特別史跡「鍋島直茂陣跡」発掘調査現場説明会を開催します



 佐賀県立名護屋城博物館(館長:東中川忠美)では、現在、特別史跡「鍋島直茂陣跡」の発掘調査を行っています。

 鍋島直茂は佐賀藩の藩祖で、文禄・慶長の役(1592~1598)の際には、1万2千の兵を率いて参陣、名護屋の地にも堂々たる陣屋を構え、実際に朝鮮半島での戦いにも参加しました。

 鍋島直茂陣跡の調査は、平成18年度から開始し、本年度で最終年度を迎えます。これまでの調査で、総延長100mを超える高さ2mの石垣を始め、中腹部に設けられた3つの曲輪(城を構成する主要な区画)の様子や、複雑に設けられた数多くの虎口(入り口)の様子などが明らかになってきました。

 名護屋城博物館では、多くの県民の皆様に、この壮大な陣屋の様子をご覧いただき、当時の高度な土木・建築技術を体感いただくとともに、文禄・慶長の役の戦いに思いを馳せ、日韓の新しい国際交流推進の契機とすることを目的として、発掘現場の公開・説明会を開催いたします。

 鍋島直茂陣跡の発掘現場の公開は、今回が最後となります。

 寒い季節ですが、ぜひ足を運んでいただき、故郷佐賀の礎を築いた鍋島直茂の足跡の一部を、一緒に辿ってみませんか。たくさんの方のご参加をお待ちしています。


1 期日
 平成23年2月13日(日曜日)

2 受付時間
 10時~11時

3 集合場所
 玄海エネルギーパーク 多目的室(玄海町今村)

4 実施方法
 先着順に受付を行い、25名を1グループ(班)として、専用バスで現地までご案内します。所要時間は2時間程度を予定しています。
 現地には駐車場がありませんので、参加される方は、専用バスを必ずご利用ください。

5 参加費
 300円(資料代・保険料等)
 当日、玄海エネルギーパーク多目的室受付にて徴収します。


※詳しくは(佐賀県HP)
 http://www.pref.saga.lg.jp/web/kisha/_51883/_52100.html


【お問い合わせ】
 佐賀県立名護屋城博物館 学芸課 
 電話:0955-82-4906
 E-mail:nagoyajouhakubutsukan@pref.saga.lg.jp

※この記事は配信日から1年以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。


カテゴリー
告知・募集イベント告知
業種
官公庁・団体自治体
キーワード
鍋島
発掘


このカテゴリーの関連ニュースリリース(告知・募集)


注目ワード
海の日
海水浴
夏休み
花火
夏祭り