後もメールを通じて就職活動について聞いていた人」「満席の説明会に行って、キャンセル待ちしていた人」「海外の企業にも自分からコンタクトを取り、採用試験を受けようとした人」「説明会の後に、必ず人事や社員の方に質問していた人」「自分の人生すべてを振り返って自己分析を行い、それをExcelの表にまとめていた人」などの回答が寄せられ、これから始まる就職活動にも活かす事のできる、積極的な就職活動のあり方が浮かび上がりました。


▼「去年の10月、『やるな…』と感じたのはどんな人?」記事はこちらから
http://journal.rikunabi.com/student/souken/souken_vol64.html

▼1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』はこちらから
http://journal.rikunabi.com/

▼リクルートについて
http://www.recruit.co.jp/

============================================================
【本件に関するお問い合わせ先】
https://www.recruit.jp/support/inquiry_press.html
============================================================

関連URL:http://journal.rikunabi.com/

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
クリスマスケーキ
忘年会
年賀状