株式会社クララオンライン


クララオンラインとレッドハット、顧客サポートの品質向上に関して協業



クララオンラインの全サポートエンジニアがレッドハットの認定資格習得へ

株式会社クララオンライン(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:家本 賢太郎 以下 クララオンライン)とレッドハット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田祐治 以下 レッドハット)は本日、顧客サポート品質の向上を目的としたプログラムを発表します。

本プログラムにより、クララオンラインのサポート業務に携わる全エンジニアが、レッドハットの認定資格(Red Hat Certified Engineer 以下 RHCE、Red Hat Certified Technician 以下RHCT)を取得する一方、レッドハットはクララオンラインをカスタマーサポート推奨ホスティングベンダとし、両社のホームページやパンフレット、販促物などで高品質サポートに関する広報、プロモーション活動を行っていきます。

近年、ビジネスコンピューティングの分野にまでその裾野を広げているホスティングサービスベンダにとって、通常の商用システム以上のサービス品質の提供が求められています。そしてホスティングサービスの質および信頼性向上には、システムそのものの信頼性に加え、ホスティングシステム管理者の高度な技術力が欠かせません。

本年5月に両社はアドバンスドパートナーシップを締結し、クララオンラインのホスティングシステムの標準OSとしてレッドハットのRed Hat Enterprise Linuxの採用を拡大することで、システムそのものの信頼性向上をはかっています。本協業はこのパートナーシップをさらに拡大するもので、顧客に対して直接サポートを提供するエンジニアが全員、レッドハットの認定資格を取得することで、顧客サポートの一層の品質向上を目指します。

レッドハットのエンドユーザサポートは、すべてRHCE取得エンジニアが担当していますが、資格取得を通じて同様のサポート品質向上を目指すのは、クララオンラインが初のホスティングサービスベンダとなります。レッドハットでは、RHCE、RHCTの取得を通じてRed Hat Enterprise Linuxに対するサポート品質の向上を図る企業に対して、同様なプログラムを提供していく予定です。

RHCE・RHCTは、非常に難易度の高い実技試験に合格したエンジニアのみに与えられるレッドハットの認定資格で、真のシステム管理能力や構築能力を示す資格として、世界的にも高い評価を得ています。1999年に米国、及び日本で認定資格試験が開始されましたが、現在全世界で1万5千人、日本国内で2300人以上のRHCE・RHCT取得者が活躍しています。

両社では本協業を通じて、多くのお客様により信頼されるサポートサービス体制の構築を目指します。


■レッドハット株式会社について
レッドハット株式会社は、米国ノース・カロライナ州ラーレーに本社をおく、エンタープライズLinuxの世界的なディストリビューション Red Hat,Inc.の日本法人です。オープンソースを基盤として、組込み系からエンタープライズサーバまで対応する普遍的なプラットフォームとサービスを提供しています。
教育サービスについて:http://www.jp.redhat.com/training/
LINUX はLinus Torvalds の商標です。RED HAT はRed Hat, Inc.の登録商標です。
その他のすべての名称および商標は、各所有者の財産です。

■株式会社クララオンラインについて
株式会社クララオンラインは、東京と名古屋、台湾を拠点としてサービスを提供しているホスティング会社です。サーバをお客様専用に提供する「専用サーバサービス」、サーバを仮想的に分割して複数のお客様に提供する「VPS サービス」を主力とするほか、大容量のバックボーンを持った設備でお客様のサーバをお預かりする「コロケーションサービス」、各国のドメインの取得・管理を行う「ドメイン取得サービス」なども提供しています。
詳細は、http://www.clara.ad.jp/をご覧ください。

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。




注目ワード
ボーナス
お歳暮
エコプロダクツ
クリスマスケーキ
クリスマス
大掃除
師走
バーゲンセール
冬休み
忘年会