株式会社日比谷花壇


日比谷花壇、新しい年を晴れやかに演出するお年賀ギフト
創業480年の老舗「とらや」の羊羹とフラワーアレンジメントのセット、10月20日(水)から展開開始



株式会社日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島浩彰)は、和菓子の製造・販売を行なう創業480年の老舗「とらや」の羊羹とお正月を華やかに彩るフラワーアレンジメントを一緒に贈ることができる、「とらや 中形羊羹2本入(『夜の梅』・『新緑』)」のセット(¥10,500〔税込・送料別〕)を、新しい年を晴れやかに演出するお年賀ギフト向けとして企画し、10月20日(水)から、当社オンラインビングサイト「hibiyakadan.com」(http://www.hibiyakadan.com/nenga/)、携帯サイト「花hana」、フリーダイヤル0120-554187で注文受付を開始しました。

「とらや」が展開する代表的な和菓子「羊羹」。高品質で上品で深みのあるとらやの味は、小豆を煮る作業から完成まで手間隙を惜しまず、炊き上がった羊羹の煉り具合の見極めなど、熟練した職人の目で確かめながら作られています。今回は、その中から、切り口の小豆の粒が夜の闇にほの白く咲く梅の花を思わせる小倉羊羹『夜の梅』と、ほのかな抹茶の香りが心を和ませる抹茶入羊羹『新緑』を詰め合わせています。

「とらや」の化粧箱に色を合わせて、黒地に金色の箔をあしらった陶製の器に、新年を豪華に彩るシンビジウムや、若松、千両なども合わせてデザインしたアレンジメントは、お正月にふさわしい風格ある華やかな装いに仕上げています。『夜の梅』と『新緑』の羊羹にちなんで白い梅の花が咲き誇る景色を描いた、赤い扇子のピックには、末広がりの願いを込めています。

また、「とらや 中形羊羹2本入(『夜の梅』・『新緑』)」のセットには、「動画メッセージカード」(無料)*や「画像付きメッセージカード」(無料)**などのメッセージカードを同梱することができるサービスを展開しています。遠方で新年のご挨拶に行くことができない方も、お祝いのギフトとともに、心のこもったオリジナルのメッセージを贈ることができます。

家族や友人、お世話になった方々に、1年間の感謝の気持ちと新年を迎える喜びやお祝いの気持ちを込めて、このギフトセットを贈ってみてはいかがでしょうか。

*この商品に利用できる「動画メッセージカード」は、商品届け時に同梱する定型文の入ったメッセージカードに、携帯電話で撮影した30秒以内の動画メッセージを再生するQRコードを入れることができるというものです。届け先で、動画メッセージカードに記載されているQRコードを携帯電話から読み込みアクセスすることで、注文主が登録した動画メッセージを再生できます。

**「画像付きメッセージカード」は、商品注文時に100文字までのメッセージを登録いただくとともに、好きな画像(1MB以内、縦:横=3:4の画像)1点の登録を行なうことで、好きな画像とメッセージを商品に同梱して贈ることができます。


【「とらや 中形羊羹2本入(『夜の梅』・『新緑』)」のセット 展開概要】

商品名:「とらや 中形羊羹2本入(『夜の梅』・『新緑』)」のセット
価格:10,500円(税込・送料別)
花材:生花(シンビジウム、モカラ、スプレーカーネーション、スプレーマム、千両、若松、グリーン)
資材:陶製花器、扇子ピック
セット商品:とらや 化粧箱入 中形羊羹2本入(『夜の梅』・『新緑』)
      箱サイズ :20.2cm×12.5cm×4.6cm、重さ:1.1 kg、賞味期限:製造から1年

◇注文方法 以下のチャネルで注文することができます。
オンラインショッピングサイト「hibiyakadan.com」   http://www.hibiyakadan.com/nenga/
携帯サイト「花hana」  http://www.hana.com
電話(フリーダイヤル)  0120-554187 (受付時間9:30~19:00)

◇注文受付期間  2010年10月20日(水)~2010年12月27日(月)

◇お届け期間  2010年12月27日(月)~2010年12月30日(木)

※配送料 全国一律 PCサイト525円  お電話840円 (税込、商品1点につき)
※お届け時間の指定はできません。
※売り切れの場合もあります。
※商品の色・形態は、多少写真と異なる場合があります。

株式会社日比谷花壇について
1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約180店舗を展開。フラワーディスプレイ、フラワーギフトの企画・制作・販売、装花を伴うイベントのプロデュース等を行い、花と緑溢れるライフスタイルを提案しています。今後もさまざまな日常の生活のシーンの中に、花と緑のある生活文化を創造していきます。

================================================
日比谷花壇 企業サイト:http://www.hibiya.co.jp/
================================================

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
スキー
ひな祭り
ホワイトデー
東日本大震災